サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

Popular Problems

  • 国内送料無料

CD

Popular Problems【CD】

Leonard Cohen

1956年に最初の詩集を発表して以来、50年以上に渡って、詩人、小説家、シンガー・ソングライターと、様々な顔を持つアーティストとして活動を続けているカナダ出身のレナード・...

もっと見る

Popular Problems【CD】

2,592(税込)

ポイント :24pt

CDをカートに入れる

曲目

ディスク1
  1. スロー Slow
  2. オールモスト・ライク・ザ・ブルース Almost Like The Blues
  3. サムソン・イン・ニューオーリンズ Samson In New Orleans
  4. ストリート A Street
  5. ディド・アイ・エヴァー・ラヴ・ユー Did I Ever Love You
  6. マイ・オー・マイ My Oh My
  7. ネヴァーマインド Nevermind
  8. ボーン・イン・チェインズ Born In Chains
  9. ユー・ガット・ミー・シンギング You Got Me Singing

その他のバージョン

CD Popular Problems US輸入盤 発売日 : 2014/09/23 1~3日

商品説明

1956年に最初の詩集を発表して以来、50年以上に渡って、詩人、小説家、シンガー・ソングライターと、様々な顔を持つアーティストとして活動を続けているカナダ出身のレナード・コーエン。
1967年にシンガー・ソングライターとしてデビュー。深い意味を持つ歌詞とシンプルで美しいメロディをあわせ持つ彼の作品は世代、国境、ジャンルを超え、世界中の音楽ファンから絶大な支持を得ている。2008年にはロックの殿堂)入りを果たす。
2010年にはスペインでの最高賞であるアストゥリアス皇太子賞(The Prince of Asturias Awards)の文学部門を受賞。
今作は8年振りにリリースされた前作『オールド・アイディア』から約2年半のインターバルを経てリリースされる新作。スタジオ・アルバムとしては13作目となり、80歳(9月21日が誕生日)を記念した作品となる。前作は全米アルバム・チャートで第3位、全英アルバム・チャートで第2位を記録した他、各国で大ヒットを記録しており、今作も世界的に注目されるアルバムになることはこと必至。

(メーカー・インフォメーションより)

アーティスト紹介

Leonard Cohen

1934年生まれ、2016年11月10日死去。カナダ・モントリオール生まれのレナード・コーエンはユダヤ人の中流家庭に育ち、少年時代からギターに勤しむ。学生時代には英文学を専攻し、1956年に最初の詩集を出版している。63年の『Favorite Games』と66年の『Beautiful Losers』が傑作として認められ、詩人/小説家として・・・

1934年生まれ、2016年11月10日死去。

40年以上の長きにわたって、詩人/小説家/シンガー・ソングライターとして活躍してきたレナード・コーエンは不当に過小評価されているアーティストである。

しかし、それは日本においての話だ。特にイギリス、フランスでの人気はちょっとしたもので、アルバムを出せば必ずと言ってよいほどトップテンにチャート・インする。ポーランドでは毎年<レナード・コーエン・フェスティヴァル>なる催しが行われ、相当数の集客を誇っている。

若い音楽リスナー向けのエピソードを書くとしたら、ニルヴァーナのラスト・アルバム『イン・ユーテロ』収録のナンバー"ペニー・ロイヤル・ティー"に尽きるだろう。故カート・コバーンは同曲のなかでこう歌っている。

"棺の中でレナード・コーエンを聴かせてくれ/そうすれば永遠に嘆いていられる"

1934年、カナダ・モントリオール生まれのレナード・コーエンはユダヤ人の中流家庭に育ち、少年時代からギターに勤しむ。学生時代には英文学を専攻し、1956年に最初の詩集を出版している。63年の『Favorite Games』と66年の『Beautiful Losers』が傑作として認められ、詩人/小説家として高い評価を獲得し成功を収めた。

そんなレナード・コーエンがミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる切っ掛けとなったのはフォーク・シンガー、ジュディ・コリンズが歌った"スザンヌ"だった。レナード・コーエンのぺンによるこの曲は66年発表のアルバム『イン・マイ・ライフ』に収録されていた。シングルカットされた同曲はラジオでヘヴィ・ローテーションされる人気ナンバーとなる。このシングルがヒットしたことによりジュディ・コリンズレナード・コーエンにミュージシャンへの転向を強く奨めた。そうした経緯もあってレナード・コーエンは68年にコロンビアから『レナード・コーエンの唄』をリリース。ミュージシャンとしてのデビューを飾ったのであった。

デビュー作『レナード・コーエンの唄』、続く『ひとり、部屋に歌う』がいずれも高評価を受ける。それらに収録された作品は数多くのアーティストによってカヴァーされ、ミュージシャンとしても確固たる地位を獲得した。その後も寡作ながら地道に活動を続け、高水準の作品を生み出し続けている。

ジョニ・ミッチェルをはじめ、数々の女性と浮き名を流したレナード・コーエンだけあり、彼の作品には女性をテーマにしたものが多い。女性と神を崇拝している彼は、自身の曲の中で宗教とセックスの神秘について歌っているのだ。

こう書くとなんだか小難しい音楽のようにも思われてしまうかもしれないが、レナード・コーエンの作品はとてもポップで、親しみやすいものが多い。太くて低く、ボソボソとしたつぶやき系のヴォーカルに好き嫌いがハッキリと分かれるかもしれないが、彼の作品は眩暈がするほど美しい。前述した"スザンヌ"や、数多くのアーティストにカヴァーされた"電線の鳥"(Bird On A Wire)などはその最たる例だろう。

レナード・コーエンの溢れる才能を確認することが出来る作品は他にもいくつもある。特にジェニファー・ウォーンズが87年に発表したアルバム『フェイマス・ブルー・コート』は「レナード・コーエンを歌う」という副題の通り、全編レナード・コーエンの作品で占められている。このアルバムにはユースケ・サンタマリアと菅野美穂が主演したテレビ・ドラマ『アルジャーノンに花束を』の主題歌に起用された"ソング・オブ・バーナデット"が収録されている。ジュディ・コリンズにもレナード・コーエンの作品のみで構成された『シングス・レナード・コーエン』というアルバムがあるので、ぜひ聴き比べしてみて欲しい。

レナード・コーエンは同世代のアーティストだけでなく、オルタナティヴ世代のアーティストからもリスペクトを集めている。先に書いたニルヴァーナREMはその代表的なバンドだ。彼らの内省的な表現の端々にレナード・コーエンの影響を認めることができる。

トム・ウェイツにも通じるそのシブい声もレナード・コーエンの魅力のひとつだ。この太くて低い声でもって口説かれてオチない女性など果たして存在するのであろうか?

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。