サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

二万年の奇跡を生きた鳥ライチョウ

二万年の奇跡を生きた鳥ライチョウ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2013/11/04 09:40

投稿元:ブクログ

これまで北アルプスに登山に行った際によく雷鳥を見かけた。それほど天候に恵まれない登山をすることが多いということなのだけど、その辺を自分たちの庭だという感じでこちらが近くで見ているのも気にせず歩いている姿には人なっつっこさも感じられつい笑顔になる。この本によると人から逃げない雷鳥というのは日本の雷鳥だけらしい。雷鳥研究のこれまでの歴史と乗鞍岳の120羽余りの雷鳥へのナンバリングと十年以上に及ぶ追跡調査からわかった雷鳥という鳥の謎、そして今雷鳥が置かれている危機的な状況を知ることができる。次に雷鳥を見かけた際はもう少ししっかり見てみようかな。

2015/03/01 12:21

投稿元:ブクログ

たまたまフィギュアが手に入ったので読んでみました。
生で見てみたいですけど、生息場所が高地なのでなかなか難しそうですね。

2014/05/31 18:34

投稿元:ブクログ

近年、乗鞍岳にて行われた研究結果から、ライチョウの生態が次々と明らかになったことが綴られています。ライチョウに関して大変興味深い内容が多々あり、そしてこれまでの疑問が解決され、ページをめくる手が止まりませんでした。
中でも最も興味深いお話は、70年ぶりに地元白山で見つかったライチョウは、DNA判定の結果、北アルプスから70kmもの距離を移動してきたことが分かったこと。発見された後も1羽だけで生き続けているとのこと、どうかもう一度奇跡が起こりもう1羽雄が移動してきて繁殖に成功するといいのですが…
その他、厳冬期の過ごし方、天敵との戦い、雛の育て方、死ぬまでつがいが継続されることなど興味深いお話が多々ありました。
本書を読むことで、氷河期から生き続けてきたライチョウと高山植物の魅力をあらためて感じ、そしてこの研究結果から行われている保護活動がどうか成功しますように。このままいくと温暖化や天敵となる野生動物の増加により近いうちに絶滅する恐れのあるライチョウが何とか行き続けていけますように。あらためてこの貴重な自然が失われないことを心から祈らずにはいられません。

3 件中 1 件~ 3 件を表示