サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/02/06 17:33

投稿元:ブクログ

ヒトラーの首相就任直後から、ユダヤ人や一番攻撃を受けやすい左翼とリベラル派人士の慌ただしいドイツ脱出が始まり、議事堂火災後それが一挙に加速した。類のない文学界が、多くの面で世俗ヨーロッパの精華であったが、四散してしまうのである。ナチの新聞は「素晴らしいことが起きた。連中はいなくなった」と歓喜の声をあげた 。国外に離散した作家たちは迫害者の言語に繋がれたままで、これが彼らの苦悩を倍加し、トラウマを深めた。言葉を武器とする作家にとって、新しい国での社会適応はきわめて困難だった。一方ドイツ国内にとどまった友人や同僚たちは、所謂内的離散という不毛の世界に順応し、あるいはそこへ逃げ込んだ。ドイツ国外へ離散したユダヤ人知識人は、他のどのグループよりも「独裁制、戦争、ホロコーストそして敗戦を乗り越えて、ドイツの良き側面を保持した」のである。彼らはどこへ逃れようとも、いつもホームシックの状態だった 。1933年に5万人のユダヤ人がドイツから脱出した。1934年には3万人、1935年には2万人である。

1 件中 1 件~ 1 件を表示