サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

路(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/08
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/475p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790357-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

路 (文春文庫)

著者 吉田 修一 (著)

台湾に日本の新幹線が走る。商社の台湾支局に勤める春香と日本で働く建築家・人豪の巡り逢い、台湾で生まれ戦後引き揚げた老人の後悔、「今」を謳歌する台湾人青年の日常…。新幹線事...

もっと見る

路 (文春文庫)

724(税込)

720(税込)

ポイント :6pt / 紙の本より4おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

台湾に日本の新幹線が走る。商社の台湾支局に勤める春香と日本で働く建築家・人豪の巡り逢い、台湾で生まれ戦後引き揚げた老人の後悔、「今」を謳歌する台湾人青年の日常…。新幹線事業を背景に、日台の人々の国を越え時間を越えて繋がる想いを色鮮やかに描く。台湾でも大きな話題を呼び人気を博した著者渾身の感動傑作。【「BOOK」データベースの商品解説】

信じている。あなたを、運命を、思いを、力を…。商社員、湾生の老人、建築家、車輛工場員など、台湾新幹線をめぐる日台の人々のあたたかな絆を描いた感動長篇。【「TRC MARC」の商品解説】

台湾でも大反響! 国を越え、溢れる想い

台湾に日本の新幹線が走る! 巨大プロジェクトに、それぞれの国の人々の個々に抱いてきた想いが繋がる。確かな手触りの感動傑作!【商品解説】

台湾に日本の新幹線が走る! 巨大プロジェクトに、それぞれの国の人々の個々に抱いてきた想いが繋がる。確かな手触りの感動傑作!【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価4.1

評価内訳

電子書籍

台湾に行くなら読んでみてください

2015/10/01 00:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坂の下の落人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めての台湾旅行前に一気に読みました。
日台両国複数の登場人物が織りなす群像劇。
日本の誇る新幹線の海外進出という史実を縦糸に、それに関わる個々人の生き様を横糸に物語が展開。ラストの台湾新幹線開通に収斂されていきます。現地での取材や関係者への聞き取りなど、苦労が忍ばれる著者渾身の一作だと思います。
実際の乗車の印象は、この小説ほどに感慨はありませんでしたが、映画化や大作ドラマの原作になりそうな気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悪くはないが

2015/08/09 21:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは主に台湾を舞台にした群像劇である。この作者は、若手小説家の中では、すごく物語の構成や文章表現がうまい作家であると思う。この作品も楽しく読めるしいいのだが、すごくいいか?というと星三つになる。読んで損はないのですが・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/21 18:14

投稿元:ブクログ

「路(ルウ)」。読後まず絶妙なタイトルだなと思った。台湾新幹線開業への路が少しずつ作られていく間に、その路を作るのに携わった人々の人生という名の路も少しずつ作られていく。
台湾が親日国というのは、知っていたが本作品で親日度合を肌で感じたように思う。
吉田さんの作品は交錯する人間模様の描き方がいつも緻密に設計されているので、読んでいて飽きない。本作品もやはりそうで、三分の一くらい読んだあたりから、ページをくる手が止まらなくなった。
あと、台湾に行きたくなった。人間模様だけでなく、その場の台湾の熱気、楽しさも伝わってくるすばらしい作品だった。

2015/09/17 10:29

投稿元:ブクログ

 NZ旅行のお供として持っていった一冊。
 台北から高雄までの345kmを、時速300kmおよそ1時間半で結ぶ台湾の高速鉄道、通称台湾新幹線。その工事入札から着工開通までに関わった人たちのドラマ。
…と聞くと、壮大な男のスペクタクルロマンを期待してしまうんだけど、中身は淡~い恋愛物語。
 台湾旅行で知り合った現地の男の子に恋をするも再会できず、台湾新幹線建設の仕事に関わり台湾に住むようになってようやく9年ぶりに会うことになった…ってありがち~。それでも、台湾で生まれ育ち、戦後日本に引き揚げて建設業の第一人者となった老人の話、今を無責任に楽しく過ごす台湾青年が、新幹線工場で働くようになる話などの挿話を交え、彼らお互いが台湾新幹線を通して間接的直接的に関わっているのが、話にふくらみを持たせている。
 なじみのある食べ物の名前や通りの名前が出てくるので、台湾へ行ったことのある人とない人では楽しめる度合いが違うと思う。
 ただ、これだけ苦労して開通させた鉄道なのに、現在経営破たんの危機に瀕しているというのが残念だ。

2015/08/01 08:19

投稿元:ブクログ

阪神大震災と台湾の震災を超えて日本の女性と台湾の男性の話が進んでいく。台湾新幹線の建設チームに選ばれた女性が台湾に赴任することから物語は始まる。かつて台湾を旅行した時、出会ってその後連絡が取れなくなった大学生がいた。大学生は建築会社に勤めて日本にいる。二人が再会するまで、そして一緒に生きていく覚悟をするまでの物語。
他に新幹線建設チームの先輩。元建設会社勤務で台湾生まれの老人。台湾人青年。からの目線でも語られる。
筆力があるから読んでしまうけど、二人の目線で描いて欲しかった。台湾の事情、老いること、働くこと、恋すること、愛し合うことが散りばめられていて、最後にじんわりとした感動があるのでこれもありか。

2015/08/15 03:38

投稿元:ブクログ

肉圓(バーワン 千と千尋で豚になったお父さんが一心不乱に食べてたアレ)や紅豆湯(台湾式お汁粉 テイクアウトで食べるのが一般的らしい)や美味しくないシーフードレストランで注文を先に頼んでおかないと中々こないとか料理のディテールが細かくてその分台湾に凄く入り込めた。

2015/08/17 20:11

投稿元:ブクログ

台湾へ行ったとき、何も知らずに向かった駅とそこへ来た新幹線があまりにも日本と一緒なので驚いた。台湾の人がとても親しげに話してくれるのが印象に残っている。
台湾新幹線の記事が挟まれ、当時の日本は少し冷めた目線だったのかなと思う。感情移入させてくれない文章だけど、中身の物語はそれぞれ温かい。

2015/06/15 11:36

投稿元:ブクログ

台湾での新幹線事業を背景に幾つかの恋愛と、終戦までを台湾で過ごし、台湾が自分の故郷だと感じている老人の思い・後悔が綴られていく。彼が60年ぶりに台湾を訪れ、かつての親友と再会する場面にも泣かされたな。
雨のあとのみずみずしい空気、街並み、街路樹の青さ、バイクで走るグァバ畑の農道、そんなありきたりの風景が美しく伝わってくるのは、筆者が台湾を愛しているからに違いない。
特別な大事件が起きるわけではないのだけれど、家族や恋人や友人、同僚への思い遣りがいつもそこにあって、何度となく涙がこぼれた。とてもとても幸せで。
台湾の人たちの優しさ、あたたかさに、初めて訪れたときから惹かれてしまった自分には、そうそう、そうなんだよと共感させられるところがたくさんあって、こんな小説を書いてくれた筆者に多謝多謝!

2015/06/14 13:42

投稿元:ブクログ

日本商社が手掛ける台湾新幹線の開通を軸に、日本人と台湾人の人生が巧みに交差する。台湾の瑞々しさに胸踊る傑作。

2015/08/29 20:05

投稿元:ブクログ

濃い。ものすごく濃い。
たくさんの登場人物が出てきて、その一人ひとりに共感して喜んで泣いて、そしてその登場人物たちが徐々に繋がっていくところはとてもわくわくします。
人の出逢いや縁や運命って本当に不思議なもの。

2015/07/15 22:23

投稿元:ブクログ

2007年、台湾で日本の技術による新幹線が開通。その国家プロジェクトをきっかけに、過去を思い出し、人生が変わっていく多くの日本人と台湾人たちを描いた長編小説。

台湾新幹線を走らせる人々の努力、執念を描いたものづくりの歴史小説だと思って読み始めたのだが、中身はいつもの吉田修一作品らしい青春群像劇だった。

ストーリーの中心人物は、台湾新幹線プロジェクトメンバーの日本人、多田春香と日本の建築会社で働く台湾人、劉人豪。台湾でたった1日出会っただけの2人が数年ぶりに再開を果たし、互いに惹かれては離れて、のまどろっこしい関係を引きずる。中国に気を使い、友好とも敵対とも違う微妙な距離を保つ日台関係によく似ている。

2015/05/24 22:27

投稿元:ブクログ

吉田修一「路」http://hon.bunshun.jp/sp/lu 読んだ、ものすごくよかった。読後に爽やかで瑞々しいカタルシスを得たのは久しぶりだ。多数の二人組の人間関係が台湾と日本とで交差し、台湾新幹線が全部を縫い合わせる。早く先を知りたいもどかしさと読み終わりたくない気持ち(つづく

力強く温かく生命力が満ちた本。小説はこうじゃなきゃ。全員が相手のことを真摯に考えて悪い人間が一人も出てこない。この幸福感はわたしの中の台湾の印象と重なる。躊躇する春香に比べて人豪の率直でのびやかな言動は気持ちがいい。言わないと伝わらないものね。伝えることが大事なんだよ(おわり

2015/09/22 08:43

投稿元:ブクログ

台湾、及び台湾新幹線にかかわった人々の群像劇で、台湾の風景描写が至るところに出てきて、旅行したくなってしまいました。
この作者さんらしい、達者な文章で、最初は繋がりのなかった人物を最終的には纏めてみせるところは流石でしたが、この作品に関してはあまり入り込むことができなかった。
1人あたりの視点が短めでサクサク読めるのはいいけど、その分、ぶつ切りな感じがする箇所があり、作中での時間経過により、話が飛んでしまっている。
良くも悪くも市井の人々のお話といった感じで、登場人物にあまり魅力を感じなかったのも、読書スピードがあがらなかった原因かな。
唯一、小説的なエピソードがあるのは春香と人豪のパートだけど、ここも春香に恋人がいることで、しかもその恋人の設定のおかげで、いまひとつ盛り上がりに欠け、もどかしいし……。
台湾礼賛的な文章もちょっと自分には受け入れがたかった。

2015/06/16 11:19

投稿元:ブクログ

結構良かった。☆4.5くらい。

台湾新幹線を背景に、バラバラだった登場人物が少しずつ距離を縮めて、つながった。春香と人豪の話がいいな。こんな奇跡ってあるんだ。

前々から台湾に行きたいと思っていたが、この本でさらに後押しされた。台湾の人は温かいな。工期にルーズなところも苦笑。

2016/07/09 14:06

投稿元:ブクログ

読み進めながらそんな感じがしていたけどやはりで、新聞連載小説(読売新聞)だった。ストーリーのテンポがそんな感じがしたんだよね。あと、台湾新幹線開通に向け奮闘する人々を中心とした物語というのが、マニッシュな新聞文化としては好みそうな感じ。そのなかでも、さすがは吉田調というべきで、ビジネス小説のようになってしまいそうなところに愛とか人の心の機微がしっかり入れ込められた佳作。かなりの長編で読後の満足感も高し。