サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 歌劇『オリンピーアデ』全曲 O.V.ドホナーニ&ボローニャ・テアトロ・コムナーレ、渡辺康、田中絵里加、他(2012 ステレオ)(2CD)

歌劇『オリンピーアデ』全曲 O.V.ドホナーニ&ボローニャ・テアトロ・コムナーレ、渡辺康、田中絵里加、他(2012 ステレオ)(2CD)

  • 発売日:2014/12/16
  • レーベル:Bongiovanni
  • カタログNo.:GB2469
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:Italy
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

歌劇『オリンピーアデ』全曲 O.V.ドホナーニ&ボローニャ・テアトロ・コムナーレ、渡辺康、田中絵里加、他(2012 ステレオ)(2CD)【CD】 2枚組

ミスリヴェチェク、ヨセフ(1737-1781)

モーツァルティアンなら聴き逃せない!モーツァルトからも慕われたボヘミアの作曲家ミスリヴェチェクの『オリンピーアデ』世界初録音!日本人歌手が二人出演!ヨセフ・...

もっと見る

歌劇『オリンピーアデ』全曲 O.V.ドホナーニ&ボローニャ・テアトロ・コムナーレ、渡辺康、田中絵里加、他(2012 ステレオ)(2CD)【CD】 2枚組

5,281(税込)

ポイント :48pt

現在お取り扱いができません

商品説明

モーツァルティアンなら聴き逃せない!
モーツァルトからも慕われたボヘミアの作曲家
ミスリヴェチェクの『オリンピーアデ』世界初録音!
日本人歌手が二人出演!


ヨセフ・ミスリヴェチェクはボヘミア出身でイタリアで活躍した作曲家。1770年にボローニャでモーツァルト親子と知り合い、モーツァルトは二回りも年上のミスリヴェチェクの人柄を慕ったことが知られています。『オリンピーアデ』は1778年11月に、当時イタリア・オペラで最も権威のあったナポリのサン・カルロ劇場で初演されたオペラ。『オリンピーアデ』は高名な詩人メタスタージオの書いた台本の中でも特に人気が高かったもので、1733年のカルダーラのオペラから60人以上の作曲家によってオペラ化されたといいます。既にヴィヴァルディ作(naive OP30316)などいくつかが音ないしは映像になっています。ミスリヴェチェクの『オリンピーアデ』はモーツァルトと共通した様式の音楽ながら、イタリアの歌劇場で10年以上もしごかれただけに華やかで難易度の高いアリアが多く、たいへん聴き応えがあります。
 2012年11月、ボローニャ市立劇場がミスリヴェチェクの『オリンピーアデ』を復活上演し、これはそのライヴ録音です。二人の日本人歌手が出演。クリステネの渡辺康は新潟市出身のテノール。国立音楽大学を卒業後、イタリアに渡り現在もパルマ在住。アリステアの田中絵里加は、東京音楽大学大学院を修了、2011年にヴェネツィアに留学、2013年からはミラノのスカラ座研修所に所属しています。二人とも難しいアリアを見事に歌い切っています。メガクレのペルヴィン・チャカルはトルコのマルディン生まれのソプラノ。トルコ国内で活動した後、2009年にイタリアに登場、数年で急速に活動の幅を広げています。アルジェーネのマリア・テレーザ・レーヴァは、1987年レッジョ・カラブリア生まれのソプラノ。当時20代半ば、まだデビューして数年の若い歌手ですが、声の充実感はたいへん素晴らしく、2014年4月にはジェノヴァのカルロ・フェリーチェ劇場でのプッチーニ『ボエーム』でミミを歌っているほど。将来が期待される逸材です。リーチダのカルロ・ヴィストーリは、ルーゴ生まれのカウンターテノール。まだ本格的に歌手活動を始めて数年という人ですが、既にイタリア各地で活躍しています。
 モーツァルティアンには名前は知られているミスリヴェチェク、ぜひ音楽も耳にしてみてください。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● ミスリヴェチェク:歌劇『オリンピーアデ』全曲

 渡辺 康(T クリステネ)
 田中絵里加(S アリステア)
 ペルヴィン・チャカル(S メガクレ)
 マリア・テレーザ・レーヴァ(S アルジェーネ)
 カルロ・ヴィストーリ(CT リーチダ)
 サルタン・アフメトヴァ(S アルカンドロ)
 パスクワーレ・シルコーリ(T アミンタ)
 ボローニャ・テアトロ・コムナーレ管弦楽団&合唱団
 オリヴェル・フォン・ドホナーニ(指揮)

 録音時期:2012年11月23,25日
 録音場所:ボローニャ、テアトロ・コムナーレ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

【『オリンピーアデ』 簡単なあらすじ】
古代ギリシャのシキオン。当地の支配者クリステネがオリンピックの試合を催し、その優勝者に褒美として娘アリステアとの結婚を認めることにしている。クレタでメガクレを暴漢から救ったリーチダは、メガクレに自分の名で試合に出場してほしいと頼み、優勝の褒美が恋人とは思ってもいなかったメガクレはこれに応じる。リーチダはかつてクレタの王女アルジェーネと婚約していた。リーチダはメガクレとアステリアが相思相愛とは知らなかった。オリンピックには羊飼いに変装したアルジェーネもやって来ていた。オリンピックではリーチダを騙るメガクレが優勝、彼はアステリアに真相を話し別れを告げる。本当のリーチダが現れると、アステリアは彼を非難。そこにメガクレが入水自殺したとの知らせがもたらされる。リーチダは逃亡する。絶望したアリステアも自殺を図るが失敗。アルジェーネは正体を明かし、リーチダから貰った鎖をクリステネに示すと、彼はリーチダが幼い頃に行方不明になった息子だと気付く。クリステネは全てを許し、リーチダとアルジェーネ、そしてメガクレとアリステアが結ばれる。(キングインターナショナル)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。