詳細検索

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

せんそうしない

せんそうしない せんそうしない
  • 発売日:2015/07/16
  • 出版社:講談社
  • サイズ:27cm/25p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-06-219549-2

絵本 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

せんそうしない

江頭 路子 (著)

  • 全体の評価 未評価
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×

紙書籍

1,404 ポイント:13pt

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

1,134(10pt) せんそうしない

紙書籍より:270円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

ちきゅうにいきるいきもののなかで、せんそうをはじめるのはにんげんだけ。それもおとなだけ。戦後70年、戦争と平和を考える本。【「BOOK」データベースの商品解説】ちきゅうに...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

ちきゅうにいきるいきもののなかで、せんそうをはじめるのはにんげんだけ。それもおとなだけ。戦後70年、戦争と平和を考える本。【「BOOK」データベースの商品解説】

ちきゅうにいきるいきもののなかで、せんそうをはじめるのは、にんげんだけ。それも、おとなだけ-。詩人・谷川俊太郎とイラストレーター・江頭路子のコラボで生まれた、戦争と平和を考える本。【「TRC MARC」の商品解説】

ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
きんぎょと きんぎょも せんそうしない
くじらと くじらは せんそうしない
まつのき かしのき せんそうしない

谷川俊太郎の言葉で語られる戦争への思い、江頭路子の絵の透明な生命力が融合して、ひとつの世界観を作り出しています。人間の知恵はどこにあるのかを、静かに問いかける絵本。【商品解説】

著者紹介

江頭 路子

略歴
〈たにかわしゅんたろう〉1931年東京生まれ。詩人。詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表。
〈えがしらみちこ〉1978年福岡生まれ。熊本大学教育学部卒業。イラストレーター、絵本作家。

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

子どもたちに伝えないといけないこと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/13 07:28

評価5 投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦後70年を迎えた今年、高齢化によって戦時中のことを知る人が減少していることが問題化している。どのように子どもたちに戦争の悲惨さを伝承していくか。
 それは戦後生まれの私たち全員が考えなければならない問題だろう。
爆弾が落とされ、街が燃え上がったことを知らない私たち。食べ物がなく、飢えてなくなった人がいることを知らない私たち。銃剣で子どもを殺したことも、殺されたこともない私たち。愛する人を戦地に送りだしたことのない私たち。その人が帰ってこなかったことさえ知らない私たち。
 そんな私たちが、どのように戦争はよくないんだよと伝えていけばいいのだろう。

 安保法案を推し進めようとする政治家たちの多くも戦後生まれだ。それでも、戦争までの距離を何歩も縮めようとするのはどうしてだろう。
 知らないからできるのだろうか。
 そうではないような気がする。
 知らなくても、私たちは想像できる。戦争のことを想像できる。燃える街のことも殺したり殺されたりすることも想像できる。
 ちいさなきっかけで。ちいさな言葉で。
 それがこの絵本なのかもしれない。

 詩人のたにがわしゅんたろう(谷川俊太郎)さんがやさしい日本語で、戦争反対をうたった絵本。
 ひらがなだけで書かれてはいるけれど、最初は大人が読んであげるのがいいかもしれない。
 言葉のリズムが子どもたちに想像の翼を広げさせるはず。
 次は子どもたちが自分で読んでみると、いい。声を出して読んでみると、いい。
 想像の翼は、きっと強く大きくはばたくだろう。
 「せんそう しない」。
 書かれていることは、少しも難しくはない。何故、「せんそう しない」かが明確にわかる。
 誰も殺したり殺されくないからだ。
 そんな簡単なことが、国を守るとか子どもを守るみたいな、あるいは法案説明の難解な答弁で歪められていくのは、おかしい。
 子どもたちに国会での大人の声が理解できるだろうか。

 えがしらみちこ(江頭路子)さんの描く、男の子と女の子。
 この子たちの未来を。私たちは守れるだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

こんなふうに言われたら

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/10/28 06:22

評価4 投稿者:ふくちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

声だかに「せんそうはだめ」と言われるよりも
こんなふうに言われたら偉い人たちも感じることができるのかな
わいんと にほんしゅ
うみとかわ つきとほし 
ちょうちょと ちょうちょう はせんそうしない
ですからね

水彩画の絵も親しみやすくおよそテーマとは関係ないような
絵柄です
子どもたちに読んでいます、大人だけにも読んでいます
読むだけでちゃんと意味は通じますね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

良いような悪いような

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/20 21:06

評価3 投稿者:たぬき - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名な詩人の新作。ホットなテーマ。ということで買ってみたが、もともと詩を解さない人間には難しかった。人に読み聞かせてみたところ、「それで、何が言いたいの?」と言われてしまった。言いたいことは「せんそうしない」!につきると思うが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価0 投稿元:ブクログ

2015/07/24 20:03

手にする機会があり、ぱらぱらよみ。

戦争しない生きものがほとんどの地球、なのに?

戦後70年、安全保障関連法案、こんなご時世だからこそ、な絵本だ。
どうして戦争しなければいけないんだろう。
戦争ではなく解決策・和解案はないのかな。
薄気味悪い。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/08/30 11:34

ちょうちょや、きんぎょや、すずめやかもめ・・・自然の生き物は戦争をしない。人間の子どもも、ケンカはするけど、せんそうはしない。


谷川俊太郎の詩と、江頭路子さんの水彩のイラストが素敵な絵本。


くりかえされる「せんそうしない」に、なんとなく、決意みたいなものも感じてしまう。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/10/08 20:55

ちょうちょとちょうちょはせんそうしない
きんぎょときんぎょもせんそうしない

こどもとこどももせんそうしない
けんかはするけどせんそうしない

男の子と女の子が海へかけていく、そんな場面場面が谷川さんの詩とマッチしていく…
日常の中にある大きなテーマ。
せんそうが身近に、自分と関係あるものに感じられる。

それでいて説教のようではない。
当たり前のことがただ淡々と語られているから、すーっと自分の中に入ってきて、自分の問題になる。

水彩の絵が淡く、優しく、きれい。
こんな世界が当たり前でなくなるのか。
守りたい、と思った。

子供にも大人にもわかりやすく、
それぞれがせんそうについて思いを馳せられるような絵本だと思う。

8月、終戦記念日などに思い出して毎年読んで考えてみたい絵本。

評価5 投稿元:ブクログ

2016/04/16 11:26

こどもと こどもは せんそうしない
けんかはするけど せんそうしない

詩のなかで繰り返されるこの言葉だけを子どもたちに伝えたくて、爽やか・楽しい時間にすることを心掛けていた月曜朝の読み聞かせの時間に読みました。

難しいことは考えなくていい。ただ、「せんそうしない」という気持ちだけ持っていてほしい。
少しでも、届いていますように。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.