サイト内検索

詳細検索

送料無料

エントリー限定! お店とネット利用で最大200ポイント(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 人を動かす 文庫版
人を動かす 文庫版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/01/24
  • 出版社: 創元社
  • サイズ:15cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-422-10098-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

人を動かす 文庫版

著者 D.カーネギー (著),山口 博 (訳)

「人を動かす三原則」「人に好かれる六原則」「人を説得する十二原則」など、社会人として身につけるべき人間関係の原則を具体的に明示する。多くの人々を励ましつづけてきた名著の文...

もっと見る

人を動かす 文庫版

702(税込)

人を動かす 文庫版

702(税込)

人を動かす 文庫版

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「人を動かす三原則」「人に好かれる六原則」「人を説得する十二原則」など、社会人として身につけるべき人間関係の原則を具体的に明示する。多くの人々を励ましつづけてきた名著の文庫版。【「TRC MARC」の商品解説】

あらゆる自己啓発書の原点となったデール・カーネギー不朽の名著。人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則を、長年にわたり丹念に集めた実話と、実践で磨き上げた事例を交え説得力豊かに説き起こす。深い人間洞察とヒューマニズムを根底に据え、人に好かれて人の心を突き動かすための行動と自己変革を促す感動の書。1936年の初版刊行以来、時代に合わなくなった部分を改良するなど、折々に改訂が施されてきた現行の公式版。【商品解説】

目次

  • 改訂にあたって
  • ◇PART1 人を動かす三原則
  • 1 盗人にも五分の理を認める
  • 2 重要感を持たせる
  • 3 人の立場に身を置く
  • ◇PART2 人に好かれる六原則
  • 1 誠実な関心を寄せる
  • 2 笑顔を忘れない
  • 3 名前を覚える
  • 4 聞き手にまわる

著者紹介

D.カーネギー

略歴
1888年、米国ミズーリ州の農家に生まれ、大学卒業後、雑誌記者、俳優、セールスパーソンなど雑多な職業を経て、弁論術や成人教育の講師となり、人間関係の先覚者として名をなす。不朽の名著『人を動かす』『道は開ける』など多数の著作がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

実務に勝るものなし

2016/05/28 18:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴーすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

コーチング本は数あるし、自分でもこれまでもいろいろ読んできましたが、
やはり、実務家に勝るものなし、と感じます。
机上の理論でなく実際に、実践された方ですから説得力はありますよね。
やはり実務者ならでは、管理者どしての基本的なことはここにすべてある、
と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい

2016/04/03 20:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オーケー - この投稿者のレビュー一覧を見る

あたりまえの人間対人間の日常が書かれております。普段あたりまえのことの日常が書かれていますが、自分の行動と照らし合わせると勉強になります。まさに人を動かすことにはさまさまな手段対応があるのだと教えてくれる一冊です。人間対人間難しいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自己啓発

2016/02/17 02:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro51 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自己啓発の走りとなった本。人を動かす3原則、人に好かれる6原則、人を説得する12原則などの基本的なことが学べる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生の勉強だ

2016/02/28 11:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゼルコバ - この投稿者のレビュー一覧を見る

家庭、学校、職場、地域、そしていろいろな人々との関わりの中で、誰もが生きている。いい関係を持ちたい、しっかりしたつながりを持ちたい。誰でもそう思う。
そんな時、この本を読み返すと自分の言葉や行動の振り返りに大いに役に立つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すばらしいの一言

2016/02/24 12:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:青汁8000 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この方の書籍は非常に役立ちます。ビジネスだけではなく一般的な生活に関係しますから、ある意味「ビジネス書籍」ではなく「日常生活」枠といってもいいのかもしれません。
社外の顧客相手には「感情」に訴える必要もありますし、おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロングセラー

2016/08/30 19:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よよん - この投稿者のレビュー一覧を見る

カーネギーの人を動かすは何十年というロングセラーを続ける書籍。内容は今も昔も人間というものは対して変わりがない事を読んで取れる。
色々な啓発本があの手この手で出版されているが、結局はこの本で事足りる気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

結構分厚い

2016/05/15 11:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人の名前を覚える、顔をつぶさないなど、少し意識するよう努力すれば出来ることがいっぱい書かれている。
サクサク読めるが、結構な文量で少し疲れる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/21 23:44

投稿元:ブクログ

衝撃的な一冊だった。
これでもかこれでもかというくらい多数の実例を叩き込んでくる。
実例が多いことでイメージもしやすく説得力がある。
押し付けがましくない。

人の動かし方について既に実践できているもの、理論は分かっているものもあるが、新しい発見も多く、また分かっていたものでもどれほどの効能があるかまでは考えたことがなかったので、今までの経験に当てはめながら読んでいくと、たしかにそうだったな、という論理的な解釈を得ることができ、またあのときああいうふうにすれば良かったのかな、という気付きやを得ることができた。

心理学書籍からの引用が多いところも、本の(内容的な)厚みを持たせている。

一貫して、相手の自尊心を傷つけず、重要感を与えてやること、が人を動かすポイントであるということが、いろいろな原則により示されている。

ビジネスだけでなく、家族や友人関係との中でも使える、人間関係を円滑にするためのコツが書いてある。
喧嘩や言い争い、自分の思うようにいかないこと、理不尽さに悩んでいる人にとっては、その解決のための大きなヒントを与えてくれる書だと思う。ぜひ一読することをオススメします。

2016/03/13 11:00

投稿元:ブクログ

※フライヤーにて。
記者や様々な職業を経て得た普遍的な人間関係考察。

人を動かすための原則は
・人を非難(批判)しない
・人の自己の重要感を満たしてあげる
・相手側の立場でその人の好む・欲するものを推測し、それを手に入れるための方法を教える

人を説得するための原則は
・議論に勝つには議論を避ける(冷静に話を聞く、自分の汎論が問題解決につながるのか見極める)
・イエスをもらえる質問から始める
・対抗意識を燃やさせる、等

2016/07/22 16:51

投稿元:ブクログ

処世訓。ここで挙げられる指南が、条件や相手によって必ずしも万能とは限らないが、概ね実践すべき価値ある金言ばかり。誠実であること、相手の身になって考えること、この2点が核心で、あとはその応用といった内容に感じた。当たり前の様な提言ではあるが、それらを重複なく無駄なく秩序良く、そして平易な文章にまとめている点にこそ、本書が読み継がれる理由と思う。もっとも文言ばかりを追っては生兵法に陥るかもしれず、その点多少人生経験を経た読者の方が、過去の体験と各具体例をより照合出来る分、腑に落ちる事が多いだろうし、本書の養分を一層取り込める面はあるかもしれない。

2016/07/30 18:32

投稿元:ブクログ

コーチング研修などさまざまな人材育成に関する研修や書籍を読んできたが全てのことはこの本に書いてある。係長になった2008年以来に再読したが、改めて発見がある内容。

2016/04/24 15:54

投稿元:ブクログ

タイトルのとおりの本で、日頃どのような行動を心がけて周りの人を巻込んでいくべきかを(主に過去の偉人の)実際のエピソードに基づいて丁寧に解説した本。
名著と言われることの多い本ですが、その評判どおり学ぶところが多い(けど、なかなか実行に移すのは難しい。。)。
・人の悪口を言わず、長所をほめる
・他人の立場を理解し、自分の立場と同時に他人の立場からも物事を見ること
・他人に関心を示す。調べつくして質問する・話題にする
・笑顔を忘れないこと。名前を覚えること
・「イエス」と答えられる質問だけする
・注意するときは遠まわしに。言い方を工夫する

2016/05/22 20:28

投稿元:ブクログ

● 誰にも人を裁く権利などない
● 叱って伸ばすより誉めて伸ばせ。
● 議論は避けろ
● 相手に喋らせろ。相手に気持ちよくさせろ。まず、3回「YES」と言わせろ。

2016/04/10 15:08

投稿元:ブクログ

「議論に勝つ唯一の方法は、議論を避けること」
「人の批判・非難はしない」
「他人に強く誠実な関心を寄せる」
「笑顔を見せない人は商人にはなれない」
「他人の誤りは指摘しない」
「相手に重要感を持たせる」
「相手の関心事を見ぬいて話題にする」
「人と話をするときは、その人自信を話題にする」
など

2016/04/16 14:42

投稿元:ブクログ

相手に納得感をもって円滑にコミュニケーションをはかるための考え方やコツといった原則が挙げられている。
「相手に重要感を与えること」「相手の心のなかに欲求を起こさせること」を意識していきたい。

人生訓 ランキング

人生訓のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む