サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 蓮花の契り 出世花
蓮花の契り 出世花(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 70件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/06/13
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-3910-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

蓮花の契り 出世花 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

著者 高田 郁 (著)

三昧聖として湯灌場に立つお縁は、死者の無念や心残りを取り除くように、優しい手で亡骸を洗い清める。文化3年から翌年にかけて、江戸の街は大きな不幸に見舞われ、それに伴い、お縁...

もっと見る

蓮花の契り 出世花 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

648(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

三昧聖として湯灌場に立つお縁は、死者の無念や心残りを取り除くように、優しい手で亡骸を洗い清める。文化3年から翌年にかけて、江戸の街は大きな不幸に見舞われ、それに伴い、お縁の運命の歯車が狂い始める…。完結。【「TRC MARC」の商品解説】

下落合にある墓寺・青泉寺で、亡くなった父が弔われる姿に感銘をうけたお艶は「縁」という新しい名前を授かり、「三昧(さんまい)聖(ひじり)」として湯灌場に立っていた。ある日、桜花堂の仙太郎から、暫くのあいだ縁を預かりたいとの申し出があった。実母お香の居る桜花堂で暮らし、町娘として生きるのか、三昧聖としての人生を全うするのか、岐路を迎えて縁は悩む。おりしも文化四年、八月。永代橋で大事故が起こり、縁もこれに巻き込まれる。果たして、縁はどんな人生を選ぶのか。複雑に絡まりあった母と子の運命は!?感動の物語が堂々の完結!!【本の内容】

収録作品一覧

ふたり静 9−78
青葉風 79−150
夢の浮橋 151−222

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

涙の完結

ジュンク堂書店福岡店さん

江戸時代の納棺師「三昧聖」として生きる少女の姿を描いた時代小説『出世花』の続編がとうとう発売された。
これだけ慈愛に満ちた物語を読むのは久しぶりだ、と思う。
屍荒いと罵られながらも、彼女はけしてそこから逃げ出そうとはしない。
こわばった身体を湯の中でやさしくほぐし、髪をすき、詰め物をほどこし、やせた頬には綿をつめ、頬紅をさす。
慈しむように清められ、まるでただやすらかに眠っているかのようになったその姿は、苦しみぬいて逝った本人だけではなく、苦しむその姿を見守ることしかできず、心を引き裂かれる想いであったに違いない遺族の心をも、やわらかく救ってゆく。
信心深い者も、そうではないものも、この少女に対しては、自然と手をあわせ拝みたくなるに違いない。
誰も死から逃れることはできない。
そしてその死の数だけ、ひとの物語がある。
涙なしには読めない、高田郁傑作時代小説だ。

みんなのレビュー70件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

主人公の清らかな心に感動!

2015/10/30 20:26

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、「出世花」の続きが読みたくてたまらなかった。主人公や周りの人々のその後がどうなるのか、気になってしょうがなかった。
主人公のお縁はその後も迷いながらも、しっかりと生きていく。
母親との確執も、自分の決断で乗り越えていく。
そして、「三昧聖」として一生を仏に捧げると決めたお縁に、尊敬と感銘を受けました。
身分の高い人も、貧しい人も、お金持ちの人も、どんな人にも死は平等に訪れる。
置かれた環境でどう生きるかによって、生きる価値は必ずあるんだと思わせてくれたこの物語りに感謝したいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

凛として強く、厳かに生きる道を定めたお縁

2016/01/04 13:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

強い。なんと強いことか。お縁よ。出家せず三昧聖として湯灌場で生涯働くことを、本当に決心するまでの長い道のり。その道のりには人情からうまれる、断り難い選択肢が数多現れる。お香を初めて「母上」と呼び、叶う事なかった母の胸に抱かれたとき。あや女の子供を抱き、生身の人間の重み、香り、温かみを感じ取ったとき。そして正念と夫婦になることを一瞬でも考えてしまったとき。でもお縁はふりきった。何が自分の役目なのかということを悟り。まさに泥から咲き、泥に染まらぬ蓮花の如く凛として美しく強く。この様に生きれたら。凛と咲きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長患いと三昧聖

2015/07/01 13:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:takapanda - この投稿者のレビュー一覧を見る

湯灌に携わる三昧聖の結びのお話は、心が洗われるものだった。
縁を大切に、人を思い、心をこめて浄土に送る清らなひとの慈愛の生のお話。

読了後、利己的ながら真っ先に思ったのは、なぜか自分の身体への慈しみだった。

私は長患いで、身体が少し損なわれている。
痛いところばかりで、ひそかにいろんなところで変形も始まっている。
ずっとそれを理不尽に思って、何でこんなんなのと、仕打ちを嘆き、動かず痛む身体を責めてばかりいた。

それでも自分の身体がずっとがんばってくれていたこと
悲鳴をあげながらも耐えて壊れず支えてくれていたこと
長い間それに感謝もせずに過ごしてきたこと

ぜんぜん気づいてあげられていなかったね。本当にごめんね。
ずっと支えてくれてありがとうと、自分のパーツたちへ、心から思って、ほぐすようにマッサージをした。

まわりの人への感謝はもちろんだけど、自分の身体にも、慈しみ大切にする気持ちが初めて宿った。
なんだか呪縛を解かれたこころもちがする。不思議と。

三昧聖が、心の奥底にある澱を、雪いでくれたのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しあわせな結末。

2016/08/22 20:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えびまもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻もですが、まったく知らない時代・生業のお話ながら、引き込まれてあっという間に読んでしまいました。
どんな環境にあってもしっかり自分を貫くお縁に、自分の日頃の小さな迷いを吹き飛ばしてもらえる気がします。
完結してしまったのが残念ですが、すてきな結末にほっとしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

続編

2015/08/19 14:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かち - この投稿者のレビュー一覧を見る

まさか続編がでるとは。

高田先生のお話はいつも心がキュっとします。
読み終わるととても優しい気持ちになれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/06 12:07

投稿元:ブクログ

この俗世において、お縁さんのように生きるのは難しいです。読んでいて、なんでもない場面なのに、それまでの経緯がフラッシュバックして、なぜか涙が出てくることがあります。作り方が上手なんですね。

2016/05/29 00:26

投稿元:ブクログ

みをつくし料理帖シリーズが有名な高田郁さん。
「出世花」の続編で、こちらはこれで完結。

お墓だけの寺・青泉寺に行き着いた娘・艶は、「縁」という名を授かります。
尼ではなく「三昧(さんまい)聖(ひじり)」の正縁として湯灌場に立ち、心をこめて清める日々を送っていました。
前作から数年後。

和菓子屋の桜花堂の若い主・仙太郎が、縁を預かりたいと申し出ます。
縁の実母・お香のいる桜花堂でしばらく暮らして欲しいと。
住職らは、町での暮らしも経験してみるように勧めます。
母の本心は、やや無理があると知りつつも、このまま跡を継いで欲しいというもの‥

町娘として生きるのか、三昧聖を続けるのか、それとも尼になるのか?
一方、兄弟子にも突然故郷からの連絡が入り‥
そんなとき、永代橋で大事故が起こり、縁もこれに巻き込まれて、思わぬ余波が‥!?

この清らかさは高田郁さんならでは。
複雑に絡み合った事情を抱えて、生きる道を模索する正縁。
真面目で善良なのにもほどがあるってぐらい、ちょっとストイック過ぎるほどですが‥
信じる道を、信頼できる人とともに歩む。
天災に遭遇した人々とその遺族への思いがこれほどになるのは‥
お気持ちが胸にしみます。

2015/07/31 10:28

投稿元:ブクログ

「出世花」の続編ですが、前作を読んでいない俺にも特に支障はないようでした。けなげに苦労する女性の生き方が描かれるという著者の王道パターンですが、二番煎じや飽きを感じさせないところもまた著者の実力でしょう。

2016/07/23 14:29

投稿元:ブクログ

こちらが続編とは気づかず、図書館から先に借りてしまった。
とは言え、前作のエピソードが述べられていた為、特に問題なく。
(その後、出世花も借りて読んだが。)

高田さんの描かれる女性は、他人(ひと)の苦しみ心の痛みを理解できる。
そして他人(ひと)に優しくできる。
文章もしみじみと優しくて、こちらを包み込むよう。
だから読後感もすばらしい。

最後はそうなるのか、と思い、納得。
お縁を嫌う女達(前作のお紋、本作の名前忘れたけど仙太郎の嫁)も
お縁の美点と己のいたらなさが分かっていて、
そこを昇華できないから嫌うんだろうな、
彼女らの哀しみも描かれていたから納得。

2015/08/08 16:54

投稿元:ブクログ

『出世花』の続編であり、完結編でもある作品。

『出世花』を読んだのが、かなり前でしたので、再びお縁たちの話が読めて幸せです。
様々な迷いや葛藤を乗り越えてのラストは、表題にふさわしく、蓮花を思わせるものだったと思います。

2015/07/07 12:16

投稿元:ブクログ

全1巻。
デビュー作『出世花』の続篇で完結篇。

うーん。
判断に迷う。

『出世花』の続篇を願うファンの声が多く、
今作を発表したとのことだけど、
よかったのかどうか。

前作の様々なエピソードの続きで構成されていて、
最終的には主人公自身の幸福とはってとこに
落としこまれてるんだけど、
三枚聖の仕事については前作の方が良かったし、
事件の謎解きとかも前作の方が自然だし、
アクセントになってたと思う。
終わり方も悪くはないけど物足りない。
個人的には母を弔うとかで終わると思ってた。

決してつまらなくはないんだけど、
前作のファンブックって感じがした。
ファンとしては嬉しいけど、
物語としては蛇足なのかも。

2015/08/05 12:37

投稿元:ブクログ

「ーー私の中身はそんな欲で一杯で、あなたはひととしての格が違う。」
仙太郎さんに同意。凡人な自分としては、お縁には凡人としての幸せを掴んで欲しかったけど、人それぞれかね。

2015/06/15 20:29

投稿元:ブクログ

これからながくながくシリーズが続くと期待してたので、完結刊だったことにちょっとびっくり。
でも、読めてよかった。
いろいろと、ゆるゆると氷解して、最後の場面へ辿りつけてよかったなぁーと。

2016/06/22 23:33

投稿元:ブクログ

後編?最終話?
色々問題は起きるが、最後は行違った母娘が一緒に
永代橋の崩落も絡め三昧聖に生涯に

2015/09/11 20:34

投稿元:ブクログ

 続編にして完結編。
 これを読む前に出世花を読み返すべき!と強く主張したい所。

 <以下ネタバレ>
 うん。もうね、安易でもいいからくっついちゃいなよって思いました。
 あと、タイトルからして結末は予測出来てしまいますから! タイトル変えた方が良かったんじゃないかなぁとすこし。