サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

日月星、それからふたり(Holly NOVELS)

日月星、それからふたり みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2012/01/10 23:12

投稿元:ブクログ

うーん…微妙。デビュー作だし悩んでたのですが秀良子さん挿絵って事で買ってしまって、やっぱり微妙でした。
BLって、らぶって、恋愛って、人と人との関わり合い、対面して、会話して、絡み合って、その中での話だと思うのですよ。これ、独り相撲だよね…。8割がた。延々。日記かよ!と思いました。ていうかほぼ日記でした。会話してない絡んでない人間関係じゃない恋愛じゃないよっていう。絡まないと話始まらないじゃないですか。いつ絡むの。長い。前置き長い。長すぎる。残り1/5になってようやく謝罪ですよ。残り少なすぎるよ!それじゃ償い入らないじゃない話始まらないじゃないボーイズラブじゃないじゃない。と思ってたら始まるところで終わりました。いやそういう話もありだと思いますよ。長い長いすれ違いの果てにようやく始まるってところで終わるの。でもこれはそれとも違う。すれ違う前に絡んでないからね…。すれ違ってないからね。無関係だからね。ずっと攻の一人脳内完結を垂れ流されるばかりでした。その脳内がまた余りにも身勝手でずーっと苛々しっぱなしで読んで疲れました。ぐだぐだぐだぐだどうでもいい言い訳ばっかして、再会して1年以上も謝らないとか目玉飛び出ました。最低すぎる。最低すぎて感情移入のしようもないし。その謝罪すべき出来事もまぁ最低すぎて。謝罪した時点で残りページ少なかったので予想はしたのですが、大して痛い目みたり償いとかは描かれないままでした。全くすっきりしない。Hollyだしね…と思えばいいのか。
続編できっちり今から「対話」を、話、を書いてくれるなら納得しますが、読む感じそういうのを書くタイプでもなさそうかなと思いました。ていうか書くなら8割日記にはなってないのか。正直、どうでもいいお山の話やワークショップ話がメインになってて、しっかりした背景描写、物語を固める為とかでなく、そっちメインになってて、それ入れるなら先に2人を絡ませませんかね会話させませんかねと思いました。ちゃんと会話したのほんと最後の数ページだけだったよびっくり。
関係ないですけど巻末の募集要項に「ストーリー中心の小説、ただしBLのパターンにあまり囚われないもの」とかあって、そういうレーベルカラー目指してるのでしょうけど、パターンて良いものが残った結果パターンになるんじゃないかなーと。ストーリーって言ったって、カタルシスを得られないんだったらそれってどうなのと思いました。納得行くほどストーリーが秀逸ってわけでもなかったのでつい。
この話、挿絵の力は大きかったと思います。秀さんじゃなかったら厳しかったかも。

2011/12/30 15:25

投稿元:ブクログ

デビュー作なのですかね。

季節感のある植物の描写とかが良いなぁと思いました。
自然公園のお話もそうだけど、二人の高校時代の桜の花びらとかモミジとか。

赤城さんが小椋くんにした行いは本当にヒドイと思うので、
これからは本当に心の底からやさしくしてあげてほしい。
いまだに自分に部屋に入れないなんて、本当につらい。

というわけで、赤城さんが小椋くんをとことんまで優しく扱ってる
感じの続編希望です。

あとがきに、「BL」の文字が並び過ぎてて、
その情熱にちょっと笑いました。

2015/11/23 09:35

投稿元:ブクログ

初読み作家さん。
ホリーさんからのデビューということで、期待大で読みましたが、中々に面白かったです。
構成自体があまりBLでは見ないというか、諸刃の剣というか、これ良く通ったよね……というくらい、BかLしてません。

物語を要約すると、手ひどく傷つけた初恋の彼に偶然再会した男の果てしない贖罪への道、という感じです。
いやもう、これ以上に表現のしようがないくらいに、そのまんま。
攻はクラスにひとりはいる何でも出来ちゃうマン。
高校時代、そんな攻に憧れて告白してきた受と付き合うことになったけど、初めてのセックスで失敗して恥をかいた攻が、手ひどく受を振ってからの転落劇。
この事件をきっかけに、全てが上手くいかなくなった攻が、仕事の企画で偶然受と再会し、あの時のことを謝りたいと思うものの、受の心は固く閉ざされていて……。
しかも自分は昔の憧れの男の面影すらも失った、ただの草臥れサラリーマンになってました、と。
里山で繰り広げられる、ヘタレアホ攻と、すっかりたくましくなった不憫健気受の繰り広げる壮大な追いかけっこです。

ただし、攻→→→→→→→…………(遮断)|||受。

高校時代編があまりに切なく、読むのも苦しいくらいの受への仕打ち。
こんな不憫健気ちゃんになんてことしてくれるんだ、このろくでなし!!
からの、攻ざまぁ(笑) は読んでいていっそ小気味良いほど。私大好きなんです、手ひどい扱いをした受から反撃くらう攻の話。
そういった意味では、過去類を見ないほどに攻が散々な目に遭ってます。しかも終盤も終盤、むしろラストまで。

受があまりに頑ななんですが、そうなっちゃうよね、と思ってしまうほど、この攻がろくでなしな上、優柔不断で情けなくてもうどうしようもないです。
そんな攻に対して、カケラほどに残っている情を全て注いでしまう受の優しさがまた切ない……。
この受、ガチ不憫健気です。ツンデレでコーティングしてるけど、中身は純粋100%の健気成分で出来上がってる。
ダメ男になりはてた攻を、ため息をつきながらも見守る姿には涙します。あんな目にあったのに、まだこんな男が良いのかよ、もっと他にいい男いるよ、と思うんですが、コイツがいいんでしょうね……。

ほぼ攻視点で話が進むので、ひたすらじれったくイライラするんですが、そこここに散りばめられたエピーソードが良い感じに作品に色を付けていて楽しく読了。
里山体験にかなり比重を置いているので、ん?これBL? という疑問がふっと沸いたのですが、たまにはこういう話もいいかと思いました。
文章が瑞々しく、田舎の風景の描写が凄いです。
むしろ作者が書きたかったのはこれですか、と言いたくなるほど。

桃色シーンは手酷い失敗初エッチだけというとんでも具合な上、おれたちの戦いはこれからだ! みたいなノリでの締めという、まさかの構成に仰け反りましたが、個人的には楽しく読めたので問題なし。
出来ることならもう1冊出して、ちゃんと仲良くなったふたり編を読みたいところです。
攻に魅力はゼロですが、受の魅力が半端ない。
バ��ンスは悪いですが、今後に期待したいキラキラを秘めてるお話でした。

挿絵が良い仕事してます。

2013/10/19 20:15

投稿元:ブクログ

はじめましての作家さん。おこめ王子が話題になっていて気になってました。
デビュー作だそうですが安定感抜群です。
主に里山が舞台で、高校時代に酷い別れ方をした2人が社会人になって再会して…という流れですが、攻の赤城が優柔不断のヘタレでイラっとする読者さんが多数だと思いますwリアルでいたら尻を蹴飛ばすレベル!
再会からの一年間を描く物語ですが赤城の成長ストーリーでもあります。実成の心根が美しすぎて涙。美しいだけじゃないけれどそこがまたいい。
本の中で里山の擬似体験もできて癒されました。とてもいい話です。

4 件中 1 件~ 4 件を表示