サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ギフト
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

ギフト(双葉文庫)

ギフト みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー113件

みんなの評価3.7

評価内訳

113 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ドラマにすべき!!!

2015/08/08 01:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本すき - この投稿者のレビュー一覧を見る

ショートストーリーがたくさんあるので読みやすく、すぐ映像化されるなって思ってました 面白いんですよ
泣けます毎回 かっこいいしね人物が

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/24 01:37

投稿元:ブクログ

読み始めてからはあっという間に読め、全体的に読みやすい文章でした。
全部で6話の物語ですが、どの話も登場人物の心境を考えると
とても切なく涙が出そうになりました。

2012/01/02 21:38

投稿元:ブクログ

元警察官と霊が見える少年が霊と触れ合い、過去や謎を解き明かしていくお話。
ワカマツさんの表紙に惹かれて購入。当たりでした。どれも心温まる話、というわけではなく、闇部分もありますが、だからこそよかったのかなと。シックスセンスが観たくなりました。

2012/07/07 17:15

投稿元:ブクログ

自分にとって良くないと思っていた力も
誰かのために使えるようなこともある。
結局人と向かい合うためには
自分を受けいれなければならない。

2014/02/08 14:51

投稿元:ブクログ

ちょっぴり泣ける本を読みました。

日明恩(タチモリ・メグミ)さんの本は、結構好きなので、

ワクワクしながら読みましたが、やっぱり、当たり!でした。


死者が見えるという少年と、

ある事件がきっかけで、刑事をやめた男が、ふとしたことで知り合い、

様々な事情で成仏できない死者の魂の未練を解き明かしていくという物語です。


交通事故で死んだおばあちゃんの伝えたかったこと。。。

虐待されて死んでしまった少女が、どうしても守りたかったもの。。。

死者たちの悲しくて切ない思いが、この2人によって、救われていく。。。

とっても素敵なお話なので、お勧めです。

2012/04/29 01:35

投稿元:ブクログ

真摯な筆致で、ぐっとくる部分も多い。

ただ…

そこはかとなく重い(辛)

読んでいるといつの間にか眉間に縦皺。。。

2012/02/03 20:19

投稿元:ブクログ

窃盗の被疑者を追跡した結果死に追いやった元刑事・須賀原と、死者が見える能力者の橋口明生が、成仏できずに現世をさまよう者らの生前の出来事に触れていく物語。
須賀原や他の登場人物にも死者が見えるようになってしまうところに無理が感じられることもあったが、ぐいぐいと読み進められた。

2012/04/07 20:15

投稿元:ブクログ

面白かった!

追跡中に少年を事故に追いやってしまった元警官と、霊が見えてしまう孤独な少年。

いくつかの偶然が重なった出会いは、出会うべくして出会ったのだと思わざるを得ない。

お互いの境遇も感じ方も全く違うのに、互いのおかげでそれぞれが一歩を踏み出せる・・・その関係が凄く良かった~。

2012/05/27 15:40

投稿元:ブクログ

霊が見える高校生と、追跡中の犯人を死なせてしまったもと警官。


その霊の心に安心を与えるための二人の冒険と、
徐々にお互いを思いやる展開。
しだいに二人、それぞれに背負った枷も見えてきてと、
よく言えば安定感のある、悪く言えばお決まりのシナリオ。

1つ1つはつまらなくはないのだが、
それで、という感動を引き起こすまでにはいたらず。
読んで損したとは思わなかったけれど、
何度も読み返すかといわれるとギモン・・

2012/03/28 02:40

投稿元:ブクログ

おもしろかった!

なんとなく買ってみたのに掘り出し物。

映画「シックスセンス」が大好きなのではまったー。

おっさんと少年の組み合わせに弱いにはツボだらけだった。

少年の成長も、おっさんの苦悩と救いも、読ませる!!

「死者との交流」というファンタジー要素が主軸なのにちゃんとミステリーだし、物語もしっかりしててホロっとくるし、登場人物もちゃんと生きてる。

伏線もちゃんとちりばめられてるし、シックスセンス的な種明かし(なのかな?)もあって飽きない。

うまいなぁ。

久々に文句のない作品。

この作者さんの作品、他にも読んでみよ~

2012/04/12 21:56

投稿元:ブクログ

死んでしまったヒト
関係が断絶してしまったヒト

話してみたい、って願望は
あるし、それが無理なのもわかってるから
こういうハナシを読むと泣けてくる。

犬のはなしが秀逸。

2012/01/06 10:28

投稿元:ブクログ

最近、実家で読んでた本が日明恩さんだった。
たまたま移動時間中に読みたい本をコンビニで探してたら、またまた日明恩さんの本を見つけた☆
これは運命と思い即、購入!
たったの4時間で完読~ヾ(●´ω`●)ノ
ちょっと泣けました。

2012/09/29 18:56

投稿元:ブクログ

 結局、私には主人公各2人の人物像が最後まで把握できなかった。
 アレか。シックスセンス見たことなくて、幽霊見たことないからかなぁ……。こんど見てこよう。

2012/03/03 02:05

投稿元:ブクログ

初めて読む作家さんでしたが、物語やキャラクターの設定はなかなか興味深く、人の生き死にについて考えさせられました。ただ、文章があまり熟練されていないというか上手くないというか…私には読みづらく感じました。

2012/01/23 17:49

投稿元:ブクログ

★3.5 にしたい感じ。
あらすじを見て好きなタイプの本だと思って購入。
外すことも多いけど,これは当たりだった。
元刑事と死者が見える少年が,死者の抱える未練や謎を解いていく。
それは死者を助けるだけではなく,自分たちの癒しにも通じる行為。
ゲストのように1話1話死者が変わるが,元刑事と少年の出会いから別れまでの友情と成長の過程。

7歳の少女のお話は賢すぎるゆえの健気さにうるうるしました。
騒々しいカフェで読んでいなければ,涙してたかも。

他の作品も読んでみたいと思う作家さんでした。
ちなみに,表紙のイラストレータ:ワカマツカオリさん,好きです。

113 件中 1 件~ 15 件を表示