サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. キングダム 41 (ヤングジャンプコミックス)
キングダム 41 (ヤングジャンプコミックス)(ヤングジャンプコミックス)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

キングダム 41 (ヤングジャンプコミックス)

著者 原 泰久 (著)

中華制覇への大いなる一歩秦国内の統一を果たし、互いの夢に向けて更なる決意を固めるエイ政と信。そんな中、大国・楚では、国を揺るがす大事件が…。そして、趙への進軍を命ぜられた...

もっと見る

キングダム 41 (ヤングジャンプコミックス)

555(税込)

キングダム 41

500(税込)

キングダム 41

ポイント :4pt / 紙の本より55おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「キングダム 41 (ヤングジャンプコミックス)」が含まれるセット商品

キングダム(ヤングジャンプコミックス) 43巻セット(ヤングジャンプコミックス)

キングダム(ヤングジャンプコミックス) 43巻セット

商品説明

中華制覇への大いなる一歩
秦国内の統一を果たし、互いの夢に向けて更なる決意を固めるエイ政と信。そんな中、大国・楚では、国を揺るがす大事件が…。そして、趙への進軍を命ぜられた飛信隊の目の前に現れた驚愕の友軍とは…!?


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

いよいよ新章突入

2016/04/28 19:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BlueSky - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついに秦をまとめ上げ、中華統一に向けて動き出したエイ政(漢字が出ない)。
ライバルとなる他国もえらいことになってます。飛信隊の次の戦いも本格的に始まりました。
桓騎は味方なのに、あまり嬉しくない相手。色々と前途多難っぽい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やはり面白い!

2016/04/15 06:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Min - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻から読んでます
次が待ち遠しい・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

新章スタート!

2016/03/20 17:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

いよいよ中華統一に向けて、動き出しましたね。
そして、読み始めて、突然、春申君の暗殺という、ビックリな展開に、声を上げてしまいました。
オギコの伝令では、めちゃくちゃ笑わせてもらいましたが、それと共に、人気キャラである桓騎が、再登場しますね!
玄峰の暗殺で、度肝を抜かれて以来、彼の活躍には、目が離せません。
次巻が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

迫力

2016/02/28 10:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まっさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回も迫力ある内容で、ワクワクドキドキしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ついに始まる中華統一への道

2016/01/29 19:33

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリッパー - この投稿者のレビュー一覧を見る

秦がようやく統一へ向けて動き出しました。
秦以外でも大きな動きがあり、中華全体が盛り上がってまいりました。
これから先どんな戦いが待ち受けているのか、わくわくしますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新たな章のスタート!

2016/04/09 20:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カピバラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

キングダムは、毎巻あっという間に読み終えてしまい、
読後に勿体ない感じがしています。
この巻もそうでしたが、いつもよりも物足りないかもと感じました。
恐らく、激動続きの物語が丁度ひと段落着いたので、
今までのおさらいができる内容となっていたためかと。
逆に途中から読み始めた人には、この巻は良いかもしれません。

武将としての性格上、あまり関わらないと思っていた信と桓キの共闘がどうなるのか、
続きが気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新展開スタート、長そう。

2016/02/21 23:12

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイムリミットを設けたり、敵国を強大化したりして、盛り上がる展開を考えているのは偉い。しかし長そうなのが気になる。秦が圧倒的に強いのだから、面白そうなところをピックアップして、展開を早くして欲しいところ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

戦いは続く

2016/02/21 22:08

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒケシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

呂不韋勢力を退けた政は十五年の内に中華の統一を果たす目標を掲げる。ついては、六大将軍を復活させるので、その地位につけるようがんぱれ、と信に告げる。
信は六大将軍の一人になれるのか?
新たな戦場は密林で、信の軍隊は手痛いミスを犯す。挽回なるか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新章幕開け

2016/02/14 10:38

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暇人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

確か王騎が、個の実力があって六将制度があった、みたいなこと言ってたから
その制度を引き継ぐならイスは6個と限定しなくてもいいはず。
個人的にはキョーカイがもっと活躍してほしい。
信とカンキの対立も見物。
次巻が楽しみです。

でもこのペースだと100巻越えるよね。
あと10年以上続くよね…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

桓騎と慶舎、直接対決へ

2016/02/13 19:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お面コレクター - この投稿者のレビュー一覧を見る

飛信隊が、援軍として桓騎軍に加わる。あからさまに相性の悪そうな両者にこれからどんな化学反応が起きるのか、予想が難しいだけに楽しみになります。戦いの舞台は、大森林という初めての舞台で、しかも相手は合唱軍のころから不気味な気配を放ち続けてきた趙の智将・慶舎。本能型の猛将と、カタにはまらない元盗賊の戦いの行方は・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

中華統一編突入!

2016/06/06 00:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nawade - この投稿者のレビュー一覧を見る

中華統一編突入!
表紙の6人が後の秦国六大将軍になるのか気になるところですね。
桓騎はちょっと違うんじゃないかと思ってるんですが。

桓騎と共闘することになった信ですが、このまま無事に終わるとは思えない。
敵を討伐したとしても、確実に二人の間には確執が生まれるでしょうね。
それとも、桓騎が信を抱え込めるほどの器を見せるのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/25 14:48

投稿元:ブクログ

15年で中華統一……国内統一するのに7年近くかかったのに、たった15年で統一なんでできるんだろうか?いや、したんだよな。史実だから。
それもあってか六大将軍の復活。表紙を飾る信を含め六人が最有力候補なんだろうけど、どうなるんでしょうね。
それよりもショックだったのは隣国楚の大事件。表紙に事件がどうちゃら書いてあったけど、どうせたいしたことじゃないだろうと思ってたらたいしたことだった(笑)。史実でもだいぶ大変なこととして書かれてたみたいだし。しかしなぜ彼が自分の子より王弟を推したのか、そのうち理由がわかるんだろうか。そして事件の首謀者のことを、作者がきちんと考えていることには感服いたしました。
後半は桓騎と信の共同戦線。桓騎軍野盗の集まりと言いますが、どう見ても盗人じゃなくて、戦闘民族というか殺人集団みたいな奴らもいるんだけど……本当に野盗かよ!と言いたくなります。まだ桓騎のほうが何倍もマシと……。

2016/02/08 17:44

投稿元:ブクログ

いよいよ将軍を目指して…とは簡単にいかない感じですね。
まだまだ先は長そう。
背表紙のデザインが変わったのに違和感が。漢数字の方がかっこいいよー

2016/05/27 05:50

投稿元:ブクログ

制覇への大いなる一歩。秦国内の統一を果たし、互いの夢に向けて更なる決意を固めるエイ政と信。 そんな中、大国・楚では、国を揺るがす大事件が…。 そして、趙への進軍を命ぜられた飛信隊の目の前に現れた驚愕の友軍とは…!?(Amazon紹介より)

第2部完。いやー、読み応えがありました!

2016/01/19 22:20

投稿元:ブクログ

呂不韋との長い長い対決が
ひと段落ついたので、新編。
今から始まる…
まだ盛り上がりに欠けますし、
新たなとっかかりというか、信がぶつかる困難が出てきて嫌な気持ちも出てきます。
でも大好きな蒙括が出てきてくれてそれだけでも嬉しいかも。

大きな盛り上がりはなくとも、
随所に驚くことは散りばめられており、
やられたーとなることもあります。
早く次巻が読みたい。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む