サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番 マルツィ、ミュラー=クライ&シュトゥットガルト放送響

ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番 マルツィ、ミュラー=クライ&シュトゥットガルト放送響

  • 発売日:2015/02/27
  • レーベル:Hanssler Swr Music
  • カタログNo.:94230
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Germany
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番 マルツィ、ミュラー=クライ&シュトゥットガルト放送響【CD】

モーツァルト(1756-1791)

もっと見る

ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番 マルツィ、ミュラー=クライ&シュトゥットガルト放送響【CD】

2,257(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

商品説明

正規初出音源
マルツィの凛々しく高貴なアプローチ。
お得意のモーツァルト:協奏曲第3番&第4番が登場!


大好評、ヘンスラーのSWRアーカイヴ復刻シリーズからマルツィの第2弾が登場! 収録曲は、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番と第4番で、ハンス・ミュラー=クライ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団との録音です。マルツィは今もなお屈指の人気を誇るヴァイオリニストの一人ですが、活動期間の短さもあいまって、残された録音は貴重と言え、この正規初出音源はマルツィ・ファン狂喜と言えます。いずれの録音もモノラルながら非常に良好な音質で、リマスタリングも万全です。
 ヴァイオリン協奏曲第4番はマルツィが愛奏した作品の一つで、1952年11月にオイゲン・ヨッフム指揮バイエルン放送交響楽団とのセッション録音がありますが、当音源は1956年10月に放送用にセッション録音されたものです。非常にふくよかな音色を奏でる演奏は一聴後に心打たれてしまうほど衝撃的で、マルツィ全盛期の演奏を堪能できます。
 一方、ヴァイオリン協奏曲第3番は、EMIとの契約後の1954年6月にヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮フィルハーモニア管弦楽団とセッション録音した名盤をはじめ、1961年11月にウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団とのライヴ録音など複数の音源が残っておりますが、当録音は1962年のシュトゥットガルトでのコンサート・ライヴです。このときの使用楽器は、マルツィの再婚相手ダニエル・シューディより贈られた1733年製のカルロ・ベルゴンツィ「タリシオ」で、のびやかな美音を聴かせてくれます。マルツィは、その後のレコーディングにはすべてこの楽器を使用したと言われているので、一番のお気に入りの楽器での録音ということも注目と言えましょう。マルツィの第1弾、メンデルスゾーンとブラームスの協奏曲(94226)と併せてお楽しみください。(キングインターナショナル)

【収録情報】
モーツァルト:
● ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調 K.218 [24:14]
 録音時期:1956年10月4日
 録音場所:シュトゥットガルト、ヴィラ・ベルク
 録音方式:モノラル(セッション)

● ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216 [23:29]
 録音時期:1962年
 録音場所:シュトゥットガルト、リーダーハレ
 録音方式:モノラル(ライヴ)

 ヨハンナ・マルツィ(ヴァイオリン)
 シュトゥットガルト放送交響楽団
 ハンス・ミュラー=クライ(指揮)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。