サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/06/06 13:07

投稿元:ブクログ

絶対平和主義者をダチョウ派、非暴力主義でも非戦主義でもないのをフクロウ派。
国家の安全を保障しようとして、国民の安全を保障できなくなってしまった。
戦争がなくても平和でない構造的暴力。
アメリカは世界に自由と民主主義を広げていく使命を持った、きわめてキリスト教的な発想を持った国。

戦争の形態が変わるということは国家の形態が変わること。

近代ヨーロッパで国家ができたのは、教会という権威がなくなったときに、神なき地上において秩序をいかに形成するかが問題だった。この場合の秩序は平和。神という超越的存在を抜きにして、この世の中で人間だけで秩序を形成する問題を考えた。ホッブズ、ルソー、ロック、カントまでの思想。

1 件中 1 件~ 1 件を表示