詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

怒り 上(中公文庫)

中公文庫honto ランキング第4位

  • 発売日:2016/01/25
  • 出版社:中央公論新社
  • レーベル:中公文庫
  • サイズ:16cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-206213-9

文庫

  • 国内送料無料

怒り 上 (中公文庫)

吉田 修一 (著)

紙書籍

648 ポイント:6pt

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

惨殺現場に残された「怒」の血文字。杳として行方の知れない犯人。そして、事件から1年後の夏−。房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に田代が現れ、ゲイの優馬は直人と出会い、女...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

惨殺現場に残された「怒」の血文字。杳として行方の知れない犯人。そして、事件から1年後の夏−。房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に田代が現れ、ゲイの優馬は直人と出会い、女子高生・泉は田中と知り合う…。【「TRC MARC」の商品解説】

整形した殺人犯・山神はどこに? 房総の港町で暮らす愛子、東京で広告の仕事をする優馬、沖縄の離島へ引越した泉の前に、それぞれ前歴不詳の男が現れる。【本の内容】

ユーザーレビュー

全体の評価 3.8
3.8
評価内訳 全て(45件)
★★★★★(5件)
★★★★☆(23件)
★★★☆☆(12件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

今を真剣に考え直すことが迫られる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/03/04 10:20

評価5 投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

この装幀だけでも書店で平積みされているとインパクトがありますが

中身も相当考えさせられます。

物語の時間設定は現代です。

あくまでもミステリーとしてエンターテイメントとして

読んだ人を楽しませるものとして高い完成度ですが、

その中で投げかけられる私たち社会の問題の多さ深さ!

知的障害者とその家族に対する

母子あるいは父子家庭対する

性的マイノリティに対する

基地問題も含めた沖縄に対する

私たち一人一人の理解と寛容性と共有感への

痛切な問いかけ。

今を真剣に考え直すことを迫ってくる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

切ない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/05/24 22:49

評価4 投稿者:りん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この物語は、3つの異なる場所で起こった出来事が同時進行で語られます。そのなかでも自分が特に心惹かれたのは、優馬と直人の話でした。信じたいのに信じきれない、その葛藤がとても心苦しく、また切ない。疑いが招いた結末はあまりに悲しいものでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

良作の予感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/03/28 22:42

評価4 投稿者:さんしろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

3つの別々に進む物語を最後どのように収束させるのか実に楽しみ。帯によれば、どうやら愛がポイントらしいが、上巻ではまだその気配が伺えるのみであり、下巻の展開が読めない。推理?サスペンス?どちらにしても斬新なストーリーであるのが、うれしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一気に読めます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/03/15 18:37

評価4 投稿者:ろぺ - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化されるということで、下巻と一緒に購入しました。どう展開していくのか気になって一気に読んでしまいました。早く結末が知りたいと思ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

引き込まれる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/24 09:00

評価4 投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに吉田修一作品を読みました。すべての人物が怪しく思えてならず、ひたすらハラハラ。上巻は伏線がうまく張られていたなという印象です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

上巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/23 20:51

評価3 投稿者:あさり - この投稿者のレビュー一覧を見る

疑わしい3人の若者が登場
このなかの誰かが犯人なのか?
それともこれから登場するのか?
彼じゃなければいいなとか、揺さぶられているうちに読み終わってしまった感じ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2016/03/08 08:57

買う気は無かったのだけれど…
本屋に行くたびに目に付く『怒り』のタイトル。
インパクト強いなぁ。
気になってしょうがなくなり、負けて購入する事に。

八王子で起きた殺人事件。
現場には血で書かれた『怒り』の文字。
犯人は未だ逃走中。

東京、房総、沖縄の3つの土地に現れた身元不明の三人の男。

下巻にどう繋がるのか、先が読めません。
犯人はこの三人の中の誰かなのだよなぁ。

評価5 投稿元:ブクログ

2016/04/15 00:40

優馬のお母さんのところで号泣してしまった…。3人の誰も犯人じゃなかったらいいのに…でも誰かが犯人なんやろなて…いややなぁ…。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/05/08 22:28

初の吉田修一作品。
友人にもらいました上下巻。

ううむ、この不気味な感じなんだろう。
意味がまだよくわからないこの感じ。
下巻で、殺人事件と3つの話がどう展開していくんだろう。

評価0 投稿元:ブクログ

2016/02/20 12:36

読みたかった本が文庫化されたので購入して読んでみました。

ゲイだとか、実際にあった事件を思い出させるあたりとか、頭の中にその情景が浮かぶような描写だとか、まさしく吉田修一作品という感じ。
下巻も楽しみです。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/02/13 22:06

衝動買いしたけど、一日で読んでしまうくらい、次が気になって仕方なかった。一体誰が犯人なんだろう・・・。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/02/12 23:49

323
逃亡する凶悪殺人犯。犯人に似た3人と、その3人それぞれに深く関わった人々の話。
それぞれの話は良いとして、読解力がないからなのか、個人的には、冒頭の殺人の理由がわからないまま、かつ、犯人が抱いていた『怒り』が何に対してのものだったのかわからないまま物語は終わり、モヤモヤ感が残った。
同著者、読了3作目。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/03/13 10:55

八王子で起こった陰惨な殺人事件の犯人を追う刑事と、房総、東京、沖縄に現れた謎の男性。それぞれ、暗い背景を持っているのだけど、この4組の話が下巻でどう繋がって転がっていくのか全く予測ができません。左利きだとか、頬にホクロがあるとか、犯人と同じ特徴を持っていても犯人だとは限らないし、傷ついた泉ちゃんが立ち直れるのか、予測不能のまま下巻に突入です。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/03/11 17:36

3つの家族のエピソードが順番に語られるスタイル。
冒頭の殺人事件がセンセーショナルな分、そのあとが
淡々としすぎていてちょっともどかしい。

評価0 投稿元:ブクログ

2016/01/28 18:54

善良な夫婦が惨殺された殺人事件の現場には「怒り」と書かれた血文字が残されていた。容疑者の男はそれから1年、顔を変えて逃走を続けている。

物語は、3人の謎の男を軸に進む。
沖縄の離島で子供たちが親しくなったバックパッカー、ゲイの会社員が発展場で出会った不思議な男、世間に溶け込めない女性が愛した漁港の青年。
男と相対する人びとは、それぞれの事情を抱えながらそれぞれの小さな世界で生きていて、男への親愛と疑念を育ててゆく。

どのエピソードにも、愛しながらも信じられない悲しさがある。気付きがあって喪失がある。読み終えたあとに感じるやりきれなさは、読者に届ける怒りでしょうか。ミステリータッチではあるけれど、あくまでミステリーではなく市井の人びとが主役の人間ドラマ。繊細な機微を描きながらも一気に読ませるのは、さすがの筆力としかいえない。

近頃の吉田修一は、ますます鋭くなっていく気がする。えぐるような生々しい描写力、このひとはどこまで深く人間を見るのだろう。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.