サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 真夜中のパン屋さん 5 午前4時の共犯者
真夜中のパン屋さん 5 午前4時の共犯者(ポプラ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 57件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/15
  • 出版社: ポプラ社
  • レーベル: ポプラ文庫
  • サイズ:16cm/565p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-591-14512-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

真夜中のパン屋さん 5 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)

著者 大沼 紀子 (著)

真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」に、手から白いハトを出す怪しげな中年男が現れる。それが店を揺るがす大騒動の幕開けだった。一方、希実は母親と久しぶ...

もっと見る

真夜中のパン屋さん 5 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)

756(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」に、手から白いハトを出す怪しげな中年男が現れる。それが店を揺るがす大騒動の幕開けだった。一方、希実は母親と久しぶりの対面を果たすが…。シリーズ第5弾。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

Open 7−20
Réveiller 21−142
Mélanger & Pétrissage 143−258

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー57件

みんなの評価4.2

評価内訳

2016/03/23 09:26

投稿元:ブクログ

シリーズ。パン。家族。遺産。希実の母が現れ、希実の父が現れ、その家族が希実を養女に迎えたいというが、そこには様々な思惑があり。ままならない家族がたくさん出てくる。変な表現と思うところもあれば、ぐっとくる言葉もある。

2016/06/10 22:08

投稿元:ブクログ

ここまでの長~いお話読み続けてやっと最終回。それにしても降った湧いたようなシンデレラ的展開と母のやんちゃ時代の交友関係など、終わってみたらドタバタに過ぎない茶番劇。大団円というよりも辻褄合わせみたい。
最初のころのワクワク感あまり感じませんでした。

2016/05/29 14:47

投稿元:ブクログ

真夜中のパン屋さんシリーズの第5作。
希実が巨大企業トガノの相続人として、養女になる話が沸き起こる。希実の母・律子が病で入院する中、実の父親は誰なのか?事実は揺れ続ける。最後に本当の父親が登場。予想通りの展開だが流石に読ませてくれる。表現が助長に感じるところがあるのが残念。

2016/05/16 22:06

投稿元:ブクログ

面白いっちゃ面白いんだけど、「真夜中のパン屋」の設定の意味がだんだん薄れてきてる感があって、なんか残念だなぁ~。。。

2016/04/09 12:01

投稿元:ブクログ

今回はあまりパンの事は無かったが、これまでボンヤリしていた人間模様が深く描かれていた。

最後の最後にググッと込み上げて来るものがあり、電車の中で読んでいたので我慢するのに苦労した。

今後の展開もあるのかな?
楽しみです。

2016/04/04 14:14

投稿元:ブクログ

ひさびさの、待ち続けていた続編。
今回はちょっとパン濃度が低いかも・・?
でも最近天然酵母を起こすのに興味があるので、そういう意味では、「受け継がれ続けた美和子さんのレーズン酵母」のすっぱくない天然酵母ってどんなんだろうと興味が・・・・

・・・・ってこれはパンの教科書じゃないから。
あくまでパンを食べる人々の話だから。

2016/06/12 11:45

投稿元:ブクログ

 分厚さにびっくりする。
 そして、前の巻からのあいだが結構あいているけれど、納得である。

 この作者の特徴である、地の文に会話を記載する手法というのが実に効果的に生きている。まるで誰かから語られているような、すっと胸に入りやすい、素敵な文章である。鍵カッコつきの「台詞」のインパクトが高い。
 この作品を読めることは、幸せだと感じる。

2016/04/28 21:25

投稿元:ブクログ

真夜中に開店するふしぎなパン屋さんに居候する高校生の希実

奔放に生きる母律子の入院と巻きこまれた遺産あらそいの結末は
そして、希実のほんとうの父はだれなのか

「まよパン」シリーズの最新5作目
NHKで放映されたドラマの土屋太鳳を思い浮かべながら読了

2016/06/04 09:17

投稿元:ブクログ

希実と母律子の関係性の物語.いろいろ謎だったことが一気にわかり,すっきりした.またこれからの希実と弘基の物語も楽しみ.ただ今回は,いつもの面白さとは違ったけれど,,

2016/05/15 19:34

投稿元:ブクログ

「午前3時~」からのインターバルが長かったので「繋がり」が曖昧な状態で読みましたが――急展開過ぎ。「これで終わり?!」くらいな感じに。

「そっち」メインで、パンの香りを感じるような雰囲気がなかったのがとにかく残念でした。

さて、次はどーなるの?

2016/04/20 20:54

投稿元:ブクログ

真夜中のパン屋さんシリーズ5作目。
やっぱり面白いなぁ。

この作者さんの手にかかると、結構重いテーマのお話もサラリと読めてしまう。
でも、そんな中にたまにぐっとくる台詞が出てきて、最後は泣いちゃう。

でも一つ問題があって、それはパンがとにかく食べたくなるということ

2016/05/11 14:38

投稿元:ブクログ

前作から間があき過ぎており、続きを読むのに少々心配でしたが、すーっと内容が頭に入り500ページ強の長編でしたが、展開もテンポも良くあっという間に読み終わりました。今回は主人公の母親の生い立ちや過去に触れる内容が主でした。主人公がなぜ突然パン屋さんに預けられたのか?の謎がどんどんと解けていきます。その謎が解けていくにつれ、人と人との繋がりが心にジワジワと染み入り号泣してしまいました。パン屋さんの閉店が午前5時なので、おそらく次作が最終回になるのではないでしょうか。主人公の本当の父親、そして母親の深い愛情が盛り込まれている内容なのでは、と予想しております。次回作も楽しみに泣く覚悟で読みたいと思います。

2016/03/27 01:29

投稿元:ブクログ

あー、もう読まなくていいよ、と思うのに結局読んでしまった。なんとなくいつもどんでん返しのようでただの後出しジャンケンみたいな、とってつけた結末にげんなりする。妹じゃなくて姪でしたー。って。心理描写もなんだか安っぽいし、相変わらず弘基とクレさんいる意味あるのかないのかだし、もうこれが最終巻ということにしょう。

2016/06/07 22:33

投稿元:ブクログ

今までの巻に出て来た人たちが、希実たちの危機に際して協力者として動いてくれるという、シリーズものならではの面白さ。キーマンがつかみ所のない人物で、でも真相がわかると、なかなかにハードボイルドな人だった。亡き美和子さんの存在感が大きい。

2016/04/25 22:24

投稿元:ブクログ

シリーズ最高傑作なのでは…?
わたしはこのシリーズ好きではなく、初めを読んでしまったのだ惰性も兼ねて読んでいたのですが、今回そのボリュームにまずたじろいだ。分厚い…だけどページをめくる手が止まらなかった。
ついにずっとだらだらと長引かせていた希美の父親問題が鮮明になります。
あの人? この人?どの人? 樹? 榊?? それとも…と一転二転してくなかで、最後の最後で出てきます、本命さんが。
暮林の頭の回転の良さがすごいです笑。
なんか今回は切なかったな。母が死に、母の困った時のヒーロー、や、王子様である樹、そして天邪鬼な榊の母律子への愛とか。
面白かった。このシリーズではじめてこれで終わりにしないでって思ってしまった。どうなっちゃうのこれ。