サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

果てしなき饒舌が語る崩壊後の世界

2016/03/06 07:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

またしても分厚い本(上下巻)を読んでしまった。
これもいわゆる“ポスト・アポカリスプもの”ということになるのかな。
恐怖の大量破壊兵器<逝ってよし爆弾(ゴーン・アウェイ・ボム)>を使用した戦争<逝ってよし戦争(ゴーン・アウェイ・ウォー)>により文明が破滅した後の世界の物語。

第一章がその後の世界で起こる破滅的トラブルの知らせをメインキャラクターたちが受けるのが酒場ということで、なんとなく『ブラックライダー』を思い出す。
テイストは全然違うんだけどね。 かなりユーモア度が強いです。
(原題が“THE GONE-AWAY WORLD”ということは、<逝ってよし世界>?)

“ぼく”という語り手による一人称のこの物語は、第二章から<現在>に至るまでの過去を振り返って語り出す。 それもあふれんばかりの饒舌で。 そしてまったく物事を真剣に受け止めないかのような語り手故に、すべての出来事はどこか緊張感がなくのほほんとしていて、壮絶な世界を描いている割にどこかファンタジック(たとえに『指輪物語』を出してくるまで、てっきり異世界ものかと思っていたほどだ)。

無駄話が多いので読み飛ばしそうになるが、時折真実をついた“人生の格言”めいた一文がきらめいて見え、そして回想パートは実は青春小説として独立して読むことも可能。
日本人としては「ニンジャ」の使われ方はどーよ!、と是非ツッコミを入れたいが、世界のサブカルに取り込まれてしまったものはもう仕方がないのかなー、とあきらめるしかない様子。 なんだかかなしい。

しかしこの饒舌&ふざけっぷりも慣れてくるとそんなに苦痛ではなく、下巻は早かった。
あぁ、このSF的ワンアイディアを自然に物語に放り込むために必要な仕掛けだったのかな? いやいや、作者本人のきっと資質だ、と納得する(デビュー作だし)。

ちなみにこの著者、ニック・ハーカウェイはあのジョン・ル・カレの息子だそうである。
大学卒業後は映画界で仕事をしたいと思ったものの果たせず、本書を書きあげてエージェントに売ったのが35歳のときで、そのときすでに結婚している。 しかし解説読んでもそれまでなんらかの職についていた的な記述がなく・・・大金持ちであろうおとーさんに食べさせてもらっていたのかしら、という疑惑がついわいてしまうのは、私が苦労を知らないお坊ちゃまが苦手だからでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/12 12:47

投稿元:ブクログ

 上巻で若干冗長じゃない?と思っていたお話が突然極彩色になる感覚。
 タイトルの世界が終わってしまったあとからが、どうしようもない位に面白い。
 だんだんと、ゴンゾーがかわいらしく見えてくるから不思議だ。
 ああ、面白かった。SFが好きならオススメ。

2014/06/28 10:01

投稿元:ブクログ

え?っとなる展開が待っていて、じゃあ今まで語られていた世界とぼく、何だったのか、驚かされる。竹宮恵子的世界もあるね、と同じく読み終えた者と語り合う。
あとは、やはりウッドハウス好きなのね、と。親子でね。

2014/06/30 02:36

投稿元:ブクログ

文字通り世界が終わってしまったあとの世界の青春小説で、筋書きはいたってシンプル。だけど、『銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズを彷彿とさせるとぼけた味わいと、現代社会のパロディ、B級映画風なアクションシーンはクセになる。おしろいを塗ったパントマイミストvsニンジャって想像しただけて笑えるw「ぼく」の正体が判明するあたりから物語が加速。超企業の秘密なんて映画「マトリクス」を思い出す。いやいや、てんこ盛りでした。

2015/01/09 21:44

投稿元:ブクログ

上巻を読み終えてから少しずつ読み進めていましたが、とうとう越年してしまいました。下巻で最初の状況(パイプの火事が起きて出動するところ)へ戻り、そこからまた色々なことが起こります。読みながら、そうだったんだ、と驚いたり、オメラスの地下牢の話を思い出したり(たった一人の少年の犠牲によって世界の秩序が保たれているという話)、現在の世界がどう成り立っているかを考えたり、この物語はやはりサイエンティフィックファンタジーだなあと思ったりしました。知的刺激に富んだ、主人公とゴンゾーの青春の物語です。

5 件中 1 件~ 5 件を表示