サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 株、株、株!もう買うしかない
株、株、株!もう買うしかない
株、株、株!もう買うしかない 株、株、株!もう買うしかない
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/20
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:20cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-863943-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

株、株、株!もう買うしかない

著者 朝倉 慶 (著)

円安、金利安、原油安のトリプルメリットで、再び強い日本が蘇る。今からでも遅くはない。大相場が待っている! 勇気を持って時代の変化に対応し、株を買うことを提案する。【「TR...

もっと見る

株、株、株!もう買うしかない

1,728(税込)

株、株、株! もう買うしかない

1,728(税込)

株、株、株! もう買うしかない

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

円安、金利安、原油安のトリプルメリットで、再び強い日本が蘇る。今からでも遅くはない。大相場が待っている! 勇気を持って時代の変化に対応し、株を買うことを提案する。【「TRC MARC」の商品解説】

日本国はインフレに向けて大きく舵を切った。国民の巨額の年金資金までも株式市場に投入される。世界中が緩和に走って金利が失われているなかで、黒田日銀総裁はためらいなくさらなる緩和を実行するだろう。原油安の追い風もあり、日本はバブル時代と同じ条件が整った。もう日本株は高騰するしかなくなった。このインフレへの大転換を知る人だけが生き残る。【商品解説】

増税先送り解散と日銀の超次元緩和は、日本国債の暴落と同時に日本株の暴騰という大転換を日本経済にもたらす悪魔の方程式だった。【本の内容】

著者紹介

朝倉 慶

略歴
〈朝倉慶〉1954年埼玉県生まれ。明治大学政治経済学部卒業。経済アナリスト。(株)アセットマネジメントあさくら代表取締役社長。著書に「裏読み日本経済」「インフレに向かう世界」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/14 01:15

投稿元:ブクログ

日本政府が主導して株高を実現しようとしているので、株は上がるという考え方。
日本人は株に対して消極的。株高の雰囲気が一般人に対して浸透しない限りバブルはない。
債権は今0.1%の利率で、インフレ目標を2%としている。インフレが達成されると債権の値段が下がることが確実な状況になっている。国際暴落でアルゼンチンは株価が急騰した。
アメリカの途上国投資は政治的に口を出す、中国の途上国投資は政治に口を出さない。
中国は協力で巨大な独占企業を作ろうとしている。そうすることで、世界の市場を抑えられる。世界人口の4分の1を占めるので、その市場を押さえた時点ですでに世界の頂点に近い。
キーエンス、HIS、東プレ、日本M&Aセンター、常和HDを推奨。

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む