詳細検索

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 小説・文学
  4. 岳飛伝 16 戎旌の章

岳飛伝 16 戎旌の章

歴史・時代小説honto ランキング第18位

  • 発売日:2016/02/26
  • 出版社:集英社
  • サイズ:20cm/348p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771648-1

  • 国内送料無料

岳飛伝 16 戎旌の章

北方謙三 (著)

紙書籍

1,728 ポイント:16pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

危地を脱した岳飛は、逆に南宋を率いる程雲を死地へと追い込もうとする。一方、梁山泊軍の呼延凌と、金国の兀朮、海陵王との戦いは、その機が熟そうとしていた。『小説すばる』連載を...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

危地を脱した岳飛は、逆に南宋を率いる程雲を死地へと追い込もうとする。一方、梁山泊軍の呼延凌と、金国の兀朮、海陵王との戦いは、その機が熟そうとしていた。『小説すばる』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

危地を脱した岳飛は、逆に南宋を率いる程雲を死地へと追い込もうとする。一方、梁山泊軍の呼延凌と、金国の兀朮、海陵王との戦いは、史進も絡みながら、胡土児が不在のなかで、その機が熟そうとしていた。


【商品解説】

危地を脱した岳飛は、逆に南宋を率いる程雲を死地へと追い込もうとする。一方、梁山泊軍の呼延凌と、金国の兀朮、海陵王との戦いは、史進も絡みながら、胡土児が不在のなかで、その機が熟そうとしていた。【本の内容】

著者紹介

北方謙三

略歴
〈北方謙三〉1947年唐津市生まれ。中央大学法学部卒。「弔鐘はるかなり」でデビュー。「水滸伝」で司馬遼太郎賞、「独り群せず」で舟橋聖一文学賞、「楊令伝」で毎日出版文化賞特別賞を受賞。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(9件)
★★★★★(3件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(3件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

決定版

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/29 15:15

評価5 投稿者:オフコース - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説すばるの連載が、終了した本作。いよいよ終焉に向かうクライマックス。次回完結に向けて外せない一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2016/04/24 16:45

また、漢(おとこ)達が次々と逝ってしまいました。
狄成、項充、終盤ではついに兀朮も・・・。

そして・・・。え・・・?史進?え・・?

評価4 投稿元:ブクログ

2016/04/25 21:30

★2016年4月24日読了『岳飛伝16』北方謙三著 評価B+
遂に巨星2つ堕つ!
梁山泊の九紋竜史進と金国総帥 ウジュが戦死。
この巻は、この主役二人が戦死したことに尽きる。人生終わりが近づき、自分の死に場所を戦場と決め、その時を待っていた二人が、戦場でまみえて、同士討ちのようにして倒れる。

金、 南宋、 梁山泊そして 南から南宋に侵入して暴れまわる岳飛軍と秦容軍。梁山泊の仕掛けが次第にボディブローのように効いて、金、南宋とも思わぬ苦戦を強いられることとなる。

次第に国の枠組みを超えて、しっかりと経済を支配するようになる梁山泊が作り上げた物流の仕組みが、見えない大きな力となっていく。

評価5 投稿元:ブクログ

2016/05/01 14:09

いよいよ、梁山泊軍の呼延凌、史進vs金国ウジュ、海陵王との戦い、岳飛、蓁容vs南宋軍程雲、宰相の秦檜、梁山泊水軍の張朔vs南宋水軍の夏悦との全面対決が始まり、その中で致死軍の羅辰、水軍の狄成らが死す。面白い。梁山泊vs金国戦は最後で史進(赤騎兵、遊撃隊)とウジュン(青鶻旗)が交差しウジュン、斜室が死に史進も死域をさまよう。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/04/28 01:03

さすがに終わりが見えてきたかな?
いよいよ超重要人物たちも、舞台から退場しはじめた。
シリーズ皆勤賞の彼の運命やいかに。

史実に照らして、梁山泊が南宋を滅ぼすという結末はありえない。
(梁山泊の狙いも、もはやそこにはない)
戦の結末がどうあれ、梁山泊は消えていく運命にある。
その志は、物流網の中に息づいて、引き継がれていくのか。
これから描かれるであろう大水滸の総仕上げ、しっかりと見届けたい。

評価5 投稿元:ブクログ

2016/03/17 18:32

胡土児が蒙古へ行って何かやりそうな気配。でも岳飛伝がそろそろ完結の気配。ラスト史進登場シーンすごかった。呼吸を忘れて読んでしまった。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/03/26 10:58

史進逝く。初代梁山泊の英雄たちが皆しんでしまった。ひと時代じだいを一緒に駆け抜けたそんな気分で呆けている。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/05/18 23:58

南宋時代の中国歴史小説16巻目(北方大水滸50巻目)。

あちこちでの梁山泊と岳飛の戦いが一進一退という感じです。
対金、対南宋陸軍、対南宋水軍の中で、西遼と日本は比較的安泰のようです。
いよいよオリジナル最後の一人が・・・、って李立は病んでいるけど生きているのでは?
ということでどうやら次回が最終巻のようですが、大衝突はないような感じがして、岳飛だけが死んでしまうのではないかと不安です。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/05/21 00:24

結構、めまぐるしく動きが出てきましたね!岳飛軍および秦容軍と南宋軍との戦いや梁山泊軍と金軍との戦いが活発に動きました!水軍の動きもありましたが。
梁山泊軍と金軍との戦いは一応の決着がついたような感じがするので、いよいよ終盤としては岳飛軍と南宋軍との完全決着の様相の話になってくるのですかね?
九紋竜史進の動向が気になり、早く続編が読みたい!今日この頃です!

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.