詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

  • 発売日:2015/11/21
  • 出版社:文藝春秋
  • サイズ:20cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390364-4

  • 国内送料無料

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

村上 春樹 (著)

紙書籍

1,782 ポイント:16pt

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

1,500(13pt) ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 電子特別版

紙書籍より:282円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

『ノルウェイの森』を書いたギリシャの島再訪、フィンランド、トスカナ、熊本など…。旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない。【「BOOK」データベースの商品解説】...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

『ノルウェイの森』を書いたギリシャの島再訪、フィンランド、トスカナ、熊本など…。旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない。【「BOOK」データベースの商品解説】

アメリカ各地、かつて住んだギリシャ、長編小説の舞台フィンランド、ラオス、そしてなぜか熊本…。村上春樹が訪れた世界のいろいろな場所について綴った紀行文集。『AGORA』連載等をまとめて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」
村上春樹、待望の紀行文集。
アメリカ各地、荒涼たるアイスランド、かつて住んだギリシャの島々を再訪、長編小説の舞台フィンランド、信心深い国ラオス、どこまでも美しいトスカナ地方、そしてなぜか熊本。旅というものの稀有な魅力を書き尽くす。カラー写真多数を収録。【商品解説】

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.9
3.9
評価内訳 全て(90件)
★★★★★(14件)
★★★★☆(34件)
★★★☆☆(19件)
★★☆☆☆(3件)
★☆☆☆☆(1件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

旅に出る理由はない

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/01/17 13:01

評価5 投稿者:よっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ラオスにいったい何があるというのですか」
これは、ラオスにいくときに、村上春樹さんが言われたが言葉だという。
たしかに、ラオスになにがあるかなんて、分からない。だからこそ、いくのだと。
旅に目的はない。
だけども、なにがあるかわからないからこそ、ラオスという、いったことのない場所にいくのだという言葉は、説得力がない反面、十分に納得できるような気がする。
実際我々も、ラオスという未知の場所に村上春樹は何を見たのか興味があるので、この本を手にするわけですし、それは、とてもワクワクできる、読書体験でもあるのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

旅って何だろうね

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/05/24 17:46

評価4 投稿者:岐阜の森人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

国内外の一定住んだ、あるいは短期間住んだ場所ついてのエッセイ。一定期間住んだ地域には特有な愛着があふれる。例えばボストン。読んでいるとあの有名な球場に足を運びたくなる。このタイトルにあるように、気負いなく自然と旅に出てそして新しい空気に触れることが喜びに繋がる。不思議なことに旅は「孤独」であればある程周りが近づくので…。人間関係のように変な煩わしさもない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紀行と生活

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/12/07 19:55

評価4 投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「紀行文集」とある。だが、外国生活が永い村上氏だけに、そこで生活していた頃のエッセイもある。あとで旅行者として訪れてみると、何年かぶんの人生が切り取られて保存されている、と。他方、表題の「ラオス」は初めての地。だから、へえ、こんなことがあるんだ、となる。氏の著作ととしては、丸括弧が少なく、また比喩もあまりない。これまでの作品とは違う楽しみ方ができた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

どこにでもある紀行文

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/11/29 21:12

評価1 投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラオスにいったい何があるというのですか
タイトルに惹かれて購入
ラオスなんて観光地としてメジャーじゃないし
アジアの田舎のイメージ。
しかし、ベトナム戦争時には苦汁を嘗めた地だ。
だからこそ何かがあるに違いないと思ったのだが、ただ観光した様子を記述しているにすぎない。ギリシャの島々の描写もそう。
浅い。つまらない。これくらいの紀行文だったらネットにいくらでも出てきそう。
さすがに文章はうまいけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

著者の

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/01/19 17:40

評価0 投稿者:ゆらら - この投稿者のレビュー一覧を見る

エッセイが好きなので購入しました。
彼が訪れた街の紀行文です。
特にフィンランドとアイスランドがよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価0 投稿元:ブクログ

2016/01/14 22:42

紀行文。今までも読んでいるので何か新しい感じはしない。彼の語り口と紀行としての情報を楽しく読んだ。ちょっと肯定的な感じが少しワンパターンだけど村上節というとこでしょう。

評価0 投稿元:ブクログ

2016/01/16 01:41

アメリカ各地、かつて住んだギリシャ、長編小説の舞台フィンランド、ラオス、そしてなぜか熊本…。村上春樹が訪れた世界のいろいろな場所について綴った紀行文集。『AGORA』連載等をまとめて単行本化。
ボストンの生活。雪が降るまでは川沿いのコースを走る。雪が積もったら、ジムで自転車をこぐ。ランナーが多い街。
アイスランドの温泉。地熱発電で使用した海水。街なかでオーロラ。海流のため、緯度ほど寒くないが風が強い。島の名物の鳥。突然、親鳥が去るので、巣立ちは自力。風にのって飛び立てなかった鳥を拾って、巣立ちをさせる

評価3 投稿元:ブクログ

2016/03/24 11:50

小説じゃなくて紀行文シリーズ。
ほとんどが某機内誌に掲載してるってのもあって(それでも本用に長くしたらしい)、20Pもない章が結構あります。おお、もう終わりかよ、と思わず突っ込んじゃいます(タイトルのラオス編もすぐ終わってしまう)。なので「辺境・近境」「雨天炎天」のようなハードで大変な旅では全然ないです。物足りないといえば物足りないですが、面白くないわけじゃないし、外国行くのやだなあという気分にはならないので(これはいいかも)安心して読めます。ギリシャ・ローマも訪れるので「遠い太鼓」をちと読んでると、ああこんなとこあったかも、と懐かしく。
ちなみに最後の熊本編は、掲載されてた雑誌クレアを所持してるんですけど、写真が2つしかないので物足りなく感じました。せめてくまモンの席に座る写真があってもよかったと……。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/11/23 04:40

村上春樹さんの紀行文集。長編小説の間にちょくちょく短編小説や書き下ろしエッセイを入れてくることが多い村上さんなので、何か書き下ろしエッセイなのかなと思ったのだけれど、紀行文というテーマで過去の作品を集めたエッセイ集だった。主にはJALのファーストクラス向け機内誌(そんなものがあるんだ)用に書かれたもののようだが、ここに収められた文章は、実際の機内誌掲載のバージョンとは別に長めのバージョンを作っておいたものらしい。短いものはあくまで短い場所にフィットするように調整したもので、本来その文章が持つべき長さはこれ、という考えなのだろうか。そうだとしたらいかにも村上さんらしいと思うのは自分だけだろうか。

この本では当然ながら村上さんが実際に行った場所が紹介されている。その中で、ミコノス島には新婚旅行含めて2度行った。ニューヨークには一年間住んだ。ボストンにはニューヨークに住んでいるときに観光に行ったし、仕事の関係で一時期はほとんど毎年行っていた。これらの場所に関する文章を、アイスランド、フィンランド、ラオス、トスカナ、ポートランドなど行ったことがない土地についての文章と比べると、惹き込まれる度合いが大きく違う。具体的な風景やエピソードが頭に浮かぶと(といってもとても不正確でざっとした印象に基づくものだが)、その文章がより直接的に自分に向けて語りかけているように感じる。

ミコノス島は、村上さんが『ノルウェイの森』を書き始めた場所で、初めて海外で住むことになった土地だという。久しぶりにその場所を訪れて綴ったのが「懐かしい二つの島で」の章だ。ミコノス島もドイツからジェット機が直接来るようになり、観光地としてますます栄えているそうだが、その文章と写真から受ける印象は二十年前(そう二十年も前なのだ)とあまり変わらない。写真も昔の記憶そのまま。この文章が書かれたのはギリシア危機の前だということだが、あの島は変わらないままでいてほしい。同じようにもう一度あの島に行って、あの頃はこうだったけど変わったねえとか、それでも変わらなくて懐かしいねえ、なんてゆっくり島を巡ってみたい。

ニューヨーク。村上さんは、タイムマシンができれば1954年のニューヨークに飛んで、クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ五重奏団のライブを心ゆくまで聴いてみたいらしい。自分はそこまでジャズに入れ込んでいないけれども、いくつかのジャズ・クラブには行っている。ニューヨークのビレッジバンガード - 「不規則に折れ曲がった奇妙な形をしている」という記述から、明かりを落としたフロアでブロンドのニューヨーカー(たぶん)が目を閉じて少し頭を揺らしながらピアノトリオの演奏を聴いていた情景が甦った。思っていたより小さな空間。ああ、ここでビル・エバンスがあのピアノを弾いたんだなあと自分は思っていた。

ボストンは二度紹介されている。一つ目はボストンマラソンがメインなので、素敵な文章ではあるけれども、いまいち共感が薄かったのだけれど、二つ目はレッドソックスとホエール・ウォッチングの話でそうそう、という気持ちになった。ホエール・ウォッチングは確かにとてもゆったりとし���気分になれた。また、懐かしいなあという気持ちでいっぱいになった。

村上さんの小説がアイスランド語にもフィンランド語にも翻訳されていることが触れられている。こういったマイナーマーケットの言語にまで翻訳されているということに対して、村上さんは珍しく誇らしげだ。

肩の力を抜いて気軽に読める。この中に行ったことがある土地があればきっと気にいると思う。

そういえば、最近旅というものをさっぱりしなくなったなあ、と少し寂しくもなった。


※ コロンビア大学の近くにある「スモーク」というジャズ・クラブも紹介されているが、そんなのあったけと思って調べると、ちょっと歩くと遠そう。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/12/08 11:04

時々村上春樹はこういう軽い文体になる。まあ、それもいいと思う。さりげなく本心が語られていたりして、そこが面白いと思う。とはいえ、多分、彼の言う「ひょひょいのひょい」に近いものだ。気軽に書いた紀行文。

評価0 投稿元:ブクログ

2016/05/20 12:53

【No.140】「本当に素晴らしいのは、レースの翌日かもしれない。そりゃたいしたタイムじゃないし、悔いが残らないわけでもない。誰がほめてくれるわけでもない。他人の目から見れば、ボクはただ単にone of crazy people に過ぎない。でもとにかく、ボクはこの一年間毎朝健康に走り続け、そのひとつの結論として、またボストン・マラソンを走り切ることができたのだ。これはやはり素晴らしいことではないだろうか。ささやかではあるけれど、ひとつの達成と呼んでもかまわないんじゃないか」「かつて住民の一人として日々の生活を送った場所を、しばしの歳月を経たあとに旅行者として訪れるのは、なかなか悪くないものだ。そこにはあなたの何年かぶんの人生が、切り取られて保存されている。潮の引いた砂浜についたひとつながりの足跡のように、くっきりと」「一人で知らない土地を旅していると、ただ呼吸をし、風景を眺めているだけで、自分が少しずつ大人になっていくような気がした」

評価4 投稿元:ブクログ

2016/06/15 23:49

「行かなくても行った気持ちになれる」のが紀行文のいいところだとしたら、間違いなく一級品の一冊です。
全く違和感なく、目の前でとつとつと旅行の情景を展開してもらっているような雰囲気で読めました。

最後、熊本が取り上げられています。
まさかこんな地震があるなんて誰もが思っていませんでしたが、熊本城や、その他の建物の今の姿を想像して心が痛くなりました。

評価0 投稿元:ブクログ

2015/12/10 22:06

2015年102冊目。

小説家・村上春樹の短編紀行文集。
ボストン・アイスランド・ポートランド・ギリシア・ニューヨーク・フィンランド・ラオス・イタリア・そして熊本県。
かつて住んでいた街の記憶の辿り方と、新しく訪問した国の新鮮な感受性が良かった。
村上春樹と言えば、食・酒・音楽・そして意外と車へのこだわりの強さ。
思わずその分野に手を出してみたくなる魅力がある。
あんなにこだわれるものを自分も持てたらな〜と思う。
教訓めいて考えさせられる本ではなく、紹介される国の風景を思い浮かべながら浸って「いいな〜」とほっこりできる本だった。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/01/18 18:50

村上春樹の新作紀行文集。会社で借りました。

ラオスとか熊本とかヘルシンキとかいろんなところ行ってるんですが、
やはり村上春樹はボストンがしっくり来る。
と思うのは私だけでしょうか。
なのでボストンの章が1番好みでした。

そしてあとがきの言葉がその通りなので下記引用します。

旅っていいものです。
疲れることも、がっかりすることもあるけれど、
そこには必ず何かがあります。
さあ、あなたも腰を上げてどこかに出かけて下さい。

そう、そうなんです。
行く前はめんどくさいんだけど
必ずや今までに感じたことのない感覚に一回はなる。だから私も旅に出たいと思うんだと思う。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/12/06 23:02

 村上春樹の久しぶりの紀行文。ノルウェイの森を書いたギリシャ、トスカーナや熊本に行く。縁があっての訪問となるのだが、そこでの感性を文章に。日常から離れた旅ならではの発見があり、それを読者と一緒に楽しんでいるかのよう。
 ラオスもワイルドだなと思ったら、アマンリゾートに泊まるための旅だと分かってなるほどなと。素晴らしい体験だったのもうなずける。パスタを茹でたり、アルファロメオを運転したり、ただそれだけの小さななにか。それが、輝くような言葉とともにあることで、人を動かしたり、大切なこと、または大切でもないようなことも気づかせてくれる。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.