詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 福井モデル 未来は地方から始まる

福井モデル 未来は地方から始まる

  • 発売日:2015/04/21
  • 出版社:文藝春秋
  • サイズ:20cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390185-5

  • 国内送料無料

福井モデル 未来は地方から始まる

藤吉 雅春 (著)

紙書籍

1,404 ポイント:13pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

1,000(9pt) 福井モデル 未来は地方から始まる

紙書籍より:404円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

共働き率と出生率で全国平均を上回る北陸三県。地盤沈下しない都市には歴史的な「強い教育力」と平等な「協働システム」がある。大阪、富山、福井を歩き、日本ならではの都市再生モデ...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

共働き率と出生率で全国平均を上回る北陸三県。地盤沈下しない都市には歴史的な「強い教育力」と平等な「協働システム」がある。大阪、富山、福井を歩き、日本ならではの都市再生モデルを考察した気鋭のルポ。【「TRC MARC」の商品解説】

日本ならではの、「地域再生モデル」があった。

共働き率と合計特殊出生率で全国平均を上回る北陸三県。幸福度も世帯収入も高い。
その秘密は何だろうか?
たとえば、メガネの生産で世界に名を馳せた福井県鯖江市。市民は、「日本でもっとも早く中国にやられた町です」と笑う。ところが、「もっとも早くやられた町」は、いつの間にか「最先端のデータシティ」に変貌を遂げていた。
地盤沈下しない都市には、歴史的な「強い教育力」と、平等な「協働システム」がある。
大阪、富山、福井を歩き、日本ならではの都市再生モデルを考察した、気鋭のルポ。


〇町を動かす「市民主役事業」
〇「お得感」の合意形成
〇「市長をやりませんか?」プロジェクト
〇日本一早い「自発教育」
〇「思考のプロセス」が見える教室
〇女性も羽ばたく「一緒にやろう」経済【商品解説】

著者紹介

藤吉 雅春

略歴
〈藤吉雅春〉1968年佐賀県生まれ。『週刊文春』記者を経て、ノンフィクションライターとして独立。『Forbes JAPAN』副編集長兼シニアライター。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.8
3.8
評価内訳 全て(14件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

地域を変える力は変わり者 よそ者 若者

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/31 16:39

評価4 投稿者:チップ - この投稿者のレビュー一覧を見る

福井を代表とする北陸三県が「生活しやすさ」という面でトップクラスにランクインしている
なぜ北陸三県は「生活しやすいのか」
人口減社会となる日本にとって参考になる事例がレポートされている。
「がっちりマンデー」や「カンブリア宮殿」などで見たような事例も多いが大変興味深い本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2015/10/30 16:34

「幸福度ランキング」で毎度上位に来る北陸三県。持ち家普及率や世代収入額もそうだが、共稼ぎ率、出生率も全国平均を上回る。確かに福井県人は県外にあまり出ない。鮭のように必ず生まれた町に帰っていく。
それがイコール住みやすい県、なのかどうか。

全国平均に比して客観的にみた福井は幸福度が高いが、主観的にみた県民意識としての幸福度は実は低い。郷土愛ランキングなどでも下位の方だ。

これは何故なのか。

実は本書ではこの疑問は解決していない。何故福井(北陸)なのか、まとめも駆け足で少し物足りない気がするが、ビジネスモデルとして非常に興味深い事例も多くかなり勉強になった。

数値化しにくい「幸福度」。
住みやすさの問題を、江戸から続く人口計画や先送りにしてきた行政のツケなど様々なデータを基に検証していく第一章がとても面白い。

また第二章では同じ北陸の富山市のモデルケースが挙げられるが、コンパクトシティ構想が素晴らしい。ヨーロッパ(わけても北欧)をモデルにしたクオリティオブライフを高める都市計画により【地方創生】という言葉から未来が現実的に見えてくる。

第三章でようやく福井モデルが登場する。メガネの生産で栄えた鯖江市が、安い外国産の脅威に晒され一時は衰退していくところ、どのような起死回生策があったのか。

ものづくりの技、勤勉な県民性、公立校の教育、女性の生き方、そして狭いエリアで全てを完結させようとする気質?により、自分の住む一地方から世界へ発信する企業が生まれ、日本一世界一のシェアを占める率が高い結果となっている。



ただ福井県といっても、木の芽峠を境に分かれる嶺北と嶺南とは、言葉も文化も気質も全く違う。
教育や人口、経済格差が歴然とある南北問題がある。この本に書かれている内容はあくまでも嶺北のこと、であるように嶺南出身者としては、この福井モデル、全ては所詮嶺北に限定したことではないかとの疑念が生じる。著者は勿論鯖江市をメインターゲットにして事例を挙げているからだが、この南北問題については何一つ触れられていないのでそこが少し消化不良となっている。


勿論前出の富山市にしてもそうだが、全県の行政レベルではなかなか進まないことを、市町村レベルで先鞭をつける、その人材を輩出し手助けする環境が地域にあるかどうか。これが全てなのかもしれない。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/04/10 00:36

北陸三県の住みやすさ、出生率の高さ、共働き世帯の多さ等々の話はよく聞きますが、その背景などを開設した一冊。
もう少し経済モデル的な話かと想像していましたが、いい意味で裏切られた印象。教育や歴史などが全面に出てしまうと、モデルとして参考にできるところは限られる気はしますが、そういう風土や文化などを基盤として、交流を呼び込み、地域の活性化に結び付けるところは参考にしたいところ。

・行政の政策には、常に市民からの不満や不公平感がつきまとう。万人にとって、満足が得られる手法は、「お得感」という成果を具体的に提示して、それに合わせて選択肢のどちらかが妥当かを比較させて実行する手法
・「今の市民の声を聞いて。それを政策に反映させるのは、ポピュリズムだ。三十年後の市民の声を意識しろ」(森・冨山市長)
・エコノミック・ガーデニング
成長しそうな企業を、周囲がみんなで手伝っていく。「地域そのものがインキュベーター(孵化器)」という考え方
・「行政側がどの産業を成長させるかターゲットを絞るのではなく、伸びそうな企業をターゲットにする。そのためには広くアプローチしなければならない」(拓殖大・山本教授)
・東京都地方の圧倒的な差を挙げるなら、所得格差より人材の層の厚さの方が深刻


<目次>
第1章 「過去」未来は過去の中にある
第2章 「現在」世界を唸らせた富山市の挑戦
第3章 「未来」新しい仕事を創り続ける福井モデル
最終章 すべての答えは、学校の授業にあった!

評価2 投稿元:ブクログ

2015/12/28 14:14

地方創生の推奨モデルとして、
福井県における取組みの検証を試みたルポですが…、
正直なところ…、福井県出身、現在、東京都在住で、
今年、両拠点を、ほぼ半々、行き来した者としては、
突っ込みどころ、そうでない感満載の内容でした…。

第一章では、
少子高齢化、産業創造、義務教育の3点について、
問題を提起し、以降の検証へと誘っております…。

第二章では、
富山市におけるコンパクトシティを取り上げていますが、
それって、
「富山モデル」であって「福井モデル」じゃないよね~。
という、作品の根本に係る突っ込みは横に置いておいて、
また、省かれていたコンパクトシティの課題についても、
横に置いておいて、(いろいろと横に置いていますが…)
地方都市のコンパクトシティ化が少子高齢化対策になる、
という、問題提起に対する解答ではなかったですね…。

第三章では、
福井県鯖江市にあるいくつかの企業の成功事例を紹介し、
その要因として、鯖江市の風土にこじつけていますが…、
それって、かなり無理があり過ぎでしょう?、というか、
この程度の事例なら、日本中、どこにでもありますよね。

後半では、鯖江市のIT先進都市構想の紹介に際し、
鯖江市出身のサイバーエージェントの藤田社長の、
「福井の若者は東京に行くべき」という提言に対し、
福井高専出身のJig.jpの福野社長が反論したことを、
まるで、武勇伝のように誉めそやしておりますが…、
やはり、クリエイティブな発想力を刺激するモノは、
福井県にはなく…、起業精神を持つ者ほど、一度は、
東京の刺激と厳しさを実体験するべきだと思います。
というか、
その福野社長ご自身が、東京で起業していますよね。
登場する他の方も、東京や都会経験者ばかりですし。

本章で、個々の企業の事例を、いいとこ取りするよりも、
鯖江市の事例なら「鯖江市役所JK課プロジェクト」や、
越前市の「IJU課」、福井県の「福丼県」など、
ネーミングセンスもよい斬新なプロジェクトもあるので、
その辺りを紹介された方がよかったのではと思いました。

最終章(第四章)では、
福井大学の教職大学院と、義務教育の学校現場について、
紹介していますが、
本作品で参考になるとすれば、本章ぐらいでしょうか…。
ただ…、福井モデルの起因は福井県の学校教育にある、
とする仮説もまた、ちょっと説得力はないかな~と。
実際のところ、学力の高い子供は、都会の大学に進学し、
そのまま、福井県に帰ってこない子供もたくさんいるし。

福井県で教育を受け、高い基礎学力を持った子供たちが、
都会の大学に進学し、都会そして海外の刺激を吸収して、
福井県に戻って起業し、グローバル企業を創出していく。
その中で、結婚し、出産していくサイクルができれば…、
それこそが、福井モデルの完成形になるのかも?ですが、
そこに至るには、まだまだ課題は多いと思います。

というか、
連呼される「幸福度日本一」って、どうなんでしょうか?

本作品でも、「幸福度日本一」のポイントとして、
例えば、「共働き率1位」を何度も誇っていますが、
「共働き=幸せ」だと思う人なんていないでしょう…?

例えば、これらの統計的データの要因としては、
経済活動的には、収入が少ないか? 支出が多いか?の、
2択、もしくは、その両方に集約することができます…。
本作品でも、「世帯収入1位」と何度も誇っていますが、
「世帯主収入」が少ないから共働きするしかないのでは?
また、福井県の特有の風土として、
専業主婦はマイノリティで、住みにくい社会でもあります。
となると…、「共働き=幸せ」とは、言えないですよね~。

その辺りのことは、福井県出身のホラー作家である、
雀野日名子さんの小説『幸せすぎるおんなたち』では、
ブラックユーモアを交えて、とてもよく描き出しており、
本作品よりも、よっぽど本質を捉えていると思います…。

そして、こういった側面が、
統計から導出された客観的幸福度と、
地元民の実感である主観的幸福度とのギャップであり、
幸福度日本一の実態は、不幸度日本一である、
との極論も、あながち全否定はできないのかな~とも。
(ボクは、決して、不幸度日本一とは思いませんが…)

もちろん、悲観的にばかり考えることはありません。
せっかく、このようなよいデータがあるのですから、
そのデータの本質をよく理解し、課題を洗い出せば、
その解決策こそが、行政においても企業においても、
ビジネスチャンスであり、地方創生の鍵となります。
その1つの解が、「福井モデル」となるのであれば、
福井県出身としては、とても嬉しいことですね。

評価は、5点満点からの減点法で、
第二章で-★1、第三章で-★1、全体構成で-★1

評価4 投稿元:ブクログ

2015/09/03 19:30

鯖江を中心にして、富山・福井のまち・ひとの強さを扱っている。内側にいると分からない、気づかないことがたくさんあるのだな。福井の教育の試みは、全県単位なのか特定校だけなのか気になりました。こんなアクティブなラーニングが全県でされているのならば凄い。

評価0 投稿元:ブクログ

2015/09/06 17:49

人を集客するためにできることは山ほどある。
真摯に現状の課題と向き合い一つ一つ解決していくことが大切だと気づく一冊。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/11/15 17:39

面白い。参考になった。
ちょっと考えたら、色々やることがある。工夫次第で、街、人は存続出来る。
これは、個人に置き換える事が出来るとも考えられる。成功例を調べて、自分に置き換え、取り入れたいものだ。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/10/11 04:39

面白かった。そう断言して間違いない。ほぼ五つ星に近い四つ星。
地方創生に携わる方、教育関係者には必見の書だと思う。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/03/04 23:39

正直、この本を読むまでは、福井のことあまり知らなかったのですが、だいぶ福井が気になるようになりました。

評価0 投稿元:ブクログ

2015/12/15 22:42

これは、私のここ数年の関心事を集大成したような本。
富山市の話は、ポートランドで見てきたこととすごくかぶる。実際、この本でもポートランドが引き合いに出されています。
福井のあり方は、神山に似ている。ある部分では神山が凌駕しているかもしれないけれど、どちらも、若者、ばかもの、よそものを受け入れる気質があって、それはつまり多様性を担保してるってことですよね。イノベーションの源泉。
また、福井の話で「市民主役事業」というのが紹介されていますが、これもまた、神山で行政ではなくグリーンバレーをはじめとする住民の活動によって町が活性化していることに通じるなあ、と感じます。そしてそれは、ポートランドですごく印象的だった「I care」の精神、つまり社会の出来事を「自分ごと」として捉える精神性に端を発するのであろうと。その精神性を育てるひとつの方法が「有能感」じゃないかと思うのですが、それは福井の教育力なんでしょうね。そういえば、神山も教育力が高い気がします。自分で考えて自分で解決することにより、少しずつ有能感を育てていく。今、大学でさかんにアクティブ・ラーニングの必要性が叫ばれているのも、こういった人材がかつてなく必要となっているからでしょう。
ここ数年、学生の学んだ知識を使って地域の課題を解決する「サービス・ラーニング」に携わっていたのですが、これはにアクティブラーニングの究極の形だ、と思います。その中では盛んにシビックプライド、ということが取り上げられていました。なんだか正しく「福井モデル」をやってたような気がする・・・。

まあ、福井モデルをただなぞればうまくいくか、というとそうではないとは思います。個々の事情を勘案せず形だけ真似たのでは、すでにそこで「福井モデル」ではなくなるし。本当に必要なものは何か、地域の人がそれぞれ自分ごととして捉えて動ける、それが大事だし、結局私がやりたいのは、そういう人を育てること(直接育てられないから支援するだけなんだけど)なんだなあ、と感じた本でした。

と、まあ内容は面白かったし、そもそも知ってることも多かったら補って読んだけど、ちょっと説明不足の部分が多かったような気がしないでもない。疑問を提出しておいてそれが回収されてないというか・・・あ、その説明はそこで終わるんだ、とか。話の続きがずっと後にでてきたり、とか。そこはもっと明瞭でもよかったんじゃないかなあと思ったりもしました。

評価2 投稿元:ブクログ

2015/05/28 16:08

幸福度や学力調査の値が高い福井。
なぜ、福井なのか?

そんな問いにすんなり答えてくれる本ではなかったです。
富山の話も多かったし。
福井や富山を真似ることは、いろいろな理由があって無理だろう。
けれども、なぜ北陸が注目されるのかは、わかった気がする。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/09/10 18:53

2015/9/10図書館から借りた。
第1章では、高齢者の孤独死を導入に用い地域の問題と地方の問題を指摘
第2章では、富山県のコンパクトシティ構想の成功例を挙げている。
第3章では、福井県の鯖江市の産業革命を題材にしています。「鯖江モデル」はまだ、進行中。
最終章
何か完結していないような内容ですね。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/07/26 20:14

 富山は何度も行っているが、車で通過するだけの者には著者が述べていることは良く理解できない。
 福井と言っても取り上げているのは鯖江市の話が中心だ。鯖江市は、福井市との合併を止めさせた市民の力はすごいと思った。福井が学力テストの成績が良いとのこと。当たり前のことをやってきたということではないか。
 企業や原発誘致に頼らず、伝統的な暮らしを大事にしながら「協働」が大事なのだと思った。
 

評価5 投稿元:ブクログ

2015/08/08 12:31

閉塞感を感じる現代。地方再生が言われて久しいなか、そんな大義のためではなく、目の前の何とかしなければならない課題や目の前のやりたいことを、実際に自分たちの頭で、自分たちの足で、叶えていく人々の姿が綴られている本書に、勇気と希望が湧いてくる。「やわらか頭」からのアイデアもとても参考になる。

地方のこれからに関心のある人は必読、そうでなくても現状をなんとか変えたい、良くしたい、という思いがある人にもやる気をもらえる読後爽快な本。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.