サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『オベルト』全曲 ホーフシュテッター&ギーセン州立劇場、A.ジャンス、マッツッリ、他(2012 ステレオ)(2CD)

『オベルト』全曲 ホーフシュテッター&ギーセン州立劇場、A.ジャンス、マッツッリ、他(2012 ステレオ)(2CD)

  • 発売日:2013/12/25
  • レーベル:Oehms
  • カタログNo.:OC959
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

『オベルト』全曲 ホーフシュテッター&ギーセン州立劇場、A.ジャンス、マッツッリ、他(2012 ステレオ)(2CD)【CD】 2枚組

ヴェルディ(1813-1901)

もっと見る

『オベルト』全曲 ホーフシュテッター&ギーセン州立劇場、A.ジャンス、マッツッリ、他(2012 ステレオ)(2CD)【CD】 2枚組

3,877(税込)

ポイント :35pt

現在お取り扱いができません

商品説明

ヴェルディ:『オベルト』(2CD)
ホーフシュテッター&ギーセン州立劇場


ヴェルディ最初のオペラである『オベルト』は1839年11月17日にミラノ・スカラ座で初演され、好評を得てすぐに再演されたにも拘わらず、ヴェルディ自身は満足せず、50年後に蘇演の機会があった際にも強硬に反対して話を潰していたほどです。原因はストーリーが不道徳だったからなのかもしれませんが、音楽は初期ヴェルディらしい聴きやすいものです。
 主人公は老伯爵のオベルト。伯爵は、愛娘レオノーラをもて遊んで捨てた男リッカルドが、別な女クニーザと結婚するときかされて決闘に臨むものの、結局、リッカルドに殺されてしまい、リッカルドはそのクニーザとの結婚を諦め、国を出るという筋書きです。
 20代半ばのヴェルディがこの作品を書いたのは、まだシューマンが交響曲第1番も書いていなかった時代で、ピリオド・アプローチにも説得力があると思われるだけに、ホーフシュテッターの指揮には期待のもてるところでもあります。

【古楽指揮者ホーフシュテッター】
1963年生まれのドイツの指揮者、ミヒャエル・ホーフシュテッターは、古楽領域での活動がメインですが、ドルトムントやヒューストンでは、ワーグナーのトリスタンやベルリオーズのベアトリスからオペレッタまでさまざまなオペラを指揮して高い評価を獲得、「ロベルト・シュトルツ・メダル」「ホルスト・シュタイン賞」を授与されてもいます。
 近年、シュトゥットガルト近郊で開催されるルートヴィヒスブルク城音楽祭では、ホーフシュテッターは音楽監督を務め、バロックや古典派の大作をとりあげてもきましたが、2009年にはヴェルディの『トロヴァトーレ』という思い切ったレパートリー選択で話題となった上演をCD化して話題となっていました。(HMV)

【収録情報】
・ヴェルディ:歌劇『オベルト』全曲

 サン・ボニファーチョ伯爵オベルト:エイドリアン・ジャンス(バス)
 レオノーラ(オベルトの娘):フランチェスカ・ロンバルディ・マッツッリ(ソプラノ)
 サリングエルラ伯爵リッカルド:ノーマン・ラインハルト(テノール)
 クニーツァ(リッカルドの婚約者):マヌエラ・カスター(メゾ・ソプラノ)
 イメルダ(クニーツァの侍女):ナロア・インチャウスティ(メゾ・ソプラノ)、他
 ギーセン州立劇場合唱団(合唱指揮:ヤン・ホフマン)
 ギーセン州立劇場フィルハーモニー管弦楽団
 ミヒャエル・ホーフシュテッター(指揮)

 録音時期:2012年12月
 録音場所:ギーセン州立劇場
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。