サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 1812年、テンペスト、地方長官、カンタータ『モスクワ』 ゴロワノフ&モスクワ放送響

1812年、テンペスト、地方長官、カンタータ『モスクワ』 ゴロワノフ&モスクワ放送響

  • 発売日:2015/02/05
  • レーベル:Praga
  • カタログNo.:PRDDSD350117
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:SACD
  • 国内送料無料

SACD

1812年、テンペスト、地方長官、カンタータ『モスクワ』 ゴロワノフ&モスクワ放送響【SACD】

チャイコフスキー(1840-1893)

もっと見る

1812年、テンペスト、地方長官、カンタータ『モスクワ』 ゴロワノフ&モスクワ放送響【SACD】

3,445(税込)

ポイント :31pt

SACDをカートに入れる

商品説明

これぞロシアの指揮、凄すぎる漢・ゴロワノフの魅力を
SACDリマスタリングで!


SACDハイブリッド盤。限定盤。メジャーレーベルのPD(著作権消滅)名盤をオリジナル音源からリマスターしたシリーズ、今回ゴロワノフが登場しますが、旧ソ連グラムプラストレスト社(メロディアの前身)製LPからDSDリマスタリング。ゴロワノフの真価がいちばん発揮できるチャイコフスキー作品なので、ファンは冷静でいられるはずがありません。
 圧巻は『1812年』。この演奏にはまると、他が物足りなくなる凄さ。時代的なノイズはありますが、音像がより明瞭になり、金管や打楽器のフォルティッシモで音が割れないのが感激。ゲルギエフやスヴェトラーノフも太刀打ちできない迫力とオーラは、これぞ「ロシア指揮者の魅力」の究極を示していると申せましょう。『テンペスト』も冒頭からゴロワノフ節満載。こうしたドラマティックな曲はゴロワノフにピッタリで、ただただ彼の魔力に吸い寄せられ、感動させられます。
 珍しいのは交響的バラード『地方長官』。ゴロワノフのディスコグラフィになく、ファンにも未知の録音。チャイコフスキーが『くるみ割り人形』以前にチェレスタを用いた作品ですが、あまり聴く機会のない作品だけに貴重。
 カンタータ『モスクワ』と『1812年』は、さらなる資料的意義もあります。前者は1948年、後者は1952年の録音ですが、どちらも暗黒のソヴィエト時代それもスターリン存命中でした。皇帝の戴冠式式典用に作曲され、神が登場するカンタータの歌詞と、『1812年』の最後に現れる帝政ロシア国歌は、チャイコフスキーの本意とは別に改竄され別のものに置き換えられているのが、この録音が貴重な証拠となっています。今後聴くことのない版としての価値は計りしれません。(キングインターナショナル)

【収録情報】
チャイコフスキー:
1. カンタータ『モスクワ』(1948年録音)
2. 交響的バラード『地方長官』 Op.78(1948年録音)
3. 序曲『1812年』 Op.49(1952年録音)
4. 交響幻想曲『テンペスト』 Op.18(1951年録音)

 リュドミラ・レゴスタエヴァ(メゾ・ソプラノ)
 ダニール・デミヤノフ(バリトン)
 モスクワ放送交響楽団&合唱団
 ニコライ・ゴロワノフ(指揮)

 録音方式:モノラル(セッション)
 SACD Hybrid
 Mono / Bi-channel Stereo

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。