2016秋 メディア化キャンペーン(~10/7)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. GIANT KILLING 38 (モーニングKC)
GIANT KILLING 38 (モーニングKC)(モーニングKC)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/01/22
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: モーニングKC
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-388559-0
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

GIANT KILLING 38 (モーニングKC)

著者 ツジトモ (著),綱本 将也 (企画・原案)

南米の強豪が日本にやってきた!監督・ペーニャが引き連れてきたのは世界に名だたるスター選手ばかり。彼らは、格下のはずの日本を相手に全力で牙を剥いてきた!ただの親善試合になぜ...

もっと見る

GIANT KILLING 38 (モーニングKC)

607(税込)

GIANT KILLING(38)

540(税込)

GIANT KILLING(38)

ポイント :5pt / 紙の本より67おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「GIANT KILLING 38 (モーニングKC)」が含まれるセット商品

商品説明

南米の強豪が日本にやってきた!監督・ペーニャが引き連れてきたのは世界に名だたるスター選手ばかり。彼らは、格下のはずの日本を相手に全力で牙を剥いてきた!ただの親善試合になぜ――!?そして、今度こそ椿の出番はあるのか!?日本vs.ウルグアイ、キックオフ!!【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

待ってました

2016/01/27 18:06

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぬー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウルグアイとの親善試合がメインの巻。とてもアツイ!そして次の巻が楽しみで仕方ない終わり方。目が離せない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

次巻が待ち遠しすぎて

2016/03/26 15:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:westtribe - この投稿者のレビュー一覧を見る

試合・クラブ運営・代表などをしっかり描きつつ、
ぐいぐい読ませる作者のストーリーテリング力はホントにすごい。
そしてついに椿が…!!(ここの煽り方も本当にうまい)
こんなに次巻が待ち遠しくなるヒキは久しぶりです。
連載段階から、「ここまでが単行本になる」ということも意識してるんでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白かったです。

2016/02/13 13:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SHIN - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近はモーニングで読んでいなかったので、まとめて読んだためか、ぐいぐい惹き込まれる、以前の躍動感溢れるジャイキリの魅力が詰まっている感じが強かったです。
椿の成長が著しすぎて、出来すぎ感も否めませんが、やはり活躍を願ってしまいます。
続きが楽しみになる巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たつみが

2016/02/09 13:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:naga-ru - この投稿者のレビュー一覧を見る

サッカー経験者にもこの本は本格的に楽しめる内容になっていますね。
戦略や選手の考えなど、現場の雰囲気が出ていて、
かつJリーグや日本代表などの話も出てきますし、
クラブチーム・サポーター・選手の関係性がうまくミックスされています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

代表戦

2016/01/24 16:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウルグアイとの闘いです。代表メンバーはまだ覚えていない選手も多いので、以前の巻を読み返してみました。次巻では椿の活躍が期待できそう。あと、2、3巻は、この試合が続くのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/03 00:09

投稿元:ブクログ

日本代表ウルグアイ戦!
全然フレンドリーじゃないフレンドリーマッチ!!
最後の椿にはめっちゃテンション上がった!!
とうとうここまで来たか(つД`。)

2016/02/15 10:45

投稿元:ブクログ

この巻を読んだら、Jリーグの開幕がこれほど待ち遠しくなるとは。(現在は開幕2週間前)サッカーへの熱はこれまで以上に感じる内容でした。素晴らしい

2016/01/23 10:41

投稿元:ブクログ

連載中はあんまりおもしろくないなーって思いながら読んでいたけどコミックスでまとまって読んだら思ったよりも面白かった

女性ファッション誌にヌード表紙を飾ってもおかしくない容姿の選手っていう越後のモデルは永井雄一郎なんだろうなー(笑)
初めて見た時からそう思っていたけど

椿の背番号23は個人的に思い入れのある番号で武蔵野つながりで椿がETU以前に在籍していたチームモデルが東京武蔵野シティ(旧横河武蔵野FC)が横河電機サッカー部時代にある選手がつけていた番号なので
作者がそこまで調べてつけているとは思わないけど個人的にはなんか嬉しいなーと言う

2016/02/02 23:42

投稿元:ブクログ

 代表戦回、ウルグアイ戦の始まりである。ここで引っ張るかとヤキモキさせられる、後半頭の窪田と椿の交代シーンで物語はクローズさせられている。
 物語としてはブラン代表監督とウルグアイ代表監督のペーニャの因縁が示され、ガチで日本をボコりに来たウルグアイの姿勢が描かれている。椿らと同年代であり、ウルグアイの10番を背負うアルバロが重要なキャラとして描かれているのもこの巻の見るべきところだろうか。
 物語が熱を帯び始めているが、ここではまだまだ承前と言うべき物語が描かれている。というわけで、星四つと評価している。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む