サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 11
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 11(ガガガ文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2015/06/24
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/321p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451558-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 11 (ガガガ文庫)

著者 渡 航 (著)

一色いろはの依頼を受け、バレンタインデーのイベントを手伝うことになった奉仕部。そのイベントは三浦や海老名、川崎などいつものメンバーも加わり、より大規模なものになっていく。...

もっと見る

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 11 (ガガガ文庫)

680(税込)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11(イラスト簡略版)

324(税込)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より356おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11

680(税込)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 11」が含まれるセット商品

商品説明

一色いろはの依頼を受け、バレンタインデーのイベントを手伝うことになった奉仕部。そのイベントは三浦や海老名、川崎などいつものメンバーも加わり、より大規模なものになっていく。穏やかな空気の中、だんだんと見過ごせなくなってくる小さな違和感、慣れないことで戸惑っているのだと自分に言い聞かせようとしても誤魔化せない気持ち。この時間がずっと続けばいいのかもしれない。何も気づかないほうが良かったのかもしれない―。提案される「彼女の相談、彼女の依頼」。雪は静かに降り積もり、彼ら、彼女らの景色を変えていく。【「BOOK」データベースの商品解説】

一色いろはの依頼で、バレンタインデーのイベントを手伝うことになった奉仕部。この時間がずっと続けばいい、何も気づかないフリをしていればいいのかもしれない。提案される「彼女の相談、彼女の依頼」とは…。【「TRC MARC」の商品解説】

まちがい続け、いつまでも手の届かない答え

一色いろはの依頼を受け、バレンタインデーのイベントを手伝うことになった奉仕部。そのイベントには三浦や海老名、川崎などいつものメンバーも加わり、より大規模なものになっていく。穏やかで暖かな空気の中、だんだんと見過ごせなくなってくる小さな違和感、慣れないことで戸惑っているのだと自分に言い聞かせようとしても誤魔化せない気持ち。
本物から目をそらしてでも、この時間がずっと続けばいいのかもしれない--。
何も気づかないほうが良かったのかもしれない--。
提案される「彼女の相談、彼女の依頼」。
雪は静かに降り積もり、彼ら、彼女らの今という景色を変えていく。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.1

評価内訳

電子書籍

俺の青春ラブコメはまちがっている

2016/03/28 16:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モミジ - この投稿者のレビュー一覧を見る

俺ガイルは主人公の八幡が残念な青春ラブコメをおくっていくというかんじです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アニメは見てません

2015/06/28 00:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:試行錯誤 - この投稿者のレビュー一覧を見る

バレンタインデーのイベントのお話
どうやら同時期に放送していたテレビアニメ版でもやった模様

美少女2人とヒッキーが平和にキャッキャウフフする話を登場人物達は望み、
読者の多くも、たぶん作者も望んでるんだけど、
それで終わらせず、終われないひねくれ方をしたヒッキーと作者の渡航が凄い

会話のテンポさ軽妙さ、描写、ストーリーの転換といった力量があったうえで、
このひねくれ方が、この作品の味・面白さなんだろうなあ

あと、熱心に戸塚君をイベントに呼んどいて、当日は放置気味のヒッキーは
ちょっとヒドイと思いましたw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

紙本の後にすぐ電子書籍版出たばっかなのに・・・

2015/06/28 00:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:race猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今やってる俺ガイル13話がちょうど1話分、この巻の内容って感じ。
先に放送を見てしまったせいか、なんか新鮮味が薄かったです。
最新巻なのに・・・。まさかテレビ放送最終話が出たばっかの内容とは
誰が思うんでしょうか。なんか損した気分です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/12 19:02

投稿元:ブクログ

物語も佳境、ではあるのでしょうが今回はイベントもあまり盛り上がらなかったし、半端なところで終わってるのでいまいち。続刊に期待ですね。

2015/06/27 13:27

投稿元:ブクログ

そろそろ物語全体も終わりに近づいてきてるようですね。

葛西臨海公園の観覧車と水族館を使った比喩表現が見事です。

2015/07/11 17:30

投稿元:ブクログ

内容的には久々に?軽めの依頼を受けた奉仕部。前半は割とほのぼのしてたけど、後半雪ノ下姉が絡んできてからは予想通り重たくなってきました。雪ノ下母同様ラスボスポジなんでしょうなぁ…。最後はどう締めてくれるか、待ちたいと思います。みんな笑いあえるラストだといいんだけど…

2015/06/26 14:16

投稿元:ブクログ

原作の出版よりアニメのOAが数日だけ先行した。そこから推測するのは、本書の執筆がアニメ制作と平行しておこなわれたのではないかということ。

アニメは何らかの終幕を持たねばならず、原作はこれから後も続く。その両立を図ったためか、特に本書の後半部分にあたるバレンタイン当日のエピソード(アニメでは最終第13話にあたる)がいかにも歯切れの悪いものとなっている。

本書前半部分のチョコレート作りエピソード(アニメ第12話にあたる)が、いつも通りの勢いで描かれているので、本書最後の部分(アニメ第13話Bパート)の3人の会話の中に見られる各自の意思や論理の曖昧さが特に目立ってしまっている。

次作第12巻では、本書でぼやかした部分に修正を加え、俺ガイルの本筋をハッキリと示して欲しいと思う。

2015/08/05 17:06

投稿元:ブクログ

バレンタインを前にしたチョコ作りイベント。いちいち挑戦的な陽乃の言葉。小町の入試、入試当日の3人のデート。長い間続いてきた面倒な人たちの面倒な結論がようやく近づいてきたラスト。一番頼りないように見えた結衣ちゃんが、実は一番行動力があった。楽しい時間は永遠に続かない。でも彼らに彼らなりの納得できる結論が訪れますように。

2015/10/25 22:47

投稿元:ブクログ

前半2/3くらい、これいる??
9〜11巻くらいまで一冊にまとめても問題ないのでは。
そろそろ畳もうぜ。

2015/07/08 00:29

投稿元:ブクログ

うん、わからん。おっちゃん歳だから物忘れはげしくて、ガハマさんの依頼とか何のことだっけ状態ですわガハハ。
正直いってこの人たちが何について悩んでるのかもさっぱりですわ…恋愛なの?三角形であだち先生的な事なの?それとも青春にありがち?な?モヤモヤした当人たちにも解らない何かなの?…なるほどわからん。

2015/10/29 11:39

投稿元:ブクログ

ひさびさに穏やかな雰囲気の奉仕部を見た気がする11巻。そしてそれを案の定ぶち壊す陽乃さんときたら。
お礼のことも例の勝負の件のことも正直よく覚えてないけど(苦笑)、それだけ長く続いてるということか。
物語は佳境を迎え、アニメも2期やって人気が出ただけに締め方も難しいだろうけど、ぜひ納得いくラストを!

2015/06/29 17:19

投稿元:ブクログ

【本物】とは何か。
どこかで「それ」が見えても、見えないようにごまかして過ごしてきた…。
そして迎える後悔。
だから、今度は間違わないように。
でもまた懲りずに繰り返し間違えてしまう…。
実生活で経験してきたことが、このシリーズを読むと、いつもドロッと胃の腑に染み込んでくる。

平塚先生は、感じるのではなく、考えろという。
だから、三人が出したそれぞれの決意も、正解・不正解ではなく、【本物】なんだろう。

今回も個人的に納得の一冊だった。三人それぞれが出す答えをあれこれ想像(考え)しながら、次巻も期待したい。

2016/04/02 13:32

投稿元:ブクログ

ただラブコメしているだけでは満足できなかったのか、これから自分はどうするのか将来の問題がキャラクター達に突きつけられる。高校生は適当でもいいとは思うんだがなあ。

2015/06/27 00:05

投稿元:ブクログ

評価:☆4

※発売直後のためネタバレ注意

前半、というか3分の2はアニメ12話で既に放送されたバレンタインデーイベント。
相変わらずいろはすあざと可愛いw
楽しいイベントのようになるがあねのんから「それが比企谷くんの言う本物?」と鋭い一言が。

終盤は結衣からの誘いで三人で水族館へ。
「三人で、行きたいの…」
八幡と二人で行くはずだった約束、でもゆきのんが家のゴタゴタで苦しんでるときに2人では行けなかったってことなのかな。二人でいるよりも三人でいることを選んだと。

観覧車のように不安定さを偽りながら同じところを周り続ける関係も終わりが来る。
結衣の全部欲しいという発言はどういうことなんだろうね。三人の関係は保ちつつも八幡と付き合いたいとかそういうこと?何そのWA2的展開。
結衣は三人の関係を望んでるような気もするけど。
最後の方の会話はぼかした会話で一回読んだだけじゃわかりにくかったからまた読み返してみよう。

しかし1011とこうも進まないとやっぱりモヤモヤする。
人気あるからスパッと終わらせにくいのかもしれないけど、変に引き伸ばさないで欲しいな。

2015/06/25 16:00

投稿元:ブクログ

奉仕部も一区切りついて束の間の平和。
そして、バレンタインデー。
今回はバレンタイン中心のお気楽極楽回かと思いきや、
バレンタイン半分の、クライマックスへ向けた雪乃回でありました。
この調子なら次の巻が最終巻と言う事にもなりそうですけどどうなのでしょうかね。
まあ、次の巻でようやく謎だった雪ノ下家の事情が分かったり、葉山の事情も分かったりするのかなあ。
今回はお気楽回だと思っていた分、お気楽要素が足りなかったのが辛い所。
次の巻もそう簡単にお気楽な展開になりそうにはないので、BD特典に期待しますか……(w

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む