サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 再発する世界連鎖暴落 貧困に沈む日本

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

再発する世界連鎖暴落 貧困に沈む日本
再発する世界連鎖暴落 貧困に沈む日本 再発する世界連鎖暴落 貧困に沈む日本 再発する世界連鎖暴落 貧困に沈む日本
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/11/02
  • 出版社: 祥伝社
  • サイズ:20cm/241p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-61546-8
  • 国内送料無料

紙の本

再発する世界連鎖暴落 貧困に沈む日本 (Econo‐Globalists)

著者 副島 隆彦 (著)

世界は新たなる「恐慌前夜」を迎えた。副島隆彦がこれからの株の動きを読み、個人資産を守り抜くための知恵を伝授。現役ファンド・マネージャーへのインタビューも収録。巻末付録「「...

もっと見る

再発する世界連鎖暴落 貧困に沈む日本 (Econo‐Globalists)

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界は新たなる「恐慌前夜」を迎えた。副島隆彦がこれからの株の動きを読み、個人資産を守り抜くための知恵を伝授。現役ファンド・マネージャーへのインタビューも収録。巻末付録「「どん底値」で買う!優良銘柄36」付き。〔「世界連鎖暴落はなぜ再発したか」(2016年刊)に改題,大幅に改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

副島 隆彦

略歴
〈副島隆彦〉1953年福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒。評論家。常葉学園大学教授等を歴任。「民間人国家戦略家」として執筆・講演活動を続ける。著書に「「熱狂なき株高」で踊らされる日本」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

砂上の楼閣

2016/02/17 22:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

アベノミクスで見せかけだけの経済効果は見られたが、2016年に入り、日本経済は株価の急落、円高の進行、マイナス金利など明らかな通り、日本経済は復活していない。「株を購入するな」という筆者の言う通りになってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

来たる株価暴落に向けて

2015/11/23 09:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:個人投資家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本のマスメディアの大半は円安と株高高価でアベノミクスを礼賛しているが、本質は砂上の楼閣で米国に追従するだけの傀儡政権であることがよく分かる。
株高が継続しているとはいえ、15年8月後半からの大幅な相場の調整が待ち受けていることを本書は根拠を持って伝えてくれている。また著者がこのシリーズで毎回推奨している日本株は強い企業ばかりで、トヨタやコマツ、東レといった真のグローバル企業を応援する必要があると感じさせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/15 12:23

投稿元:ブクログ

副島氏の最新本で、日本株も含めて世界中の株が下がるだろうと断言しています。それが収まったところで、実力のある企業の株は上昇すると予測していて巻末には副島氏の選んだ36社の紹介がなされています。

米欧日で「為替は動かさない(1ドル120円程度)」、その代りに通貨量、国債発行量を同じ割合で増やしていく秘密協定がある(p42)との指摘は印象的でした。

ゴールドはグラム4200円(小売価格4600円)になったら購入すべし等、具体的なアドバイスが盛り込まれていますが、この本で初めて、ダイヤモンドがその中に入ってきたことでした。ダイヤモンドは4C(カラット、クラリティ、カラー、カット)で評価されて価格形成がされていて、ゴールドよりも持ち運びやすいので面白いと思いました。

円の歴史が紹介されていて、1ドル2円あった昭和2年から戦前・戦後は3.3円、そして敗戦で360円になった事実、とくに戦争にまけたことで100倍通貨が弱くなったことを知りました。

以下は気になったポイントです。

・2016年に再度の大暴落が起きて、1万4千円くらいまで下がったら、日本のしっかりした大企業の株を、どん底値で拾うことをやるべし(p36)

・これから1ドル=120円前後で変わらない、動いても2円幅である。それはアメリカ、ヨーロッパ、日本の先進国3地域で、為替を動かさないという秘密協定があるから。その代り、通貨量や国家の借金(国債発行量)を同じ割合で増やす(p42)

・イギリスと中国で世界の金の現物値段を決めるという体制ができつつある。今はNYの商品先物市場で決められているがこれが無効になりつつある(p56)

・出光と昭和シェルの合併は、英資本(ロスチャイルド)のシェルが、日本では儲からないので、同じ三井系である出光石油に株を売り払って撤退すると決めたことを意味する(p69)

・ロックフェラー家の失墜と凋落によって、ふたたび金とダイヤモンドの時代が勃興してきた(p69)

・2016年には、株は1万4000円台まで下げるだろう(p78)

・NYの株を上げないと、アメリカの中級階級白人たちが、住宅ローンの担保(プレッジ)として銀行に差し出している株式の評価額が下がって、銀行から追証を要求されるから(p86)

・日本株式市場全体の動きは、トヨタ1社の動きと連動している。トヨタの株価が東証全体の5%を示している(p172)

・日本の法人所得税の10%弱(1兆円、法人税全体で11兆円)を2014年からトヨタが払うようになった、トヨタ系列全体で20%を占めているだろう(p174、183)
・シティグループの株価は現在は50ドル=18兆円の時価総額だが、実情は借金だらけの空っぽ企業である(p188)

・日本はますます貧乏になっているが、誰も書かない。メディアは政府に統制されている(p224)

・海水の真水化プラントは日本がトップ、東レが一番で、日立やクボタが追随する(p238)

・優良銘柄、トヨタ(底値:6��50円)、ソニー(2753)、東レ(951)、ユニ・チャーム(2045)、栗田工業(2382)等

2015年11月15日作成

2016/02/02 17:59

投稿元:ブクログ

再発する世界連鎖

この方の本は本当にあくが強いですねー。。。

その通りだと思う点も随所にあるのですが、

読んでいてなんというか疲れる・・・

そして今回の本に関しては

見事に内容的には外していますね(笑)

来年以降、相場は大きく崩れると思いますが、

先を行き過ぎましたね。。

2016/03/21 08:27

投稿元:ブクログ

現状をバブルと捉え、その崩壊を予言する。トヨタ株が6000割れなら買うなど、大暴落は予想していなさそう。

2016/02/24 20:24

投稿元:ブクログ

いつもながら、副島隆彦の本は笑える。

エコノミストや政治学者は、科学者たろうと努力すべきであって、予言者ではない。
だが、この人は、自ら、予言者だと述べている。
ようするに、科学者ではなく、相場師なんだよね。
そこが面白いのかも。

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む