サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『ロデリンダ』全曲 P.アーノンクール演出、アーノンクール&ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、ドゥ・ニース、他(2011 ステレオ)(2DVD)

『ロデリンダ』全曲 P.アーノンクール演出、アーノンクール&ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、ドゥ・ニース、他(2011 ステレオ)(2DVD)

  • 発売日:2015/04/16
  • レーベル:Belvedere Label
  • カタログNo.:BELVED10144
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:DVD
  • 国内送料無料

DVD

『ロデリンダ』全曲 P.アーノンクール演出、アーノンクール&ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、ドゥ・ニース、他(2011 ステレオ)(2DVD)【DVD】 2枚組

ヘンデル(1685-1759)

もっと見る

『ロデリンダ』全曲 P.アーノンクール演出、アーノンクール&ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、ドゥ・ニース、他(2011 ステレオ)(2DVD)【DVD】 2枚組

5,173(税込)

ポイント :47pt

DVDをカートに入れる

商品説明


アーノンクール、ドゥ・ニース、メータ、ストレイト、エルンマン!
息子アーノンクール演出の海外テレビ・ドラマみたいに面白い
ヘンデル『ロデリンダ』


久々に注目すべきヘンデルのオペラの映像が登場。2011年3月にアン・デア・ウィーン劇場で上演された『ロデリンダ』です。指揮は天下のアーノンクール、歌手にはダニエル・ドゥ・ニース、ベジュン・メータ、カート・ストレイト、マレーナ・エルンマンらが投入された力の入った上演ですが、それより先に紹介すべきはアーノンクールの息子、フィリップ・アーノンクールによる舞台の面白さ!
 元々『ロデリンダ』は、王位簒奪、変装、復讐、夫婦愛など、様々な要素がたっぷり盛り込まれながらも、物語の展開がたいへん効果的なので現代でも受け入れやすい作品です。フィリップ・アーノンクールはこれを現代を舞台にしたギャングの抗争のように仕立て上げているのですが、単に今風にしたというだけでなく、ヘンデルの音楽と舞台、演技を綿密に絡めることで、290年前のオペラがまるで海外テレビ・ドラマを見るように生々しく楽しむことができます。昨今ヘンデルのオペラの上演は現代化舞台が普通にありますが、水準が桁違いの傑出した出来栄えでしょう。
 音楽も極めて高水準。アーノンクールはいつも通り気高くも力強い音楽でヘンデルのドラマをグイグイと掘り起こして最高、収録当時81歳とはとても思えないエネルギーを感じます。タイトルロールのダニエル・ドゥ・ニースは、グラインドボーン音楽祭でのヘンデル『ジューリオ・チェーザレ』のクレオパトラで大評判を取った人だけに、このロデリンダでも歌に演技に大活躍。ベルタリードのベジュン・メータはカウンターテノールの中でもヒロイックな役柄を得意としており、ここでも全曲中一番の聞かせどころの「生きよ、暴君め」で大人しいウィーンの観客から大喝采を浴びています。グリモアルドのカート・ストレイトは米国生まれのテノール。モーツァルト・テノールとして活躍しつつ、バロック・オペラでも活躍し、近年はワーグナーの英雄役も手掛けているというレパートリーの広い人。グリモアルドは1998年、グラインドボーン音楽祭でのウィリアム・クリスティ指揮の上演でも歌っており、実は気の弱い簒奪者という役柄にピタリとはまっています。エドゥイージェのマレーナ・エルンマンは、スウェーデンのメッゾ・ソプラノ。バロック・オペラで活躍するだけでなく、ポップス歌手としてスウェーデンで国民的人気を誇っており、歌も見事なら演技力も抜群。結構セクシーなベッドシーンまで披露しています。若手で注目は真の悪役ガリバルドのコンスタンティン・ヴォルフ。2005年にオペラ・デビュー。精悍な顔とガッチリした体躯、そして逞しいバスの声を持ち、しかもコロラトゥーラも達者に操れるのですから、人気急上昇中なのも当然。
 ヨーロッパでは熱狂的人気を誇るヘンデルのオペラ、その水準の高さを舞台、音楽、両面でまざと見せつける映像です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● ヘンデル:歌劇『ロデリンダ』全曲


 ダニエル・ドゥ・ニース(S ロデリンダ)
 ベジュン・メータ(CT ベルタリード)
 カート・ストレイト(T グリモアルド)
 コンスタンティン・ヴォルフ(Bs-Br ガリバルド)
 マレーナ・エルンマン(Ms エドゥイージェ)
 マティアス・レックスロート(CT ウヌルフォ)
 ルイス・ノイホルト(子役 フラーヴィオ)
 ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
 ニコラウス・アーノンクール(指揮)

 演出:フィリップ・アーノンクール
 装置:ヘルベルト・ムラウアー
 振付:トム・スチュワート
 照明:ベルント・プクラベク

 収録時期:2011年3月20日
 収録場所:アン・デア・ウィーン劇場(ライヴ)

 収録時間:189分
 画面:カラー、16:9
 音声:PCMステレオ
 字幕:伊英独仏
 NTSC
 Region All

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。