サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 陽気なギャングは三つ数えろ 長編サスペンス書下ろし
陽気なギャングは三つ数えろ 長編サスペンス書下ろし(ノン・ノベル)
陽気なギャングは三つ数えろ 長編サスペンス書下ろし(ノン・ノベル) 陽気なギャングは三つ数えろ 長編サスペンス書下ろし(ノン・ノベル)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 261件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/10/08
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: ノン・ノベル
  • サイズ:18cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-21026-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

陽気なギャングは三つ数えろ 長編サスペンス書下ろし (ノン・ノベル)

著者 伊坂 幸太郎 (著)

陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれた...

もっと見る

陽気なギャングは三つ数えろ 長編サスペンス書下ろし (ノン・ノベル)

907(税込)

陽気なギャングは三つ数えろ

907(税込)

陽気なギャングは三つ数えろ

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた!必死に火尻の急所を探る四人組に、やがて絶対絶命のカウントダウンが!人気シリーズ、9年ぶりの最新作!【「BOOK」データベースの商品解説】

陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、ハイエナ記者火尻を暴漢から救う。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、トラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃に追いつめられた4人組は、必死に火尻の急所を探るが…。【「TRC MARC」の商品解説】

絶体絶命のカウントダウン!
史上最強の天才強盗4人組に強敵あらわる!
嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女――
180万部シリーズ待望の最新作!

陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた! 必死に火尻の急所を探る四人組に、やがて絶体絶命のカウントダウンが! 人気シリーズ、九年ぶりの最新作!【商品解説】

目次

  • 第一章 悪党たちは久々に銀行を襲い、小さな失敗をきっかけにトラブルに巻き込まれる。いつものこと。
  •      ―― おとなしくできないなら、せめて気をつけてやれ。
  • 第二章 悪党たちは降りかかる火の粉を払うため、何が起きているのかを探るが、払えば払うほど火の粉がまとわりつく。
  •      ―─ 眠っている犬はできるかぎり寝かせておけ。―─
  • 第三章 悪党たちは事件の構図に気づくが、相手の後手に回る。
  •      ―― 1インチ与えれば1ヤード取られる。――
  • 第四章 悪党たちは、別の悪党から逃れるために必死に行動するが、予定通りに物事が進まない。
  •      ―― 計画を立てるのは人だが、成敗するのは天だ。――

著者紹介

伊坂 幸太郎

略歴
〈伊坂幸太郎〉1971年千葉県生まれ。「オーデュボンの祈り」で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。「ゴールデンスランバー」で本屋大賞、山本周五郎賞を受賞。ほかの著書に「死神の精度」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

あの4人がかえってきた!

ジュンク堂書店新潟店さん

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。そんな4人の強盗たちが活躍する「陽気なギャング」シリーズの9年ぶりの3作目。
ギャングの一味の天才スリ久遠が雑誌記者の火尻と関わったことから4人はどんどんトラブルに巻き込まれていきます。9年ぶりの新作そして強盗たちも前作から9年経っていますが、キャラクターたちのテンポのいい会話や物語の展開は変わらず、前作以上の面白さになっています。前作からのファンの方も、今回はじめてこのシリーズを知ったという方も、ぜひ読んでみてください。

みんなのレビュー261件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

待望の新作!

2015/10/11 17:17

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

まってましたーー。前作から9年かあ。そりゃ慎一も大きくなるよなー。響さんの演説やっぱ好き。今回も聴けてよかった。回数は多くないけれど。久遠、あんなに動物の知識あったっけ?9年の間、いろいろ勉強してたんだな。成瀬も雪子も祥子さんも相変わらずでうれしかった。スピード感あるお話にのめり込むのはもちろんで、胸くそ悪い敵にきりきりするのももちろんなんだけど、この4人に会えたことがうれしすぎて、話が二の次になってしまった。また時間あけて、再読しよう。こんどは物語をじっくり味わうために。さて、ロマンはどこだーー!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最近の伊坂さんに陽気なギャング

2015/11/05 16:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nyo - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近の伊坂さん作品に、以前のような歓びがないと感じている読者は、悲しいことに少なくないんじゃないでしょうか。
読後にエッと思ったり、途中が苦痛だったり…。あとがきを読むと、伊坂さんは楽しみながら書いておられるようで、多くの読者が好きな、脱線した会話のアクセントが伏線になってきもちよく収束していく、そういう風呂敷のうつくしさを目指さない楽しみを、感じておられるのではないかと思つのです。でもそれこそ、伊坂作品に求める感激だったんですよね私にとっては。
そんなささやかな失恋の中で、大好きなシリーズの新作が出るという。
発売日を楽しみに待った作品は久しぶりです。
けれど好きなシリーズだっただけに、それがきもちよくおもしろく読めなかったらどうしようという怖れもありました。しかしそれは杞憂でした。
伏線が絡み合い、美しく、そしてきもちよく。痛快にまとまっていきました。しかも、なるほどこれは伏線になるだろうなと感じさせないアクセントが伏線になっていて、そして収束していきました。これは、本を読む歓びのひとつではないでしょうか。きもちよく本を閉じる、あるいは本を閉じることが惜しくなるそんな美しい風呂敷です。とても面白かった。最近、伊坂さん読んでないんだよなぁという方にぜひおすすめです。

響野さんが、ちょっと、ダメキャラ扱われすぎてるかんじなのがちょっとな…気になりましたがこんなもんだったかもしれない。よくわからない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陽気にもほどがある

2016/03/26 07:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PPM - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂さん作品のなかでも、こちらのシリーズが好きなのですぐ買いまいましたが、あらすじを読むにハラハラのいやな展開しか想像できず、ギャングたちの辛い様子が頭に浮かんでなかなか手を出せませんでした。
しかし読んで脱力、もう、4人のノリが軽くて軽くて、ぜんぜん悲壮感とか漂いません。書き方によっては暗くすることもできる展開なのに・・・すごいキャラたちです。そしていつも通り、え?おお?と思っているうちに、とっても楽しく読み終わりました。勇気を出して(笑)読んでよかったー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最新作

2015/11/02 23:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FUMI - この投稿者のレビュー一覧を見る

それぞれのキャラクターがブレていないのが良かった。
 かなり危機的状況に陥っている割に、あの4人のキャラクターがあまり危機的に感じさせないところが面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相変わらずのキャラクター達

2016/03/21 11:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊坂ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ギャングシリーズの第3段。このシリーズは、うそ発見器と演説の達人と天才スリと正確な体内時計の4人が銀行強盗を行います。それぞれのキャラクターの長所を生かして、降りかかる災難を乗り越えていくのですが、問題が起こる度にどのように対応していくのか楽しみです。また、セリフの言い回しが頭に残ることが多いシリーズです。今回、印象に残っているのは、動物好きの天才スリが「人間の悪い部分は、他者に助言できると信じているところだよ」という一場面。その理由を聞くと、少し考えさせられるものがありました。個性的なキャラクターが出てくる話が好きな人には、おすすめの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろかった。

2016/01/07 08:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめはどうなることかなと思ったけど,読み進めていくうちに一転二転。ねちっこく付きまとう新聞記者といつものグループのやりとりが楽しかったですね。ああ,ここにつながるのかと楽しく読み終えることができました。久々の陽気なギャングシリーズ。3冊とも読みましたが,伊坂ワールドに引き込まれて行きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なつかしいです

2015/12/26 00:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:目黒の桜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズは本で読んで、映画で見て、身近に感じる人たちで、久々に会えた! 感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時間

2015/11/18 20:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あさり - この投稿者のレビュー一覧を見る

あれからしばらくたって、若者らしい久遠の軽やかさが落ち着いたかな…
相対的に響野さんが、相変わらずで。
彼らには堂々と強盗を続けてほしい。
時間の流れに負けないで、かえって逆らうくらいの勢いで続けてほしい。
また楽しみにしちゃう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久しぶりですね

2015/10/31 01:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:simple-project - この投稿者のレビュー一覧を見る

「陽気なギャング」久しぶりですね。正直なところ前の2つはどんな話か忘れています。これを機会に読み返そうかと考えています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待通りの楽しさ

2015/11/15 18:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおみん - この投稿者のレビュー一覧を見る

楽しみにしているシリーズなので、新刊案内もらってすぐ、本屋に直行、ワクワクして読み、あっと言う間に読み終えました。(レビュー書くのは遅くなりましたが…(^_^;))
 超個性的なキャラの登場人物たちに三たび出会えてうれしかったです。もっと量産してほしいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今回もゴキゲンな銀行強盗、だけど…

2016/06/29 22:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miyata - この投稿者のレビュー一覧を見る

※若干ネタバレ※

このシリーズ大好きで、念願の新作だー! とテンション上がってわくわく読みました。
面白かったです。
面白かったんですが、「そろそろ銀行強盗も潮時かな」みたいな風向きになっているのがすごく寂しい…!
確かに時代の流れとか色々あるけど…。
仕方無いけど!
だけど今回も、響野さんのハイテンションぶりと、周囲から雑に扱われているところが良かったです。
またゴキゲンな彼らの活躍が見られますように…!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陽気なギャグ

2016/04/27 00:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂氏には珍しいシリーズもので、3作目。今回も冴えている。各章の冒頭に置いた辞書風のギャグが抜群。それらが伏線芋なって、最後まで読ませてしまうテクニックはさすが。ただ、4作目はないかも。少々、寂しい気もするが、潮時か。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陽気なギャングは面白い

2016/02/15 23:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

推理小説は途中で自分の推理が当たってしまうと、とても残念。でもそれよりも残念なのは何の布石もなく唐突に犯人が二転三転、それはないだろうと読み終えたあと唐突などんでん返しにため息がでることもしばしば。伊坂さんのギャングシリーズは、布石探しの楽しみがあって好きです。読みながら登場人物を想像し、創造できる物語りだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

映像が想像できる

2016/02/14 21:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リンゴ - この投稿者のレビュー一覧を見る

裏切らない面白さ。映像化されたものも見たくなりますね。大好きなこのシリーズを機に、伊坂さんの作品が好きになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なぜか癒される,,,,,,

2016/01/27 12:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃっと&どっぐ - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂さん,お久しぶり!の私。
この中の登場人物を現実の世界では誰に例えてお話を楽しんでいたかな?と記憶をたどりながら・・・

「人」は「陰(かげ)」の部分もあって立体となるのだと思う。伊坂さんの作品を通していつもそこの部分をワクワクしながら読んでいる自分がいる。

「ああっ!!」とはらはらが展開予測可能と自分は思うのに,また「う~ん」と言わされる。
時が経つと,そう「ドラゴンボール」の悟空が大人になり父親になるように,登場人物も静かに年齢を重ねていく。
このあたりの表現も好きな部分。

そこでお勧め!
もしこの作品から「陽気な~」に出合った方でこれを楽しめたとしたら,ぜひシリーズのはじめから楽しんでいただきたいな。

もちろんシリーズのはじめから・・・を最優先でお勧めはしますが。

「重力ピエロ」から伊坂ワールドに入った方。
これは肩の力を抜いて読めますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る