サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説・文庫・ラノベポイント2倍(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 社内プレゼンの資料作成術 3分で一発OK!
社内プレゼンの資料作成術 3分で一発OK!
社内プレゼンの資料作成術 3分で一発OK! 社内プレゼンの資料作成術 3分で一発OK!

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/08/01
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:21cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-06152-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

社内プレゼンの資料作成術 3分で一発OK!

著者 前田 鎌利 (著)

シンプル&ロジカル−。これが、社内プレゼンの鉄則。「5〜9枚」で説得力を生む方法、「1プレゼン=1テーマ」の鉄則など、著者がソフトバンクで培ったプレゼン資料の作成術をすべ...

もっと見る

社内プレゼンの資料作成術 3分で一発OK!

1,728(税込)

社内プレゼンの資料作成術

1,555(税込)

社内プレゼンの資料作成術

ポイント :14pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

シンプル&ロジカル−。これが、社内プレゼンの鉄則。「5〜9枚」で説得力を生む方法、「1プレゼン=1テーマ」の鉄則など、著者がソフトバンクで培ったプレゼン資料の作成術をすべて公開する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

前田 鎌利

略歴
〈前田鎌利〉1973年福井県生まれ。東京学芸大学卒業。移動体通信事業に従事。ソフトバンク子会社の社外取締役や、社内認定講師として活躍。2013年独立。全国でプレゼンテーション・スクールを展開。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

実践的なテクニックが詰まった良書

2016/01/05 08:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおや - この投稿者のレビュー一覧を見る

実際に使えるテクニックがいっぱい詰まった良書です。
図解を見ていくだけでも勉強になるので読み進めるのが苦になりません。
社内プレゼンだけでなく、社外のプレゼンでも十分に使えそうだと思いました。
ベースさえしっかり作ってしまえば、今後の作業効率をグンと引き上げてくれそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大変参考になりました

2015/10/15 20:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

社内プレゼンを控え、たまたま手に取りました。
非常にわかりやすく、すぐに役に立ちました。
プレゼン資料作成の基本的な考え方として、これからも活用させていただきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小学生の自由研究にも!

2015/09/03 16:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じょーかいぼん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルは短いほうがいい、相手の要求にフィットした内容がいい
…そういうことは、漠然とわかっていたものの。
ここまでクリアに整理されると、感服です!

それに、きれいでシンプルな文体が気持ちいい。
一番の秘訣は、コレなのではないかと思います。

分かりやすいので、小5の娘も拾い読み。
以下、三箇条を守って書いていました。
・タイトル13文字以内
・左ビジュアル、右メッセージ逆L字
・仮説に対し、ポジティブメッセージ青、ネガティブメッセージ赤

それから、画像で検索する方法は、小学生にオススメです。
文字では探せなくても、写真なら!
期間指定すれば、より新しい参考資料を見つけ出せます。

社内プレゼンのテクニックは、いろんな提出物にも応用できるんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

伝えるための必要術

2016/01/17 21:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazunoringring - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、プレゼンをするときの資料の作り方について述べている本です。しばしばノウハウ本というのは、頼りすぎると中身の無いものになってしまい、「絵はきれいなんだけどね」といった皮肉な評価になりがちです。しかし、伝えたいものがあるのなら、それをわかりやすく、伝えるというのは大事なことです。文字だらけの提案資料というのは、受け手の負担になるからです。受け手のことを考えるなら、このような知識も必要かなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シンプルでとても分かりやすい。

2016/04/03 21:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タクゾウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで誰も教えてくれなかった「相手に伝わる資料やグラフ」の作り方を、わかりやすく教えてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

資料作成に迷ったら是非に

2016/03/02 16:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カセイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルの通りに社内プレゼンの資料作成についての核心が書かれているが、要約してしまえば数十ページで終わる内容かなとも思います。まっそれだけ核心を突いているって事で悩んでいる方には目から鱗かも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/19 22:37

投稿元:ブクログ

プレゼンの順番は、課題、原因、解決策、効果。それぞれ、根拠と結論は必ずワンセット、それを積み上げる。

2015/11/16 22:45

投稿元:ブクログ

説明もシンプル、次に何をやればいいかもはっきり書いてあり、すぐに自分のプレゼン資料を改善する役に立ちます。
 「社内」プレゼンでは、上司や先輩が作る資料の方がひどいことが、少なくありません。
 目下の者が新しいことをやりだすと、面白くなく感じる人が多い社風でも、本書の「陣地を広げる」やり方で改善ができるのではないかと感じます。

2016/01/18 16:59

投稿元:ブクログ

サラリーマン時代にこの本のノウハウを知りたかった…!ものすごく工数が削減できただろうに!!
 
…とはいえ。
今でも、即時活用できるスキルがいーっぱい書いてありました。
 
早速来週のセミナー資料、手直します♪

2016/03/27 14:58

投稿元:ブクログ

ソフトバンクで孫社長を相手に「一発OK」をもらったプレゼン資料の作成術がわかりやすく纏められている。

「シンプル&ロジカル」これに尽きる。

以下参考になったポイントです。

・プレゼンは「話し方」が大事と言われるが、それは聴衆の感情に訴えかけて、インパクトを与えたり、共感を集めたりする不特定多数の人を対象とした場合。社内プレゼンは、決裁者が対象で、重要なのはロジックであるため、資料が大事。

・「ワンプレゼン=ワンテーマ」が基本。テーマを小分けにして、1つひとつ決裁を積み上げることで、差し戻しを減らす。また、スピード感も生まれる。

・優れたプレゼンはロジックがシンプル。「1課題」「2原因」「3解決策」「4効果」に加えて、「コスト」と「スケジュール」を提示する。

・「結論」と「根拠(データ)」をワンセットで提示する。

・「抜け漏れ」のないロジカルな資料を作るために、検討過程でかき集めたデータや要素の全てを盛り込もうとしてしまいがち。骨太なロジックだけを示し、それ以外の補足的な要素は、全てアペンディックスに持っていく。

2015/11/21 10:11

投稿元:ブクログ

「プレゼンを読ませない」
その通りだと思います。社内にはごちゃごちゃしたプレゼンが多すぎます。理解出来ない自分を責めていましたが、私は悪くないんですね。本書は読みやすくて、わかりやすくて、プレゼン作成のこつが一杯詰まっています。なにせあの孫さんを相手にプレゼンしなければならなかった方の書籍ですから。

2015/12/01 15:35

投稿元:ブクログ

一発で理解できる資料のポイントを紹介していて、ごちゃごちゃになりがちなスライドとなることを防ぐことができる。
優れたプレゼンはロジックがシンプルなこと。

表紙やブリッジスライドを除く本編で5-9枚

現状報告の後は提案となる構成

資料は根拠(データ)と結論が1枚ワンセットになっている

2案を提案して選択肢を上げる

本当に利益を生み出せるのか、本当に現場でうまく回せるのか、会社の理念と合っているのかを大事に。

理解を助ける写真を入れる

2015/08/25 20:13

投稿元:ブクログ

前田鎌利『社内プレゼンの資料作成術』(ダイヤモンド社、2015)


ソフトバンク社で孫社長の側近を務めた著者のプレゼン技法。

著者は同テーマでプレゼンの総論を書いていますが、こちらは社内プレゼンに特化し、「最短距離での決裁」に焦点を絞っています。

社内プレゼン、というとオシャレ企業の話で自分には関係ない、とも思えますが、紙で課長、部長にご進講する古い会社でもその目的は同じでしょう。

情報量を絞る、色遣いを抑える、スライドを「読ませない」といった基本事項をビジュアルで紹介しており、実用度は高レベルです。



【本文より】

○では、社内プレゼンの成否を決定づけるのは何か?/資料です。私は、社内プレゼンは「資料(スライド)で9割決まる」と考えています。

○社内プレゼンは3分で終わらせるのが基本。長くても5分以内で終わらせます。〈中略〉むしろ、その時間内に収められないのは、提案のポイントが十分に整理できていない証拠だと考えるべきです。

○選択肢があると、人は「選ぼう」とする。

○絶対に押さえるべき3つのポイント

 ①財務的視点 ②実現可能性 ③経営理念との整合性

○ブレストの人数もマジックナンバー「7±2」を意識してください。

○最重要ポイント以外は全てカットする

○考えさせないグラフが「優れたグラフ」

○むしろ、プレゼンの内容がきちんと詰め切れていないから、余計なアニメーションを使いたがる、というのが実情ではないでしょうか?

○提案全体が否決されたのか、提案の一部が否決されたのかをはっきりさせたうえで、一部が否決された場合には、どこまでがOKか、どこからNGなのかを明確にするのです。

2015/10/14 22:16

投稿元:ブクログ

プレゼン術磨きたいのと評判が良かったので定価購入。観念論でなく即実践に使える具体的なテクニックが満載の上、その技術が何故良いのか論理的に分かりやすく説明してありプレゼン資料作成欲がぐんぐん上がりました。社内資料に特化した内容ですが、だからこそフォーカスの絞れた濃い内容の本と思います。

2015/10/18 19:46

投稿元:ブクログ

孫正義の後継者育成機関でNo,1の成績を修め孫正義自身も一発OKを連発しまくった資料作成術が惜しげもなく公開されている。それだけ読む価値は十分あるだろう。

面白いのは、筆者が語る「シンプル&ロジカル」に華道や茶道に通ずる精神を感じることができるところだ。各章には必ず「決裁者目線」が盛り込まれ如何に負担なく承認を引き出すかに徹底的にフォーカスされている。TEDや『プレゼンテーションZEN』発刊後はだいぶ減ったが、読み手を無視した大量の文字と枚数で捲し立てるようなプレゼンが横行し、コンサル出身の方が書いたプレゼンテク本は受け手の視線は欠けがちだ。本書の一番の特徴はプレゼンの受け手に対する配慮、それは「思い遣り」や「慈しみ」に近い想いが盛り込まれている点だろう。

プレゼントは何のためにやるのか、本質を振り返りその手法を十分学べる良書である。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む