サイト内検索

詳細検索

【店舗・HB】今日のお買い物「全額」分hontoポイントプレゼントキャンペーン(エントリー)(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 中国大減速の末路 日本はアジアの盟主となる
中国大減速の末路 日本はアジアの盟主となる
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/06/19
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/212p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-44416-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

中国大減速の末路 日本はアジアの盟主となる

著者 長谷川 慶太郎 (著)

「新常態」は失敗に終わり、習近平は「最後の皇帝」となる! 経済成長の終わりが意味するもの、中国崩壊のシナリオ、日本経済の黄金期…。日本経済の命運を左右する、中国崩壊後の経...

もっと見る

中国大減速の末路 日本はアジアの盟主となる

1,620(税込)

中国大減速の末路

1,296(税込)

中国大減速の末路

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「新常態」は失敗に終わり、習近平は「最後の皇帝」となる! 経済成長の終わりが意味するもの、中国崩壊のシナリオ、日本経済の黄金期…。日本経済の命運を左右する、中国崩壊後の経済大局を読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

「新常態」は失敗に終わり、習近平は「最後の皇帝」となる!
崩壊が目前に迫った中国の現状と、日本の命運を左右する中国崩壊後の世界経済の大局を読み解く。
著者最新の国際情勢・世界経済分析。

これまで中国経済は、大規模な都市開発や高速道路、高速鉄道建設といった膨大なインフラ整備による投資主導での経済成長を果たしてきた。いわば、国家主導の「国土開発バブル」で高度成長を実現させてきた。しかし、いまや、この「国土開発バブル」による成長モデルが完全に崩壊してしまったのだ。
中国は、早急にこれまでの投資主導による経済路線を改めなければならなくなった。「量から質」への転換とはそのことである。ただ、この「量から質への転換」はそう簡単に実現できるものではない。そのさじ加減を誤れば、これまでの「国土開発バブル」を請け負ってきた中国国内の企業、具体的には鉄鋼会社や建設会社、セメント会社や鉄道車両会社、さら不動産デベロッパーといった膨大な数の企業が一気に破綻の危機に陥ることになる。そうなれば、危機は経済分野だけにはとどまらず、社会秩序の混乱を経て、最終的には共産党独裁という政治体制までもが危機に直面することになりかねない。
 だからこそ、中国は多少強引にでもAIIBの創設を急いだのである。国内需要が飽和に達したいま、労働者も含めた自国企業の設備を海外へと展開させることができなければ、経済破綻、国家破綻の危機に直面してしまう。そうならないために、AIIBによる融資で資金を手当てし、海外の開発やインフラ整備事業を、自国の過剰供給をさばく格好のはけ口にしようとする思惑が見え見えなのだ。まさに、追い詰められた中国が「中国による、中国のための銀行」をつくったのがAIIBなのである。(本書・序章より)
【商品解説】

目次

  • 序 章 中国主導のAIIBは「窮余の一策」にすぎない
  • 第1章 日中冷戦に敗れた中国の惨状
  • 第2章 個人独裁を目指す習近平の愚
  • 第3章 ソ連末期に似た新常態 ~中国崩壊は目前に迫っている
  • 第4章 中国崩壊後の世界 ~デフレはますます深化する
  • 第5章 日本が世界市場を席巻する ~日本経済再び黄金期へ 

著者紹介

長谷川 慶太郎

略歴
〈長谷川慶太郎〉1927年京都市生まれ。大阪大学工学部卒業。新聞記者、証券アナリストを経て、多彩な評論活動を展開。国際派エコノミスト。著書に「中国崩壊前夜」「世界の未来は日本次第」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)

2015/10/03 18:38

投稿元:ブクログ

2015/9/29:読了
 この30年間、膨らまし続けた経済が、このまま軟着陸するか、崩壊するか、さてどっちなんだろう。
 VWが500万台から1000万台に車の生産を伸ばしてきたのと、似ている...
 ごまかしで規模拡大し、誤魔化しきれなくなって立ち止まっている状況は、同じ人たちがやっていると思えるほどだ。

2015/10/02 23:44

投稿元:ブクログ

始めからちょっと違うんじゃないのと思わされるほど、日本に都合の良い筋書きばかりを妄想していて戯言のような話に聞こえる。実際に昨日もインドネシアで新幹線の受注に負けたばかりだし。

2016/02/07 23:13

投稿元:ブクログ

ザーっと飛ばし読み!

昨年の中国ショックを契機に読んでみたが
やはり嫌中安部褒めの非知性主義本か
行間もやたら広く論旨の裏付けは浅く、ずいぶん急いでまとめ上げたかのよう

ただ、2015/7の時点で上海株の暴落を予想していたのは慧眼

国民に豊かさを与えるために地方政府に高い経済成長を強いている共産党政権
地方政府の債務問題と過剰投資、シャドーバンクの正体、AIIBの目的 という関連性をいわば強引に紐解いているのは、おもしろい

しかし、尖閣問題を日中冷戦と呼ぶのはオーバー、嫌中をあおるかのようだ!

やはりこの著者は・・・
巻末にはお決まりの成長分野紹介

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む