サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ミレニアム 4上 蜘蛛の巣を払う女 上
ミレニアム 4上 蜘蛛の巣を払う女 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/18
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209584-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ミレニアム 4上 蜘蛛の巣を払う女 上

著者 ダヴィド・ラーゲルクランツ (著),ヘレンハルメ美穂 (訳),羽根 由 (訳)

雑誌『ミレニアム』を発行するミカエルたちの会社は経営危機に陥り、株式の30パーセントを大手メディア企業のセルネル社に売り渡していた。ミカエルにも優れた記事がなく、時代遅れ...

もっと見る

ミレニアム 4上 蜘蛛の巣を払う女 上

1,620(税込)

ミレニアム4 上

1,458(税込)

ミレニアム4 上

ポイント :13pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

雑誌『ミレニアム』を発行するミカエルたちの会社は経営危機に陥り、株式の30パーセントを大手メディア企業のセルネル社に売り渡していた。ミカエルにも優れた記事がなく、時代遅れの記者との非難にさらされていた。そんな彼のもとに、ある男から大スクープになるという情報が持ち込まれる。人工知能研究の世界的権威であるバルデル教授が何か大きな問題を抱えているようなので、会ってほしいというのだ。男の話からリスベットが関係していると確信したミカエルは、彼女に連絡を取ろうと試みる。一方、アメリカのNSA(国家安全保障局)は、産業スパイ活動を行なう犯罪組織の関連会社からバルデルが革命的な研究成果を持ち出したため、彼の身に危険が迫っているとの情報を得る。折しも、鉄壁の防御を誇るNSAのネットワークに何者かが侵入した!【「BOOK」データベースの商品解説】

アメリカのNSA(国家安全保障局)は産業スパイ活動を行う会社から人工知能研究の権威バルデル教授が研究成果を持ち出したとの情報を得る。折しもNSAのネットワークに何者かが侵入。不屈のジャーナリスト、ミカエルは…。【「TRC MARC」の商品解説】

人工知能の研究で世界的な名声を博す科学者。彼が抱える重大な問題に巻き込まれたジャーナリストのミカエルは、異色の女性リスベットに連絡を取る。やがて二人は、巨大な悪の組織を相手に闘う!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

あの傑作の続編とな

2016/07/14 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

残念ながら作者が亡くなってしまったあの傑作の続編。
最初は背景説明がまわりくどく思えたが段々と引きづり込まれていく。
続編といっても1ではなく3の続編。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/08 08:56

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)

雑誌『ミレニアム』を発行するミカエルたちの会社は経営危機に陥り、株式の30パーセントを大手メディア企業のセルネル社に売り渡していた。ミカエルにも優れた記事がなく、時代遅れの記者との非難にさらされていた。そんな彼のもとに、ある男から大スクープになるという情報が持ち込まれる。人工知能研究の世界的権威であるバルデル教授が何か大きな問題を抱えているようなので、会ってほしいというのだ。男の話からリスベットが関係していると確信したミカエルは、彼女に連絡を取ろうと試みる。一方、アメリカのNSA(国家安全保障局)は、産業スパイ活動を行なう犯罪組織の関連会社からバルデルが革命的な研究成果を持ち出したため、彼の身に危険が迫っているとの情報を得る。折しも、鉄壁の防御を誇るNSAのネットワークに何者かが侵入した!

2016/01/31 20:00

投稿元:ブクログ

待望の「ミレニアム4」
ラーソンさんが亡き人だと知った時にはサメザメと泣いたけれどPCの中に「4」があるらしいと知ったときにはかすかな希望を~だがしかし!ラーゲルクランツさんは何もないところから1・2・3を踏まえこの4を著してくださったとか…

ありがとうございます!
ミカエルとリスベットにまた逢うことができた(泣)
上 あっという間に読み終え下にこれから取り組みます。

2016/07/06 18:19

投稿元:ブクログ

リスベットが凄腕ハッカーなのはいいんだけど、シンギュラリティとかブラックホールとかについてマンガみたいに天才なのは正直不要だと思います…没頭していたいのに我に返ってしまう。あと、超絶美人ばかり出て来るのも勘弁してほしい。そういうのなくてもちゃんと魅力的なのに。

2016/04/03 01:36

投稿元:ブクログ

作者が変わったけど、基本的にはミレニアムの続編を楽しみにする読者を裏切らない構成になっている。ただ、根拠はないが、作者が違う影響を少し感じる。一点あげるなら、章の最後に『後にこの判断は誤りであったことに気づく』みたいな、先の展開を垣間見せるのは、以前はなかったと記憶している

2016/07/20 21:27

投稿元:ブクログ

久しぶりシリーズ新作。前作の作者が急逝したので、別の作者に。でも雰囲気は変わってない気がした。スケールが大きくて入り組んでいるのに、どんどん読んでしまう。おなじみのメンバーも出ていて、下巻が楽しみ。
以下あらすじ。
天才的なコンピューターの研修者で、人工知能の開発者であるバルデル教授。彼の研究が盗まれた。どうやらある企業から組織へ渡ったらしい。一方、アメリカの国家安全保障局は、バルデルに危険が迫っているとの情報を得る。その安全保障局にハッキングしたリズベットには、父の後継者をつぶすという目的があった…。

2016/03/29 17:46

投稿元:ブクログ

スティーグ・ラーソンの急逝により、
第 3 部で終了のはずの『ミレニアム』。
別作者による続編、どうなんだろうと思いつつ読む。
下巻へのネタ振りの役割は果たしている。
実際続きが気になるし。
下巻でのリスベット・サランデル次第で、
第 4 部の評価が定まるのではないだろうか。

2016/05/27 06:43

投稿元:ブクログ

北欧ミステリーの大ヒット作がまさかの続編?!
あのリスベットやミカエルにまた会える~

ストーリー展開や語り口がラーソンを彷彿させるらしい(邦訳本なので私は判断つきませんが……)ですが、実に見事に三部作の内容を引き継ぎ隙間を埋めるエピソードが随所にちりばめらりているあたりは、あっぱれである。
なので、三部作を読んでいない方には、酷ですが「三部作から読め」とお勧めします(笑)
この上巻は事件しか起きません。
しかし、最近流行りの「人工知能」や「サヴァン症候群」が取り上げられ飽きさせません。
そして何故か、
私の誕生日に事件は起きます(笑)
ただ、ミレニアム買収騒動が本当に必要だったのか、そこが謎。そして、エリカの言動が個人的にあまり好きになれません……そんなところまでしっかり引き継いでいてくれている:(;゙゚'ω゚'):

……そして怒涛の下巻へ

2016/06/18 10:17

投稿元:ブクログ

3部作を読んでから
だいぶブランクがあり
あれこれ思い出しつつ読んだけど
そんなに違和感もなく
あぁ、リスベットとミカエルが帰ってきた~
とワクワク。

でも、難しい専門用語が多々あり
登場人物も多いうえ名前と関係性が
なかなか入ってこなくて苦労した。

サヴァン症候群の少年にかなり興味を惹かれつつ
さぁ、ここからどうなっていくのか
下巻、楽しみ。

2016/02/20 10:09

投稿元:ブクログ

初めのうちはまどろっこしい感じがしましたが、バンデル フランスの死のあとは結構面白くなってきました。

下巻に期待です。

2016/06/28 08:04

投稿元:ブクログ

書店で見つけた
第4巻の出版は期待していたが、全く別な作家から、でるとは思わなかった。
出版社からのオファーらしい。
過去の事件を振り返るところが、他者の作である ことを意識させられた。
コンピューターハッカーに関する詳細な研究はしているようだ。
(リスベットのイメージが異なる)
事件の伏線に異常さはなくなり、犯罪組織に焦点が当たっている。

2016/02/13 13:08

投稿元:ブクログ

出た!!待望の4作目。「蜘蛛の巣を払う女」です。
 
 簡単に説明すると、元々はスティーグ・ラーソンの著書です。全5作の構想があり、第1部、第2部を書きあげ、第3部の執筆に取り掛かったタイミングで出版社へ連絡。

 第3部を書きあげ、第4部に取り掛かった時、第1部の発売を前にした2004年11月、心筋梗塞で死去。50歳でした。この時、第4部の原稿が200ページ、PCに残っている。ラーソン本人は、この世界的な大ヒットを知らずに亡くなっています。

 この後、書きかけの第4部がどうなるのか、私を含めて多くのミレニアムファンが注目していましたが、そんな動きも無かった。
 諦めかけた時に、第4部発売!!と言う信じられない出来事に飛びつきました。しかも何と、別な著者が書いている??

 これはちょっと・・・と言う心配をよそに、内容はもう完全に「ミレニアム」
 上手く表現出来ませんが、少しだけ、スティーグが書いていた時のザラツキ感が薄くなったような気もする。

内容のレビューは、下巻でしますが、まず第4部が読めた喜びを書きたくて。

ちなみに第3部を読み興奮して書いてしまったレビューはコレです。
http://booklog.jp/users/kickarm/archives/1/4152090480

2016/06/20 13:52

投稿元:ブクログ

親権を手放した人工知能研究の権威フランス、自閉症の息子アウグスト、#ブルムクヴィストの時代、リスベットの関わった産業スパイ疑惑、極秘中の極秘機密を扱うNSA、サヴァン症候群、犯罪組織のボス“サノス”、「国民を監視する者はやがて国民によって監視されるようになる」、ヤン・ホルツェルの失態、アウグストの才能を求めて…下巻へ

2016/03/25 01:23

投稿元:ブクログ

うーん…
入りきれぬまま終わってしまったなぁ
3からそのまま間開けずに読めたのだけど、
なんか魅力が足りない作品でした。
終わり方だけは胸熱。

2016/06/17 03:10

投稿元:ブクログ

初読

どうなんかねぇ、と少しドキドキしながら読み始め、
あー、ちょっと文章が平易かなぁと思いながら、
やはり、あの方この方が出てくると嬉しい。

ミレニアム誌がピンチっぽくて人生そうそう順風にいかんのかと
何故か若干落ち込んだりw

サヴァン症候群の子供の使い方は予想が出来て安易かなぁ
ドラマティックになるし面白いけどさぁ
色々な面々を出すためにか?色々多方面に広げたまま上巻終わったけど
畳めるのかな?