詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 小説・文学
  4. 岳飛伝 13 蒼波の章

岳飛伝 13 蒼波の章

  • 発売日:2015/05/26
  • 出版社:集英社
  • サイズ:20cm/348p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771611-5

  • 国内送料無料

岳飛伝 13 蒼波の章

北方 謙三 (著)

紙書籍

1,728 ポイント:16pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

混江竜、楯を並べて小李広に倣い、海陵王、九紋竜の逆鱗を突く。【「BOOK」データベースの商品解説】金国の新帝は南宋との対決姿勢を強める。岳飛は旧岳家軍、秦容軍と連携しての...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

混江竜、楯を並べて小李広に倣い、海陵王、九紋竜の逆鱗を突く。【「BOOK」データベースの商品解説】

金国の新帝は南宋との対決姿勢を強める。岳飛は旧岳家軍、秦容軍と連携しての北上を模索。梁山泊は南宋水軍に奪われた交易拠点を取り戻そうと、決死の作戦を練っていた。『小説すばる』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

金の新帝は、南宋との対決姿勢を強める。岳飛は南宋軍の侵攻を退け、旧岳家軍、秦容軍と連携しての北上を模索する。梁山泊は南宋水軍に奪われた交易拠点を取り戻そうと、決死の作戦を練っていた。


【商品解説】

著者紹介

北方 謙三

略歴
〈北方謙三〉1947年唐津市生まれ。中央大学法学部卒。81年「弔鐘はるかなり」でデビュー。「水滸伝」で司馬遼太郎賞、「独り群せず」で舟橋聖一文学賞、「楊令伝」で毎日出版文化賞特別賞を受賞。

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(8件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(6件)
★★★☆☆(2件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2015/06/30 14:26

李俊が沙門島を取り戻し,岳飛と秦容が南宋に侵攻し,海陵王が淮河を越えたが,戻る~西遼の執政・母大虫は夷列に即位させると,西の諸部族を糾合し,西夏・蒙古に備えさせる。景嚨を北への拠点とした岳飛と秦容は,岳都を守らせるのを潘寛に,景嚨は荀浩に決めた。公礼の副官には蒼翼を指名した。漳州の近郊にやってきた王清は鄭涼と夫婦になり,笛作りを開始する。金では海陵王が即位し,子午山に課税してきたため,見過ごすことはできない。史進の遊撃隊を出動させた。禁軍は敗退し,兀朮の出動で,膠着した。李俊は沙門島を取り戻すために南宋水軍に挑んでこれを蹴散らしたが,5千が籠もる島に手がつけられない。猟師となっていた源太が船溜まりの石組みを一人で崩したのを見て,李駿は狄成を誘って,砦に火を放ち,降伏させ,十三湊のケイ英を訪問するが,10日前に亡くなっていた。海陵王は,8万の禁軍を率いて淮河を越えて南宋攻略に乗り出すが,軍の総帥になった程雲に痛撃され,退却の道まで閉ざされる。兀朮が乗り出してきて,ようやく帰国の道が開いた~沙門島を巡る争いは終了,金は北からの蒙古の圧力が強くなるはずだが次の巻で? 岳飛と秦容はどこで戦う? 表紙の絵は,狼牙混を持っている南方出身で秦容の従者であった蒼翼か? 裏表紙の熊の毛皮を被った奴は出てこなかったと思う。顔の片側を隠しているのは,秦檜の妻・王妙が護衛につけた桂妍だ!

評価4 投稿元:ブクログ

2015/07/18 14:32

★2015年7月16日読了『岳飛伝13 蒼波の章』北方謙三著 評価B〜B+

少々停滞気味だったシリーズの物語が、この巻から再び大きく動き出す。北方氏の中華歴史シリーズは、物語ののダイナミズムと男臭さが一つの魅力なので、この先の展開に期待したい。

金国の帝 海陵王は、梁山泊の心のふるさとである子午山を奪おうとして、九紋竜史進の遊撃隊に手痛い反撃を食らう。その後、海陵王は体制を立て直して、兀朮(ウジュ)総帥の中核部隊の沙歇(サケツ)、阿剌(アラ)将軍を伴い、総勢10万で淮水を越え南宋へ南下する。一方、南宋は宰相秦檜は、程雲を総帥に11万で守りを固める。

程雲の果敢に守りつつ、金軍を追い出しにかかる柔軟な攻撃により、金軍は苦戦し、金国内に残留していた兀朮(ウジュ)総帥の援護で危地を脱する。

インドシナ半島では、以前に南宋軍を撃破した岳飛と秦容が北上して、大理に程近い景曨(ケイコウ)に入り、南宋への侵攻の体制を整える。

また、北方では、梁山泊水軍の総帥の李俊は、一度南宋の水軍に占拠され、梁山泊の海運物流に大きな支障となった沙門島(渤海)を奪還に成功。梁山泊の誇る日本〜中華〜西域の物流網の再生に大きく貢献する。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/08/01 17:04

20150801 終わりに向かってだんだん集約してきている、と、思うのだが。壮大過ぎてついて行けない!

評価3 投稿元:ブクログ

2015/06/22 10:50

金が南宋に攻め入る。いよいよクライマックスかとおもいきや、岳飛たちの登場はもう少し先。それにしてもウジュだんだん風格が出てきてかっこいいぞ。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/07/12 09:33

海陵王の南征が始まり、岳飛も北上。歴史的にはこの金と南宋の戦いの後は40年ほど戦いのない時代が続くので、多分この戦いで話を終わらせるような気がする。しかし、この戦いは3~4年続くので、まだしばらく話は続きそうですね。
日本では保元、平治の乱が終わり、平清盛が全盛を誇ってた頃です。また奥州藤原氏も力を持ってた時代でした。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/09/09 20:45

中国宋後期を描く大河小説13巻目。

オリジンメンバーの老人パワー炸裂の巻でした。
史進、李俊たちアラセブンが不死身の活躍を見せつけて爽快です。
もちろん時代がたっているので、あの女性の死や孤児院と化している子午山など寂寥感もあります。
金は海陵王の暴走が止まらず、次巻では歴史的事実の悲劇に見舞われるのでしょう。
にしても、岳飛伝なのに岳飛の活躍が持ち越されていて、どのタイミングで爆発するかが見ものです。
秦容や王清など次世代の親となる予兆も出てきてますし、大きな戦がなくなってきて物足りない部分もありますが、大河的には面白くなってきたと思います。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/08/14 10:35

今回は、ようやくというか岳飛と秦容の連合軍が北進を開始したり、金軍は新帝の海陵王の暴走により、このシリーズで重要な聖地である子午山を襲おうとして史進の逆鱗にふれたり、南宋との対決の図式に入り、それにどう兀朮が絡んでいくことになるのか?や水軍の動きにも変化があり、梁山泊、南宋、金の三つ巴の戦に突入していきそうな展開になってきました。いよいよシリーズ終盤に向け全面戦争状態に突入モードになってきて、今後の展開が楽しみになってきました。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/01/19 00:26

いよいよ金軍と南宋の戦いの火蓋が切って落とされた。岳飛の活躍はないがそれでも熱くなる物語にのめり込んでしまった。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.