サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

愚民文明の暴走

愚民文明の暴走 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/12/23 16:26

投稿元:ブクログ

 本の内容として多くの人は拒絶反応をするだろうとは思うがそもそも突き詰めていけばおおかたこのような論点に行き着くのはありなのかもしれない。

 右でも左でも一番大切なことを忘れている今現在、いかに面白く世の中を渡り歩いていくかだけに焦点が絞られているその解説書だと思っていれば嫌いな人でも我慢できるのではないか。そして、そこからまた何か一つ掘り起こすことができれば素晴らしい事ではないだろうか。

 それができるかできないかで世の中は変わっていくその流れに乗るのもまた楽しみの一つになることだろう。

2014/07/26 06:11

投稿元:ブクログ

ところどころ卓見があるし、面白い分析もある。
でもなんか、適菜さんの方が「浅い」というか「若い」というか。呉さんに「別にそれはいいんじゃない?」とうまくかわされるところが多くて、それはその通りだと思った。
呉さん相手に、力が入りすぎちゃったのかな。

あと特に左翼とかフェミニズムとかへの攻撃のときは、「それって藁人形では?」と思う箇所がいくつか。

2014/08/06 21:59

投稿元:ブクログ

言わずと知れた評論家・呉智英と新進気鋭のニーチェ研究者・適菜収の文明批評対談。帯には「徹底討論」と書いてあるが、適菜が「民意が社会を滅ぼす。伝統と知を重んじるべきだ」と一貫した主張を展開するのに対し、呉はフォローと歴史的事実の補足に徹しており、意見を戦わせるというよりかは、ズバズバ言いたいことを言う若者とそれをたしなめる大人、という構図に近い。たださすがに呉の知識量は膨大で、ストーリー性のある適菜の大衆社会批判と一緒に読むと、すらすら頭に入って勉強になる。適菜節が嫌いでない人は、論点のおさらいがてら楽しく読めると思う。

3 件中 1 件~ 3 件を表示