サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. オルガン交響曲第1、2、3、4番 クリスティアン・シュミット(2SACD)

オルガン交響曲第1、2、3、4番 クリスティアン・シュミット(2SACD)

  • 発売日:2015/02/24
  • レーベル:Cpo
  • カタログNo.:777705
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:Germany
  • フォーマット:SACD
  • 国内送料無料

SACD

オルガン交響曲第1、2、3、4番 クリスティアン・シュミット(2SACD)【SACD】 2枚組

ヴィドール(1844-1937)

もっと見る

オルガン交響曲第1、2、3、4番 クリスティアン・シュミット(2SACD)【SACD】 2枚組

7,117(税込)

ポイント :65pt

SACDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

商品説明


ヴィドール:オルガン交響曲第1~4番(2SACD)
クリスティアン・シュミット


「オルガン交響曲」は、オルガン独奏のために書かれたヴィドールの代表作で、全部で10曲書かれていますが、ここにはヴィドールが28歳の時に書いた第1番から第4番の4曲が収められています。
 オルガン一族に生まれたヴィドールは、25歳の若さで、著名なオルガン製作者であるカヴァイエ=コルの推薦を得てサン・シュルピス教会の終身オルガニストに就任。その3年後に書いたのがこれら4曲で、若きヴィドールの意欲の反映された作品となっています。
 演奏のクリスティアン・シュミットは1976年生まれで、ザール音楽大学で教会音楽とオルガン、ザールラント大学で音楽学とカトリック神学を学んだ人物。
 シュミットの録音は、これまでにcpoレーベルでのヴィドール、パッヘルベルやケクラン、リストのほか、ドイツ・グラモフォンでマグダレーナ・コジェナーと組んだ「Prayer(祈り)」というアルバムもありました。
 今回の2枚組アルバムは「オルガン交響曲6番&オルガンと管弦楽のためのシンフォニア・サクラ」、「オルガン交響曲第7番&オルガンと管弦楽のための交響曲第3番」に続くヴィドール第3弾となるものです。
 使用楽器は、1888年から90年にかけてカヴァイエ=コルがてがけたフランス、ルーアンのサン・トゥアン聖堂にあるオルガンで、大きな改造を施されることなく、当時の響きを現在に聴かせる銘器としても知られています。(HMV)

【収録情報】
ヴィドール:オルガン交響曲集 Op.13

● オルガン交響曲ハ短調 Op.13-1(第1番)
● オルガン交響曲ニ長調 Op.13-2(第2番)
● オルガン交響曲ホ短調 Op.13-3(第3番)
● オルガン交響曲ヘ短調 Op.13-4(第4番)

 クリスティアン・シュミット(オルガン/カヴァイエ=コル製作、1890)

 録音時期:2010年
 録音場所:フランス、ルーアン、サン・トゥアン聖堂
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。