紙の本 コミック・ライトノベル本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. がっこうぐらし! 7 (MANGA TIME KR COMICS)
がっこうぐらし! 7 (MANGA TIME KR COMICS)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2016/01/12
  • 出版社: 芳文社
  • サイズ:B6/178ページ
  • ISBN:978-4-8322-4653-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

がっこうぐらし! 7 (MANGA TIME KR COMICS)

著者 千葉 サドル (作画),海法 紀光 (原作),ニトロプラス (原作)

がっこうぐらし! 7 (MANGA TIME KR COMICS)

637(税込)

がっこうぐらし! 7巻

648(税込)

がっこうぐらし! 7巻

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「がっこうぐらし! 7 (MANGA TIME KR COMICS)」が含まれるセット商品

がっこうぐらし!(MANGA TIME KR C) 8巻セット(まんがタイムKRコミックス)

がっこうぐらし!(MANGA TIME KR C) 8巻セット

  • 千葉サドル 作画
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:5,09847pt
  • 発送可能日:7~21日

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

がっこうぐらし!7巻

2016/01/23 01:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:作曲好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

7巻では新キャラが沢山登場します。このコミックでは珍しい男性キャラクター達も!7巻はほのぼのした日常が殆どですが、衝撃的な事実も知らされます。個人的にはゆきの将来の夢が気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とっても面白いです!

2016/01/13 19:40

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ありっぺ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の中で一番の漫画です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/13 23:09

投稿元:ブクログ

雑誌"まんがタイムきららフォワード"で連載されている海法紀光、千葉サドルの"がっこうぐらし!"の第7巻です。ついに大学編に突入です。やはり巡ヶ丘学院高校以外にも生存者がいたようです。そして、一気に登場人物が増えました。今までゾンビへの対応をどうするかだけを考えていれば良かったのですが、人間関係へもきちんと対応しないと大変なことになりそうです。さすが大学生です。新しいステージへ進み、学園生活部にも変化が見えてきました。前巻で登場したるーちゃんは、やはり何か謎がありそうな感じです。

2016/05/01 16:04

投稿元:ブクログ

前巻から入った大学編が本格的に。危機的状況において登場する人間が増えるとどうなるか。キャラクターたちの関係性が変化していく兆しが見られるので、新しい魅力を出せそうな予感は既にある。

不自然すぎない程度に男性キャラが出てきたことや、学園生活部メンバーの一人ひとりにスポットを当てた部分も合わせ、今後の展開に期待が高まる。

…それにしてもヒカは可愛い顔してとんでもない服装でどぎまぎする。

2016/01/30 20:34

投稿元:ブクログ

やはり、くまのぬいぐるみなのかな?
置いていこうという表現であったり、色々伏線がありますが。
何にしても、悪化してる感が強い。
切羽詰まった状況は少し改善したはずなのだけど、何かが彼女の精神のネックにまだなってるんでしょね。
武闘派との悶着の話でしたがなんか彼らとのバトルがありそうかとおもいきや、終わり方がまた修羅に堕ちそう('A`)。

2016/02/28 20:51

投稿元:ブクログ

大学には武闘派と穏健派がいるって設定、おもしろいですねー。
男子がこの漫画にいるってのも新鮮♪

巻末のサークルノートに詩人が出没してるのもツボだった。
どんな子なのかしら?

2016/01/12 19:59

投稿元:ブクログ

なんだろう、りーさんに何かフラグが見えるような気がするのは気のせいだろうか…。
みーくんが会ったのはスミコさんなのかな。

2016/01/23 14:23

投稿元:ブクログ

6巻の終わりでどうなることかと思っていたのですが、無事で何より。(´Д⊂
またまた新展開とはいえタイトル通りのがっこう暮らしですが、将来に向けてストーリーが着々と進んでいる様子も見逃せません。

2016/01/28 00:09

投稿元:ブクログ

 突如起きた異変により人類がゾンビ化し、人を襲うようになった世界。
 生存者の「ゆき」たちは、学校内の安全なエリアで「がっこうぐらし」を送っていたが……という、新感覚サバイバルもの第7巻です。

 7巻では、大学に到着した4人が「武闘派」「穏健派」に別れる大学の派閥に巻き込まれていくエピソードが描かれます。

 その名のとおり攻撃的、排他的な「武闘派」を恐ろしく感じる一方で「穏健派」に属する4人の新キャラクターが非常に魅力的で、久々の明るい話題に、読み手もほっと一息つくことができます。

 自堕落なようで包容力あるトーコ、細やかな気遣いで皆をフォローするアキ、寡黙で冷静なヒカコ。
 そして、知性的な変わり者のリセ。
 これまで寄り添って耐えてきた学園生活部員に、4人も姉のような存在ができることを嬉しく感じた読者は多くいると思います。

 しかし、依然として学内・学外に危険人物が多くいることも事実。ゆきの精神的安定、りーさんの肉体的復調を喜びつつ、今後の展開が恐ろしくなりました。
 
 生存者たちとの接触で、大きく雰囲気の変わる7巻です。
 既刊を楽しまれた方は、安心感と新しい空気を感じられる内容になっています。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む