サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

わかれ

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/10/30
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/234p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-311225-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

わかれ

著者 瀬戸内 寂聴 (著)

親しい友人も肉親も、愛した男たちもすべて、もうこの世にはいない。ありありと感じる死者の気配を、日々、書き留めるだけだ―。病を乗り越え、九十歳を過ぎてなお、書かずにいられな...

もっと見る

わかれ

1,512(税込)

わかれ

1,210(税込)

わかれ

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

親しい友人も肉親も、愛した男たちもすべて、もうこの世にはいない。ありありと感じる死者の気配を、日々、書き留めるだけだ―。病を乗り越え、九十歳を過ぎてなお、書かずにいられない衝動に突き動かされ、十年の歳月をかけて紡ぎ出された珠玉の小説九篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

親しい友人も肉親も、愛した男たちもすべて、もうこの世にはいない−。病を乗り越え、90歳を過ぎてなお、書かずにはいられない衝動に突き動かされ、紡ぎ出された珠玉の小説9編。『新潮』他掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

「永久圏外に出発です。さよなら、ありがとう」円熟の筆による最新作品集。親しい友人も、愛した男たちもすべて、 もうこの世にはいない。ありありと感じる死者の気配を、日々、筆で書き留めるだけだ――。病を乗りこえ、93歳でなお書かずにいられない衝動に突き動かされ、十年の歳月をかけて紡ぎ出された珠玉の小説集。山姥のような老女との淡い交わり、自身の家族のこと、重信房子との面会の話など全9篇。【商品解説】

収録作品一覧

山姥 5−36
約束 37−62
道具 63−93

著者紹介

瀬戸内 寂聴

略歴
〈瀬戸内寂聴〉1922年徳島生まれ。東京女子大学卒。73年平泉中尊寺で得度。法名寂聴(旧名晴美)。「花に問え」で谷崎潤一郎賞、「場所」で野間文芸賞、「風景」で泉鏡花文学賞受賞。文化勲章受章。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

遺言?

2015/11/15 00:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

掌編、短編、自伝的エッセイなど、いずれも読みごたえがある。性愛を多く書き続けている作家だけに「百合」は興味深いが、さらに読み進んで最後の「わかれ」はどきりとさせられる。いつ死んでも…と、日頃から言っている人ではあるものの、真実、永久の別れを意識して書かれたような短編。それも支障世うの色合いが強いだけに「遺言」なのかと受け止めてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/08 23:11

投稿元:ブクログ

前から二話、後ろから四話、読み終えたところ。一気に読みました。
寂聴さんの凄さにしみじみ感じいずにはいられません。今を生き、新たな世界を書きだしています。かけがえのない女性の作家さん。と思います。

2016/04/14 17:20

投稿元:ブクログ

数奇な運命を辿った小説家であり、尼僧であり、齢九十を超える瀬戸内寂聴の小品集。

小説でもあり、エッセイでもあり、記憶でもあり、でも、それらはすべて、色気をもったまま乾いていった寂聴さんの描くいま。
無理はなく、意図的でもなく、投げやりでもなく、ただ淡々と、寂聴さんのいまが書かれていたような気がする。

2016/04/28 08:55

投稿元:ブクログ

瀬戸内寂聴さん
すごいね
高齢であんなにみずみずしい
エッセイ、小説
曖昧としてる
交友が魅力的
思索の巾や深さが魅力的
でも「源氏物語」が一番好き
≪ 色香はね 歳じゃないんだ 内からね ≫

2015/12/04 15:17

投稿元:ブクログ

寂聴さんの本を初めて読みました。
私小説というのか、自叙伝というのか
的を得た言葉が思いつきませんが、本人の
話と思われる小説9編です。
やはり90歳を超えて書かれる話はどことなく
趣があって、いい意味で枯れていて、エロス的な内容
であっても京都や故郷の徳島の風情が漂うような
内容に思えてきます。
とてもきれいな、言葉、お話でした。

2016/01/05 15:41

投稿元:ブクログ

瀬戸内寂聴いつまでも女なんですなー色気を感じます

さすが文章がキレイ上手い

2016年1冊目の読書本☆

2016/04/03 19:27

投稿元:ブクログ

図書館で借りた本。
短編集。超短編もあって、ん?って思っている間に一つの話が終わってたことも。最後の「わかれ」が一番良かった。いろんな愛の形があるのだなぁ。翔太さんが元気に帰ってきて、「なぁ~んだ」な続きを想像するのが楽しい。

2016/01/20 11:21

投稿元:ブクログ

地位のある老境のご婦人と、若い男との関係の話が多い。
それが友情なのか、愛なのか、敬愛なのか、今の私にはわからない。
同じような年代になれば理解できるのかも。

2016/06/06 13:54

投稿元:ブクログ

 瀬戸内寂聴さんは好きです。
 源氏物語も小説もエッセイも法話もテレビでのコメントも。
 もちろん、この御仁がただの坊さんではなく、私では理解し難い過去を持っていることも知っている。
 でも、あけすけなく話すこのお婆さんが好きです。
 ただ、このところ、本を読むよりもメディアに出ている姿をよく見て、しかも、私生活を披露されすぎているので、この作品を読んだ時、主人公が皆、坊主の袈裟着た婆さんが浮かんでしまう。
 たぶん、狙ってのことかもしれないけれど、物語と思って手に取ったので、赤裸々婆さん色恋話にはしないで欲しかった。
 でも、文体というか、読み口はすんなりと入ってくるとても好きな文章であることは変わりなかった。
 願わくばずっと書き続ける元気を持ち続けて欲しい。