サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 告白 3
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

告白 3(中公文庫)

告白 3 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/10/20 00:48

投稿元:ブクログ

アウグスティヌス(山田晶訳)『告白Ⅲ』中公文庫、2014年(初版1978年)
 第11巻から第13巻までを収める。この部分は『聖書』創世記、とくに冒頭「初めに神は天地を創造された」の部分の注釈であり、巻10までのアウグスティヌスの生涯の告白とは異なる。このため、11巻以降を省略する翻訳もあるそうだ。神(つまり無限)について語っているので、とにかく難解である。
 巻11巻は時間論である。「初めに」がいかなる意味であるのかを80ページほど書いている。「神は天地を創造するまえに何をしていたのか」という疑問に答えるのがその主眼である。結論から言えば、「何もしていなかった」のであるが、神は時間も創造したのだから、こういう疑問そのものが時間的で、時間を超越して永遠なる存在の神にはあてはまらない。世界は一曲の歌のように初めから終わりまで、同時に神には知られているが、神は意志を変えない。ある日突然「世界でも作ってみるか」と意志するような存在として神を考えると、意志する前の神と意志した後の神のふたつにわかれてしまうが、神の単一性を考えると、そういうことはないそうである。人間的な時間について、アウグスティヌスは魂と関連させていて、「過去」は「記憶」、「現在」は「直観」(よく見ること)、「未来」は「期待」ということになるが、こうした時間を超えたものが神なのである。
 巻12は「天地」について、90ページほど語っている。創世記によれば第一日に「天地」を作ったのだが、第二日には「大空」と「水」、三日目には「地」と「草」を作った。したがって、第一日目の「天地」が二日目の「大空」と三日目の「地」と、どのようにちがうのかという話になる。アウグスティヌスによれば、「地」は「無形の質料」であり、形をうけることのできる基体である。「天」はつねに神の顔をながめている知的被造物ということになる。また、アウグスティヌスは真理を探究するうえで成される聖書の多様な解釈はどれも退けられるべきではないとする。正しい解釈のどれもをモーゼが知っていたとしてもよいとも言っている。ここでも天地創造に歌の比喩がでてきて、歌が歌われるとき、形と音は同時に発せられることを指摘している。まず音が発せられて、それに形が与えられて歌になるというような段階をふまないのである。形と音は同時に創造されるが、音に形が与えられるという起源において音が先立つのであり、形に音が与えれるわけではない。
 第13巻は、『旧約聖書』創世記の内容を『新約聖書』を象徴するものとして読み解いていく。水(洗礼)とか魚(キリスト)、太陽・月・星(それぞれ智慧・知識)などである。「愛は重さである」という観点もみえる。これはアリストテレスからだと思うが、万物には本来あるべき場所があり、火は上に、石は下にと、本来向かう場所がある。この本来いるべき場所にむかう力が「重さ」であり、人間の場合、「愛」のない状態は不安で、「愛」に向かおうとするから、「愛は重さ」なのである。ただ、現実の人間には肉体がもつ傾向(重さ)と神への愛(重さ)に引き裂かれているのが現状であるとする。最後に、神の7日目の休息は人類がやるべきことを終えたあとの平安であるとして、全体をしめくくっている。
 全体をよんでみて、「言葉」と「生命」の考えが印象的であった。プロテスタンティズムと産業革命がくっついた後のキリスト教は、心身二元論とか、人間の特別視とか、「地球にやさしい」エコロジーからみると諸悪の根源のように言われることもあるが、生命とか環境という概念を作ってきたのが、「自然に甘えてきた」東洋の思想ではなく(加藤尚武)、西洋の思想であることも事実だ。「言葉」と「生命」は両者とも過ぎ去り、過ぎ去るからこそ意味があり、カオスに対する秩序でありうる。こういう言語と生命を結びつける生命観そのものが問題なのかもしれないが。
 宗教とか神学というのは、論理学的に言えば、「前企投的」であって、なぜ神が一・善・智慧・意志・恵みであるのか、説明はなされないことが多い。単純に神はそういうものだとされる。東洋の文化からみれば、べつの神もあり得るのかもしれないが、キリスト教的にいえば、そういう神は不完全である。もっといえば、なぜ神を不完全と考えてはならないのかという話になるが、究極の存在ということで神を考えれば、不完全なのものが神ではないということは自明なのだろう。人間が不完全なのも前提であるから、人間は神からの恵みによってのみ救済されうる。そもそも救済されたいという意志そのものが神の創造である。ともあれ、こういう文化が世界史上、押しつけがましいのは、いわば「個性」なのかもしれない。
 山田晶の解説の最後の部分は印象的である。「現代のみを価値の標準としているあいだに、いつのまにか彼自身、その標準とともに過去になり、忘れ去られるであろう。現代はそこにおいて、ただそこにおいてのみ永遠が実現される場所として貴い。現代において永遠を実現するために、われわれは永遠なものを現代から判断する態度をあらためて、現代を永遠なものから判断してみなければならない。古典はすべてそのような意味をもつであろう」。また、「思想における永遠なものは、その現代を徹底的に生きぬくことによって得られる。」具体的にどうすればいいのかはよくわからんし、そもそも永遠をもとめる必要があるのかという点も問題である。

2014/06/14 23:36

投稿元:ブクログ

アウグスティヌス(山田昌訳)『告白』中公文庫。古典的名著の歴史的名訳待望の文庫収録。安易な外部の物語に依存する心性からの超越を克明に記録する偽りのない徹底的な自己内対話は、読み手の心を捉えてはなさない。解説「『告白』山田昌訳をもつということ」(松崎一平)も秀逸。手元に置きたい三分冊。

2 件中 1 件~ 2 件を表示