サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. バレエ『ロメオとジュリエット~ヒップ・ホップ・ヴァージョン』 レフランソワ振付、コウソン音楽(2008)

バレエ『ロメオとジュリエット~ヒップ・ホップ・ヴァージョン』 レフランソワ振付、コウソン音楽(2008)

  • 発売日:2014/11/25
  • レーベル:Arthaus Musik *cl*
  • カタログNo.:102198
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:DVD
  • 国内送料無料

DVD

バレエ『ロメオとジュリエット~ヒップ・ホップ・ヴァージョン』 レフランソワ振付、コウソン音楽(2008)【DVD】

バレエ&ダンス

ロメオとジュリエット(ヒップ・ホップ・ヴァージョン)誰もが知っているシェークスピアの名戯曲「ロメオとジュリエット」は、バレエ作品だけを見ても数限りない解釈が...

もっと見る

バレエ『ロメオとジュリエット~ヒップ・ホップ・ヴァージョン』 レフランソワ振付、コウソン音楽(2008)【DVD】

7,019(税込)

ポイント :64pt

現在お取り扱いができません

商品説明

ロメオとジュリエット(ヒップ・ホップ・ヴァージョン)

誰もが知っているシェークスピアの名戯曲「ロメオとジュリエット」は、バレエ作品だけを見ても数限りない解釈が施され、多くの作曲家が音楽を書き、様々な世界へと移されながら普遍の人気を保っています。
 このフランス人コレオグラフィ、レフランソワによる解釈は、極めて現代的な視点によるもので、このバレエは「ヒップホップ」ヴァージョンと銘打たれています。ここで最も強調されているのは、ヒップホップの要素の中でも「ブレイクダンス」の部分でしょう。踊り手はフットワークを中心に、上半身を絶えず動かしながら、腕は違った動きをしなくてはいけないという、ある意味「超絶技巧」が求められるものです。キッチュな舞台装置と奇妙な音楽、何より人物たちのダンスは滑らかな連続性を持ちながらも、一つ一つの動きは唐突で、次の動きを予測することは不可能というなかなか刺激的で興味深いものです。(ARTHAUS MUSIK)

【収録情報】
● バレエ『ロメオとジュリエット』(ヒップ・ホップ・ヴァージョン)

 振付:セバスチャン・レフランソワ
 音楽:ローラン・コウソン
 出演:
 ジュリエット:ジャン・ガロア
 ロメオ:ジョヴァンニ・レオカルディ
 ベンヴォーリオ:ジャン=シャルル・ザンポ
 マルキューシオ:アキム・アチョーシェ
 キャピュレット夫人:エストデ・マナス
 ジュリエットの乳母:オツアワン・ニョン
 ティボルト:ジュリアン・ロウレ
 キャピュレット:ローラン・パオリーニ
 ロレンス:チュリル・ムジー

 製作:マリー=ピエール・ブスケ
 脚本:マガリ・デリス
 照明:トム・クレフスタット
 衣装:マリオ・ファウンデス

 収録時期:2008年
 収録場所:シュレンヌ・ジャン・ヴィラール劇場(ライヴ)

 収録監督:デニス・カイオッツィ
 収録時間:79分
 画面:カラー、16:9
 音声:PCMステレオ
 NTSC
 Region All

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。