サイト内検索

詳細検索

全品ポイント2倍(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ミレニアム 4下 蜘蛛の巣を払う女 下
ミレニアム 4下 蜘蛛の巣を払う女 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/18
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/358p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209585-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ミレニアム 4下 蜘蛛の巣を払う女 下

著者 ダヴィド・ラーゲルクランツ (著),ヘレンハルメ美穂 (訳),羽根 由 (訳)

NSAのネットワークに侵入したのはリスベットだった。彼女はある目的のため、この犯罪組織を追っていたのだ。犯罪組織のリーダーはサノスと呼ばれていた。一方ミカエルは、セルネル...

もっと見る

ミレニアム 4下 蜘蛛の巣を払う女 下

1,620(税込)

ミレニアム4 下

1,458(税込)

ミレニアム4 下

ポイント :13pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

NSAのネットワークに侵入したのはリスベットだった。彼女はある目的のため、この犯罪組織を追っていたのだ。犯罪組織のリーダーはサノスと呼ばれていた。一方ミカエルは、セルネル社が『ミレニアム』編集部から彼を追い出そうとしていることを知るが、さらに衝撃の事件が発生する。万全の警備システムを設置し、自閉症の息子と暮らすバルデルの家が襲撃されたのだ。警察の捜査が開始され、リスベットと連絡を取ることに成功していたミカエルも独自に調査に乗り出す。だが、今度はバルデルの息子に魔の手が伸びてきた。全力で息子を護るミカエルとリスベット。やがて一連の事件の背後に、リスベットの知られざる過去が大きく関わっていることが明らかになる。そして、リスベットに犯罪組織の暗殺者たちが、さらにはNSAの追っ手が迫る!【「BOOK」データベースの商品解説】

自閉症の息子と暮らすバルデルの家が襲撃された。ドラゴン・タトゥーの女リスベットとミカエルは、独自の調査に乗り出す。やがて、一連の事件の背後に、リスベットの知られざる過去が大きく関わっていることが判明し…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

さらに続編に期待

2016/07/14 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化されたドラゴンタトゥーの女ではなく、その後の2,3の続編。
亡くなった元の?作者の前作で自分の父親を打ちのめしたリスペットに双子の妹カミラの魔の手が襲いかかる。
元の作者のなんとも言えない緊張感にはやや劣ると感じるが、さらなる続編を是非期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/10 10:45

投稿元:ブクログ

やはり一番の関心は、故スティーグ・ラーソンの『ミレニアム』をどこまで再現できているかということだろう。六年半ぶりの読書は前作を思い出すことから始まったが、大きな違和感もなく読めたので、キャラクターや雰囲気の再現率は高いと思う。

国家間にまたがった事件はスピード感もあり読み応えがあったが、奥行きにやや欠けるような気がした。どこかで読んだストーリーはダン・ブラウンを連想させる。微妙に明るくて微妙に軽い。シリーズ特有の陰惨さが感じられない。そう思うとリスベットも少し丸くなったような。まあでも、シリーズ再開第一作なので、暗さや重さに偏るよりは、サスペンス色を前面に出した万人受けするストーリーでバランスよくキレイにまとめる方が正解なのかもね。

とは言っても、前作の伏線をきっちり拾って展開させているところは流石だと思う。「あの続きはどうなった?」と気になってる多くの読者に対してはっきり方向性を示したのは素直に嬉しかった。予定では第六弾までの刊行が決定してるのだとか。そしてハリウッドは二作目三作目をすっ飛ばして四作目を映画化するらしい。確かにハリウッド向きの話ではありますね。

多大なプレッシャーの中、シリーズを引き継いだ作者もすごいと思うけど、同様に訳者さんにも感謝します。続編も楽しみ。

2016/01/08 08:58

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)

NSAのネットワークに侵入したのはリスベットだった。彼女はある目的のため、この犯罪組織を追っていたのだ。犯罪組織のリーダーはサノスと呼ばれていた。一方ミカエルは、セルネル社が『ミレニアム』編集部から彼を追い出そうとしていることを知るが、さらに衝撃の事件が発生する。万全の警備システムを設置し、自閉症の息子と暮らすバルデルの家が襲撃されたのだ。警察の捜査が開始され、リスベットと連絡を取ることに成功していたミカエルも独自に調査に乗り出す。だが、今度はバルデルの息子に魔の手が伸びてきた。全力で息子を護るミカエルとリスベット。やがて一連の事件の背後に、リスベットの知られざる過去が大きく関わっていることが明らかになる。そして、リスベットに犯罪組織の暗殺者たちが、さらにはNSAの追っ手が迫る!

2016/07/12 08:00

投稿元:ブクログ

最初は前3作との違いをいやらしくも探してしまったのだけど、読み進めるうちにそんなことすらまったく考えなくなった。むしろ前作と何ら遜色がないことに驚いている。もしかしたら世界線はほんの少し変わってしまったかもしれない。でもやはりこうして物語の続きを、リスベットの世界を、ミカエルのモテ及び翻弄・奔走を読めることは単純にとても楽しく、そしてとても嬉しい。

2016/02/10 15:51

投稿元:ブクログ

著者が急逝したので続編はあきらめていたところに別の著者を起用するという荒技で復活したシリーズ。多少心配しながら読み始めたのですが、その心配は杞憂に終わりました。ミカエルもリスベットも以前のまんま。これから先も楽しみです。

2016/02/02 20:07

投稿元:ブクログ

これは!
ハリウッドでも大丈夫な出来上がり。
ラーソンさんのこれまでの「ミレニアム」が大好きだったため、きっとこの4の上下はなんだかなぁ~という思いするんだと予想していましたが、どうしてどうして!期待した以上の内容で。
続きもどうぞお願いいたします
m(__)m

2016/07/15 09:20

投稿元:ブクログ

リアリティーがこんなに無くても、キャラが魅力的なら良い、ということなのかな。第1作のリズベットなら、こういう人がいてもおかしくないと思えたけど、今回のは。上下巻だけど、非常に軽くさっぱりとした後味。

2016/04/10 12:20

投稿元:ブクログ

結局のところ、作者が変わった影響をほとんど感じさせず、ミレニアムに求める魅力が満載の作品でした。過去3作品の内容をほとんど忘れているので、そこを思い出しながら読めたら伏線も含めもう少し楽しめたと思うと残念。
一点個人的に気になる点を挙げるとするなら、キャラ設定と言動が少しあっていない印象がある。
例えるなら、仕事が遂行できない必殺仕事人みたいな。

2016/07/28 21:13

投稿元:ブクログ

下巻はますます一気読み。まさかこんなところに、リスベットの家族が関わってくるなんて…。しかもそれを無理なく物語に織り込んでくるとは。新シリーズも楽しみに待つ。

以下あらすじ

リズベットがハッカーをしながら追いかけている組織のリーダーはサノスと呼ばれている。それは、アメリカンコミックスに登場する悪役にちなんでつけた、リズベットの妹のことだった。見た目も性格も正反対の妹は、父ザラの跡を継ぎ、リズへの復讐の機会をうかがっていた。

2016/03/03 22:17

投稿元:ブクログ

 作者さんの死亡により、書きかけの4作目の遺稿の取り扱いを婚約者と遺族で争っていると聞いていた。
 まさかの出版社選定の別作家による4巻の出版である。驚いた。

 これシリーズって言っていいんだろうかと迷いつつも読み始める。

 個人的に好きなテーマでもあり楽しかった。
 ただ、これは書き手の好みだろうけどミカエルがずいぶんちゃんとしてる。こんなミカエル見たことない! ヒロインなんだからもっと脱がないとって気持ちになる。

 違和感については……あるような無いような。もうシリーズものの映画が途中で監督や脚本が変わってもシリーズであるように、これもシリーズだと言える気がする。
 あと、故人の遺稿を引き継いで書き手が変わると、どうしても違和感が残るので、そういった意味では1から書くのは正しい気もする。
 また、翻訳者の方は1から引き続き同じ方なので、それで違和感が薄いのかもしれない。

 読み終えてレビューを見たら、みなさんミカエルが真面目になったwって書いてあって笑った。
 そして、読者の皆さんが愛する、魅力的なキャラクターを生み出したスティーグラーソン氏のご冥福を祈ります。

2016/04/17 23:16

投稿元:ブクログ

うーん。なんと言ったらよいのか…。
下巻に期待していたのだが…。
スティーグ・ラーソンとは別物の B 級サスペンスとして、
読みたい人は読めばいいんじゃないかな。残念。

2016/02/22 15:11

投稿元:ブクログ

違う作者の物語の続きをそのまま書くなんてすごいと思う。あまり違和感はなかった。でも4作目なので少々物足りなさをあった。

2016/05/25 22:38

投稿元:ブクログ

あっという間に読み終わってしまった。
読みやすくなってるかも。
やはりリスベット格好いいな~
頭もいいし強いし。本当に幸せになってほしいわ。

2016/06/18 10:19

投稿元:ブクログ

やっぱ、リスベットかっこええわ。
素敵すぎる。

でも、ちょっと今回は大人しめな印象
もっとエグイことになるのも
期待していたけどなぁ。
まぁ、続編が出るそうなので
まだまだ楽しめそうですな。ウシシ。

2016/04/16 22:49

投稿元:ブクログ

リスベットやミカエルに再会できた興奮、わくわく感は下巻に入ると薄れてきて。
うーんなんだろう……ワスプの由来とかサノスとかそのネタかよ!と面白かったりしたんだけども。
稀代の名ヒロイン・リスベット無双を楽しむエンタメになっちゃったんだな、とがっかり感が。
黒幕の正体もなあ。ザラチェンコ一族という血統大戦か、という。

いや面白いんだよ。読ませるんだよ。
ただ、ラーソンオリジナルにあった社会正義的な怒りというか、そういうのがちょっと掘り下げたりないというか。
『特捜部Q』あたりの方が北欧ミステリとして上質じゃないかな、という結論になりそう。
それでも続編が出たら読むとは思う……なんなんだろう、この『キック・アス』続編みたいながっかり感。