詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 小説・文学
  4. ミレニアム 4上 蜘蛛の巣を払う女 上

ミレニアム 4上 蜘蛛の巣を払う女 上

  • 発売日:2015/12/18
  • 出版社:早川書房
  • サイズ:19cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209584-8

読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

ミレニアム 4上 蜘蛛の巣を払う女 上

ダヴィド・ラーゲルクランツ (著), ヘレンハルメ美穂 (訳), 羽根 由 (訳)

紙書籍

1,620 ポイント:15pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

1,458(13pt) ミレニアム4 上

紙書籍より:162円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

雑誌『ミレニアム』を発行するミカエルたちの会社は経営危機に陥り、株式の30パーセントを大手メディア企業のセルネル社に売り渡していた。ミカエルにも優れた記事がなく、時代遅れ...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

雑誌『ミレニアム』を発行するミカエルたちの会社は経営危機に陥り、株式の30パーセントを大手メディア企業のセルネル社に売り渡していた。ミカエルにも優れた記事がなく、時代遅れの記者との非難にさらされていた。そんな彼のもとに、ある男から大スクープになるという情報が持ち込まれる。人工知能研究の世界的権威であるバルデル教授が何か大きな問題を抱えているようなので、会ってほしいというのだ。男の話からリスベットが関係していると確信したミカエルは、彼女に連絡を取ろうと試みる。一方、アメリカのNSA(国家安全保障局)は、産業スパイ活動を行なう犯罪組織の関連会社からバルデルが革命的な研究成果を持ち出したため、彼の身に危険が迫っているとの情報を得る。折しも、鉄壁の防御を誇るNSAのネットワークに何者かが侵入した!【「BOOK」データベースの商品解説】

アメリカのNSA(国家安全保障局)は産業スパイ活動を行う会社から人工知能研究の権威バルデル教授が研究成果を持ち出したとの情報を得る。折しもNSAのネットワークに何者かが侵入。不屈のジャーナリスト、ミカエルは…。【「TRC MARC」の商品解説】

人工知能の研究で世界的な名声を博す科学者。彼が抱える重大な問題に巻き込まれたジャーナリストのミカエルは、異色の女性リスベットに連絡を取る。やがて二人は、巨大な悪の組織を相手に闘う!【商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(15件)
★★★★★(4件)
★★★★☆(4件)
★★★☆☆(5件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2016/01/08 08:56

内容(「BOOK」データベースより)

雑誌『ミレニアム』を発行するミカエルたちの会社は経営危機に陥り、株式の30パーセントを大手メディア企業のセルネル社に売り渡していた。ミカエルにも優れた記事がなく、時代遅れの記者との非難にさらされていた。そんな彼のもとに、ある男から大スクープになるという情報が持ち込まれる。人工知能研究の世界的権威であるバルデル教授が何か大きな問題を抱えているようなので、会ってほしいというのだ。男の話からリスベットが関係していると確信したミカエルは、彼女に連絡を取ろうと試みる。一方、アメリカのNSA(国家安全保障局)は、産業スパイ活動を行なう犯罪組織の関連会社からバルデルが革命的な研究成果を持ち出したため、彼の身に危険が迫っているとの情報を得る。折しも、鉄壁の防御を誇るNSAのネットワークに何者かが侵入した!

評価5 投稿元:ブクログ

2016/01/31 20:00

待望の「ミレニアム4」
ラーソンさんが亡き人だと知った時にはサメザメと泣いたけれどPCの中に「4」があるらしいと知ったときにはかすかな希望を~だがしかし!ラーゲルクランツさんは何もないところから1・2・3を踏まえこの4を著してくださったとか…

ありがとうございます!
ミカエルとリスベットにまた逢うことができた(泣)
上 あっという間に読み終え下にこれから取り組みます。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/04/03 01:36

作者が変わったけど、基本的にはミレニアムの続編を楽しみにする読者を裏切らない構成になっている。ただ、根拠はないが、作者が違う影響を少し感じる。一点あげるなら、章の最後に『後にこの判断は誤りであったことに気づく』みたいな、先の展開を垣間見せるのは、以前はなかったと記憶している

評価3 投稿元:ブクログ

2016/03/29 17:46

スティーグ・ラーソンの急逝により、
第 3 部で終了のはずの『ミレニアム』。
別作者による続編、どうなんだろうと思いつつ読む。
下巻へのネタ振りの役割は果たしている。
実際続きが気になるし。
下巻でのリスベット・サランデル次第で、
第 4 部の評価が定まるのではないだろうか。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/02/20 10:09

初めのうちはまどろっこしい感じがしましたが、バンデル フランスの死のあとは結構面白くなってきました。

下巻に期待です。

評価5 投稿元:ブクログ

2016/02/13 13:08

出た!!待望の4作目。「蜘蛛の巣を払う女」です。
 
 簡単に説明すると、元々はスティーグ・ラーソンの著書です。全5作の構想があり、第1部、第2部を書きあげ、第3部の執筆に取り掛かったタイミングで出版社へ連絡。

 第3部を書きあげ、第4部に取り掛かった時、第1部の発売を前にした2004年11月、心筋梗塞で死去。50歳でした。この時、第4部の原稿が200ページ、PCに残っている。ラーソン本人は、この世界的な大ヒットを知らずに亡くなっています。

 この後、書きかけの第4部がどうなるのか、私を含めて多くのミレニアムファンが注目していましたが、そんな動きも無かった。
 諦めかけた時に、第4部発売!!と言う信じられない出来事に飛びつきました。しかも何と、別な著者が書いている??

 これはちょっと・・・と言う心配をよそに、内容はもう完全に「ミレニアム」
 上手く表現出来ませんが、少しだけ、スティーグが書いていた時のザラツキ感が薄くなったような気もする。

内容のレビューは、下巻でしますが、まず第4部が読めた喜びを書きたくて。

ちなみに第3部を読み興奮して書いてしまったレビューはコレです。
http://booklog.jp/users/kickarm/archives/1/4152090480

評価3 投稿元:ブクログ

2016/03/25 01:23

うーん…
入りきれぬまま終わってしまったなぁ
3からそのまま間開けずに読めたのだけど、
なんか魅力が足りない作品でした。
終わり方だけは胸熱。

評価0 投稿元:ブクログ

2015/12/03 12:47

伏線は、ちゃんと回収されるだろうか?

早川書房
http://www.hayakawa-online.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000013105&search=%A5%DF%A5%EC%A5%CB%A5%A2%A5%E0&sort=

評価3 投稿元:ブクログ

2016/02/26 11:28

ミレニアムシリーズ4作目。ではあるが作者が亡くなっているので違う作者によるもの。久しぶりなので遠い記憶でしかないが、設定等はそのままだが、やはり若干違う印象。下巻に期待。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/02/27 00:18

約10年ぶりのドラゴンタトゥーの女の続編。人工知能の権威であるフランスが銃で殺害され、殺害場面の目撃者がフランスの子供の自閉症で話せないサバァン症候群の子供。フランスが殺害された数時間前に雑誌ミレニアム編集のミカエルはフランスから電話で呼び出され会う事になっていたのだが、フランスは何を伝えようとしていたのか?天才ハッカーのリスベットと共に事件の真相を追求していく。サバァン症候群の子供は絵の才能に数学の才能も混合された素質を持っているようで、下巻が楽しみ。図書館で借りた本。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/12/27 13:15

別の作者による続編ということで、半信半疑ながら帯の言葉につられて購入。ここまでのところは及第点はいっていると思う。

評価0 投稿元:ブクログ

2016/03/08 20:36

ミレニアム1は、偶然手にした本でありまして、
50ページまでのしんどかったことが懐かしく思い出されます。
何度もやめようかと思いましたが、それ以降の早いこと!!!!
2・3は楽しみでさっさと読み終えてしまえました♪
偶然見かけたまさかの『4』
そういうことかと、早くも気が付いてしまいました。
が、それでも、一気に読んでしまった(^_^)v

評価5 投稿元:ブクログ

2016/01/02 14:55

201512/上下あわせて。別作家による続編ってことで期待と不安半々で買ったけど、とてもよかった!またこのキャラ達に会えた喜びで点が甘くなってしまうけど…。多少の違和感・エンタメ寄りの結末に、旧作からのファンは好嫌わかれるかもだけど、一気読み必至。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/01/28 17:21

待望の続編。でもだいぶスケールダウンした感じは否めません。リスベットが動き出してからスリリングになってきたので、後編に期待!

評価5 投稿元:ブクログ

2016/02/15 14:09

大好きだった「ミレニアム」3部作の続きが!?
スティーグ・ラーソンが亡き人となってしまっているので、本人には構想があったらしいけど、もう続編が読めないなんて・・・と思って切なく思っていました。

街の風景や季節なども感じながら読み進めることで、今までまったく興味もなかった(すみません)ストックホルムに行ってみたい!と思うようになったり・・本当に影響をうけました。
訳している方が同じだし(ヘレンハルメ美穂さんの訳文、好きです!)スティーグ・ラーソンの時と同様、小さな描写ががその後のストーリーに出てくるところなど、以前と変わらずだったので違和感がないです。

ミレニアム1-3巻を読了して、「ああ、もうサランデルとミカエルの続きが読めないんだ・・」という寂しい思いをしなくてもいいんだな、、という思いです。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.