詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 経済・ビジネス
  4. これがガバナンス経営だ! 決定版 ストーリーで学ぶ企業統治のリアル

これがガバナンス経営だ! 決定版 ストーリーで学ぶ企業統治のリアル

これがガバナンス経営だ! 決定版 ストーリーで学ぶ企業統治のリアル これがガバナンス経営だ! 決定版 ストーリーで学ぶ企業統治のリアル
  • 発売日:2015/12/11
  • 出版社:東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/345p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-53373-4

専門書 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

これがガバナンス経営だ! 決定版 ストーリーで学ぶ企業統治のリアル

冨山 和彦 (著), 澤 陽男 (著)

紙書籍

1,944 ポイント:18pt

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

1,555(14pt) 決定版 これがガバナンス経営だ!

紙書籍より:389円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

実質論、経営論としてのガバナンスのあり方について体系的に解説。その上で、著者2人の豊富な経験をベースに、ストーリー仕立てでカバナンス経営を実践するための論点について、でき...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

実質論、経営論としてのガバナンスのあり方について体系的に解説。その上で、著者2人の豊富な経験をベースに、ストーリー仕立てでカバナンス経営を実践するための論点について、できるだけ分かりやすく説明する。【「TRC MARC」の商品解説】

権力メカニズムの機能不全が
企業の「稼ぐ力」を奪う!

カネボウやJALを再生させた日本のガバナンス経営の第一人者が、
古い日本的経営でも米国式株主主権主義でもない新しい経営のあり方を
ストーリー形式で解説する、ガバナンス指南書の決定版!!
【商品解説】

目次

  • はじめに あなたはガバナンスを「経営」できますか?
  • 第1部 ガバナンス経営のWhy? What? How?
  • 第1章 Why? -なぜガバナンス経営が叫ばれているのか?
  • 第2章 What?-日本の目指すコーポレートガバナンスとは何か?
  • 第3章 How? -どうやってガバナンス経営を実践するのか?
  • 第2部 ストーリーで学ぶリアルガバナンス経営 
  • 第4章 社外取締役選任まで
  • 第5章 内部ガバナンス

著者紹介

冨山 和彦

略歴
〈冨山和彦〉経営共創基盤(IGPI)代表取締役CEO。著書に「ビッグチャンス」など。
〈澤陽男〉青山学院大学法学部卒業。弁護士。経営共創基盤(IGPI)ディレクター。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.5
3.5
評価内訳 全て(2件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2016/03/03 09:28

筆者は、日本企業の取締役会が「ムラ社会」の「サラリーマン至上主義」で、これが企業が活性化しない諸悪の根源だと力説。重きを社外取締役会選任と指名等の委員会設置におきやや偏った意見だと思うが、日本企業の問題を気づかせる一冊。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/12/30 12:22

ずばずばと辛口のガバナンス経営論。

確かに経営者人事権を握るか握らないかが、ガバナンス(モニタリング機能)の中核。ガバナンスを権力作用と捉え、コーポレートガバナンス・コードを参照しながら、その本質をストーリー形式で語る。

社外取締役や企業再生など関与先企業での経験が盛り込まれているので、現実に遭遇しうるケースになっている。監査の視点からみても、モニタリング機能を補完するために、実態把握面で大きく貢献できる余地があると思えた1冊。


冨山さんの本はこれで2冊目。
本もいいけど、ガバナンスコードの有識者会議での提出資料や議事録、これも面白い。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.