詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. ライトノベル
  4. 魔法科高校の劣等生 16 四葉継承編

魔法科高校の劣等生 16 四葉継承編(電撃文庫)

電撃文庫honto ランキング第57位

  • 発売日:2015/05/09
  • 出版社:KADOKAWA
  • レーベル:電撃文庫
  • サイズ:15cm/288p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-865116-5

文庫

  • 国内送料無料

魔法科高校の劣等生 16 四葉継承編 (電撃文庫)

佐島 勤 (著)

紙書籍

616 ポイント:5pt

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

司波深雪の許へ、四葉本家から一族の有力者が顔を揃える新年の集い「慶春会」の招待状が届く。それが意味するものは、四葉家次期当主の指名。―自分が後継者に選ばれれば、兄も日陰者...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「魔法科高校の劣等生 16 四葉継承編」が含まれるセット商品

魔法科高校の劣等生 (電撃文庫) 19巻セット(電撃文庫)

魔法科高校の劣等生 (電撃文庫) 19巻セット

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

司波深雪の許へ、四葉本家から一族の有力者が顔を揃える新年の集い「慶春会」の招待状が届く。それが意味するものは、四葉家次期当主の指名。―自分が後継者に選ばれれば、兄も日陰者に甘んじなくて済む。―次期当主の地位にはきっと、それに相応しい「婚約者」が付いてくる。深雪の心は千々に乱れる。そして「慶春会」前夜。四葉本家へ出頭した達也たちは、現当主・四葉真夜の口から「深雪は達也の妹ではない」という衝撃的な「嘘」を告げられる。それは、兄を恋愛対象として意識してもよいという意味であった。はたして深雪は―!【「BOOK」データベースの商品解説】

深雪の許へ四葉本家から「慶春会」の招待状が届く。それが意味するものは、四葉家次期当主の指名。深雪の心は千々に乱れる。そして「慶春会」前夜、達也たちは現当主の口から「深雪は達也の妹ではない」という噓を告げられ…。【「TRC MARC」の商品解説】

四葉本家から「慶春会」の招待状が届く。次期当主候補・深雪の内心は、乱れていた。当主になるということは、兄ではない別の「婚約者」を迎えるということで……。【商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 4.2
4.2
評価内訳 全て(14件)
★★★★★(5件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(4件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

驚きの展開

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/06/07 15:40

評価5 投稿者:名前のない怪物 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私がアニメを好きになったきっかけである「魔法科高校の劣等生」の新刊がでたということで発売当日、開店を待ちかいました。今まで明かされることのなかった深雪と達也の関係性、新たに登場する四葉の次期当主候補とそのガーディアン。色々な出来事が重なっていくにも関わらず、1つ1つわかりやすい展開で進んでいくお話。とても感動的です。私の友達にもとても人気があり、誰でも読める作品となっていると思います。この巻の最後のページを見て、次巻がとても楽しみになりましいた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ついに二人が・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/26 11:43

評価5 投稿者:なつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙から推測されるように、タツヤと深雪のアツアツな巻です。兄を愛しているのに、四葉家から他の男性と婚約を命じられるかもしれない・・・深雪の葛藤がすさまじいです。この二人のファンの方は、必見です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

魔法科高校の劣等生はおもしろい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/15 12:34

評価5 投稿者:ANPANMAN - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで学園もの、超能力的なものを扱う作品はたくさんありますが、魔法を科学的な根拠・理論付けしている点と登場するキャラクターが個性的(普通と違う)であり、ストーリーも引きつけられるところがありますとてもおもしろいなと感じています。
久しぶりに文庫本を購入して読んでいます。(普段はあまり購入しないので---。)
早く次回巻が出ないか、今から待ちどうしい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2015/05/24 16:20

四葉の後継者問題に絡めて徐々に具になる司波兄妹出生の秘密。感情を極めて分かりやすく露わにしたお兄様を初めて見られた口絵はインパクトあるな。肝心の後継問題は他の後継者候補も能力適性の差が分かってる最初から譲歩・諦め気味と予想以上にすんなりといってた印象。まぁその分お兄様を取り巻く環境の詳細が開示されたわけだけど。一難去ってまた一難で(というほど難儀な局面はなかった気もするが)次は師族会議で一悶着あるらしいけどいつもの「さすおに」が炸裂することでしょう。今回も目立ってはなかったけど一部で見られたし。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/05/16 15:47

すべては主人公の都合のよいように動くもの。
計算されてようがされていまいが。

そんな感じの1巻。

さすおにを崩さないためには呼称を変えたらだめだよなぁ。。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/05/12 23:15

予期していた展開でしたが、やっぱり驚きました。
展開が分かっていてもね。
全く予期していなかった部分もありましたが…
今回は四葉が舞台ということもあって黒羽以外の次期当主候補が勢ぞろいし、更に達也の誕生秘話も有りの盛り沢山でした。
とりあえず、二人の今後が心配です。

評価0 投稿元:ブクログ

2015/10/16 16:28

つじつま合わせはんぱないなあ
それでいいのかしら??
四葉として周知されたところのみんなが驚くところが見たいんだけれどなあ

評価4 投稿元:ブクログ

2015/05/11 21:31

舞台は魔法科高校ではなくほぼ四葉本家とその周辺。
兄弟から従兄弟になり婚約ですか。深雪にとっては感激の展開。
深雪の次期党首と婚約が公表され、一条から横やりが…(^^;
学校の面々はどういう受け止め方をすのだろうか。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/08/29 13:54

祝結婚(まだしてない)ありがとうございました。
もう、兄妹好きとしてはもう、何も言葉になりません。
しかも(嘘か真実かあやしいけれど)遺伝子的にも問題無いと。
天国かな。

評価0 投稿元:ブクログ

2015/05/10 17:19

ヤバいヤバい‼︎面白すぎ(≧∇≦)

なんとなく思ってたけど、こう来るとは思わなかった‼︎次がかなり気になる。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/05/16 17:29

流れ的にそうなるんだろうなあとは思っていたとはいえここまでガチに近親相姦ネタやられるとなあ、というか今更とはいえ深雪のガチっぷりにドン引きしちゃってもうね。

黒羽貢を筆頭に分家が異様に達也を忌避してた理由もしょうもなかったしなあ、まあ達也が深雪の為でなく深雪が達也の為に作られた調整体だったってのはさすがにサプライズではあったんだけれども。

とまあ色々突っ込みどころ盛りだくさんな今回だけどこの件を受けて大騒動が起こるだろう(ついにの四葉バレ+兄妹から婚約者やもんなあ)次回からの展開は素直に楽しみなのであった、予告見る限りあのアメリカっ娘も再登場するみたいだしさ。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/05/18 23:32

魔法師であれば必ずしも禁忌は禁忌でない、と散々言われてましたけど本当に……いやまあ別ルートとか納得できなかったしこれがベストですが、ええ。
過去の色々に関してはそういうこともあるかなと頷けるところもあれば、えっそれだけ……?ってなったところもあり。ほんとあのセンチメンタリズムにはびっくりしました……。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/05/09 21:27

こうきたか。
これが読み終わった後の感想。
まだまだ続きそうで良かった。
四葉真夜の人となりが少し分かった気がする。

師族会議編が楽しみ。
真由美さんがどう考えるか。笑
周りは引くよなぁ。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/05/11 11:50

展開としてはとても面白かった
けどこのまま兄妹で結婚とかはしてほしくない。私は真由美を推し続ける!

今回は四葉継承編と言うことで四葉家の分家の新キャラや四葉の歪んだ過去や秘密が盛りだくさんでした。秘密主義過ぎるだろ…四葉家……

最初はラスボスみたいな扱いだった真夜様。かなり狂っているけど何故か憎めない…
真夜様より執事の葉山さんが私には怖く見える
母親である深夜様の印象も大分変わりましたね

先代当主が個人の魔法特性を見る事の出来る精神干渉系魔法が使えて、産まれたばかりの達也の魔法特性を見る事ができたなら何故、亜夜子の魔法特性を見なかったのか不思議です。少なくとも達也が歩き始めてから6歳の間に死んだのなら例え分家でも亜夜子の魔法特性を見る機会なあると思ったのですが…

最後に、印象に残ったのは四葉家の元旦の集まりである慶春会で真夜様が深雪を次期当主に決定し、達也を自身の息子だと言い深雪の婚約者にすると宣言した……後!!

それにショックを受けてその場から退室した亜夜子が弟に言った言葉が印象的でした。
多分、四葉で誰よりもまともな人間は亜夜子なんだと思いました。
深雪のフィギュアより亜夜子と真夜様のフィギュアがほしい

追憶編を読みたくなりました

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.