OP 全品ポイント2倍(~7/14)

シンプルに考える
シンプルに考える シンプルに考える

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 93件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/29
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/199p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-06634-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

シンプルに考える

著者 森川 亮 (著)

差別化は狙わない、偉い人はいらない、自分を守らない…。いらないものは全部捨て、本質だけを追求する。LINEの元CEOが「シンプルに考える」を信条に、ビジネスで成功するため...

もっと見る

シンプルに考える

1,620(税込)

シンプルに考える

1,296(税込)

シンプルに考える

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC EPUB 無制限
iPhone EPUB 無制限
iPad EPUB 無制限
Android EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

差別化は狙わない、偉い人はいらない、自分を守らない…。いらないものは全部捨て、本質だけを追求する。LINEの元CEOが「シンプルに考える」を信条に、ビジネスで成功するために実行してきたことを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森川 亮

略歴
〈森川亮〉1967年神奈川県生まれ。青山学院大学大学院にてMBAを取得。動画メディアを運営する「C CHANNEL株式会社」代表取締役社長。LINE株式会社顧問。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

シンプルに考える

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

 著者森川亮さんは日本テレビ放送網、ソニーを経て、ハンゲーム・ジャパン株式会社(現LINE株式会社)入社。2007年には同社の代表取締役に就任。2015年3月LINE株式会社代表取締役を退任した。
 「シンプルに考える」この言葉は彼の信条だ。この本は社長退任を機にこれまでの人生で経験したこと、学んだこと、考えたことを書かれている。自分にとって、会社にとって一番大切なこととは何かを考え、探り当ててそれ以外のものは捨て去る。
 「何が本質か?」を徹底的に考え尽くした彼の記録は今まさに働き盛りのビジネスパーソンに響く新しい参考書だと思う。

みんなのレビュー93件

みんなの評価3.8

評価内訳

電子書籍

言葉では伝えられないところを教えてくれた一冊

2016/04/27 21:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もなちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本を読まない自分の会社の社長に「これだけは読んどけよ。」と言われて読み始めたらあまりにシンプルで2時間で読み終えてしまいました。

森川さんのLINE時代のマネジメント視点から
タイトルの通り「シンプルに考える」ことを教えてくれるのですが、
私がこの本から習ったのは「企業は世の中に価値を提供する」ということ。

なんで企業が存在しているか?
人の役に立つという価値を提供しているからです。
本気で人の役に立ちたいという人たちの集まりであるLINEには、
プロでいることの自覚・責任・行動が全て詰まったすっごい集団なのだと改めて見せられました。
ただただ有名じゃない、そこには森川さんの部下への圧倒的な信頼があったこそだと思います。

普段の業務で常に数字に追われ、いつの日か会社を数字としか見なくなった私に
人の役にたつという本質を思い出させてくれました。
私の社長もそこが伝えたくて、読めと言ったのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

シンプルに考えたい

2016/03/13 15:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:IGBS - この投稿者のレビュー一覧を見る

シンプルに考えるには、シンプルに考える時間は必要ない、複雑に考えないように自分を追い込むことだ

暇は人に余計なことを考えさせる


著者のいう、シンプルとは

・ユーザーを愛する気持ち
・受身にならない
・そもそも何を突き詰める
・モチベーションは不要
・守ると攻められない
・ベンチマークした中で、もっとも重要な価値にフォーカスする
・ユーザーの求めているものの本質を精度高く把握する


答えは自分の中にない、他者の中にある。
自分を投げ出して、突き放し、無私を得た中に意味が見出せる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

書き方はシンプルというよりくどい・・・が

2015/08/22 11:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はいみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の前職にまつわる問題をユーザー目線というシンプルな観点で開発・経営していくのが大切というのが主な内容。Lineでのものがその最たる成功例という感じでややくどいくらいに出てくる。ただ内容は大企業や有名企業の多くが抱えている問題や働いていると気づくことも多いことについて触れているので、刺激を得られる人も多いのでは?内容がやや薄くは感じるが読了までは早い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ああそうですか。

2016/02/23 09:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶっくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分で考えて進んで向上する人しかいない、そういう人しか必要ない。ま、そういうことです。なら形式張ったことはいらないのはそうなのかもしれませんね。でも24時間、365日そうであることができる人ばかりではありません。それを続けることができる人ばかりではありません。でもそういう人じゃないと上にいられないよ、ラインにはいられないよ、ということなんでしょうね。あまりタメにはなりませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

期待しすぎたかも?

2016/05/05 14:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坂の下の落人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

LINEの元社長・森川亮さんの著作。
社長を退くにあたり、いままでの仕事人生を振り返ったような内容。
帯等には、一見、いまの仕事の定石に反しているような惹句の数々が刺激的に並んでいますが、言ってることはとてもまともで真っ当な印象です。
ただ、それ以上に新鮮味や感銘を受けることもなく、書かれていることはいたってふつうのことでした。まさにタイトルどおり内容もシンプル。突っ込みどころもないですが、引っかかりもない本でした。
期待が大きかったのかな?というのが偽らざる感想です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/24 00:22

投稿元:ブクログ

先日LINEを辞めた元社長の著書。章のタイトルだけ見ると、えっ?というものもあるが、読むとなるほどねーという感じ。最近対峙しているある経営者の言動とかぶるところがあり、手をとってみた次第。
すべてを顧客にフォーカスした行動原理を徹底しているのが素直にすごい。もちろん、スタートアップ企業だからこそ、成熟市場ではないからこそ徹底できた点もあると思うが、実績を作った人の言葉は重みがある。下記は記憶に残った章。
・ビジネスは「戦い」ではない
・経営は「管理」ではない
・自分の「感性」で生きる
・「成功」は捨て続ける
・「偉い人」はいらない
・「ビジョン」はいらない
・「計画」はいらない
・「情報共有」はしない

2015/10/13 06:35

投稿元:ブクログ

ビジネスの本質はユーザーが本当に求めているものを提供し続けること
やりたいことをやらせる環境を整えるのがマネージャーの仕事
シンプルに考えて不要なものはなくしていく

2015/07/20 18:28

投稿元:ブクログ

☆2.5
企業にとって採用はきわめて重要、という点には同意だよ。企業が継続的に目的を果たして成長していくためには、企業へのインプットがまず良くないとならない。しかし同時に、良い人材に成長の機会がちゃんと与えられるような会社にもなっている必要がある。むしろこっちが先かな。良い循環を作っていけるように働きかけたいな。

2015/10/03 23:21

投稿元:ブクログ

ほかと差別化することでもなく、コストを下げることでなく…たいせつなのはただ一つ、お客さんのニーズに応えること。
このような価値観がLINEを生みだしたと思うと、なんだか妙に納得!

難しかったり個性的だったり凝った内容の仕事術本より、だんぜん説得力があり、自分も取り入れたいという気持ちになります。

2015/11/05 21:34

投稿元:ブクログ

LINE(株)の社長退任を機にまとめたという本書。ネット・ビジネスのスピード感と、ユーザーが求める良いものを作りたいという社員あってこその経営観が披露されている。ビジョンも計画も会議も情報共有もいらないという、一見非常識な主張は、実はシンプルに本質的なものだと納得した。
15-232

2015/12/13 08:30

投稿元:ブクログ

Line元社長森川氏による自身のキャリア振り返り。NTVからSONYを経てLINEに移った本人の経験に基づく、大手、ベンチャーの切り口は適切。自身の為に、とダントツのサービス(製品)の為に、問題の根源はあると感じた。メモ。
(1)自分の感性で生きる。それがいい仕事をする絶対条件なのです。
(2)いい結果を生み出す為には優秀な人が余計な事に惑わされず速いスピードで動ける環境が必要です。
(3)リーダーとは夢を語る人。夢に共感するメンバーの先頭を切ってチームをリード出来る人が本当のリーダー。
(4)不安によって神経が研ぎ澄まされる。だからこそユーザーの変化にも敏感に反応できる。

2016/01/24 21:32

投稿元:ブクログ

企業規模によって通用するエッセンスとそうでないものが詰まっている気がする。が、まずは自分の意識を変えることから。取り込めるものは前向きに取り組みたい。

2016/05/22 11:00

投稿元:ブクログ

【No.142】「不安だからこそ、自分なりに先を見通す努力をして、何か変化があったときに素早く対応できるように準備をする」「企業とは人の集まり。どんな人が働いているかによって企業文化は決まり、企業の盛衰は決まる」「すごい人は、人一倍腕を磨こうとする。自分自身の要求水準が高いから、生半可な技術では自分を満足させることができない。だから誰に言われるまでもなく努力する」「優秀な人ほど喧嘩をしない。勝ち負けにこだわるのはダメな人。自分の正しさを守るために、相手を攻撃してやまないだけ」「いなくてもいいと評価されれば、ショックを受ける人もいる。しかし本来は日ごろからそれを感じ取って、自らを成長させるべく努力をしていなければおかしい」「主体性を教育することは不可能。やる気のある人は、自分に必要だと思えば、勝手に勉強を始める。主体性がなければ、絶対にいい仕事はできないし、活躍することもできない。”自分には足りないものがある””このままでは誰にも必要とされない”とれに気付いたときにはじめて、人は真剣に学び始める」「いい成果を生み出すためには、優秀な人が余計なことに惑わされず、速いスピードで動ける環境が大事」「失敗の原因を突き止めて、次のチャレンジに生かす。諦めずにそのサイクルを回し続ける。泣いたり笑ったりしながら、一歩ずつ前に進み続ける。生きるとはそういうこと」「計画をつくることを仕事とする「事務方」はいらない。「事務方」が権威を持つと、ユーザーに喜ばれるものを作り出すことよりも、計画を達成することが目的になってしまう。さらに深刻な弊害は、計画には失敗がないということ。「事務方」は計画をつくり、その実行を現場に求める。計画どおりにいかなければ、それはすべて現場の責任。「事務方」が責任を問われることはない。これが本質的に正しいことなのか、僕ははなはだ疑問」

2015/07/20 23:25

投稿元:ブクログ

とても真っ当な経営論。特にIT企業のトップがどうやって優秀なエンジニアの力を発揮させるか、ということについては清々しいほど本質を突いている。当たり前のようなことだけれども、多くの企業が実行出来ていないことを、森川氏はときに無慈悲にやってのける。その覚悟や割り切りが経営者には必要なのだろう。ゲーム会社からコミュニケーション企業に変化したその対応力は、そういった変化を恐れない思考によって培われたのだろう。

2016/01/11 18:10

投稿元:ブクログ

「シンプルに考える」=「余計なものは全部やめる」という理解。なかなか会社によってやめられない状況もあると思うが、情報過多、無駄な作業が多い職場では効果があることもあるかと思う。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

サイト内検索

キーワードを入力