サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

刑事の約束

刑事の約束 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー44件

みんなの評価3.9

評価内訳

44 件中 1 件~ 15 件を表示

2016/07/02 19:45

投稿元:ブクログ

+++
昏睡状態の娘を持つ東池袋署の刑事・夏目信人。独自のまなざしで手がかりを見つめ、数々の事件を鮮やかに解いていく。夏目が対するのは5つの謎。抜き差しならない状況に追い込まれた犯人たちの心を見つめる夏目が、最後にした“約束”とは。日本推理作家協会賞短編部門候補作「不惑」収録!いまも近くで起きているかもしれない、しかし誰も書いたことのない事件を取り上げ、圧巻の筆致で畳み掛ける、乱歩賞作家のミステリー!
+++
表題作のほか、「無縁」 「不惑」 「被疑者死亡」 「終の住処」
+++

夏目シリーズ、短編集である。法務技官という前職と、自らの不運な体験によって独特の雰囲気を身にまとうようになった夏目であるが、今作では、なにやらやる気のない窓際族のような印象での登場である。とは言え、物語が動き始めると、目に見える熱血とは違うが、独特な視点で、重要なキーポイントに焦点を当て、被害者のみならず被疑者の胸の裡まで慮った方法で事件素解決に導くのである。いつの間にか知らず知らずのうちに閉ざした心を開いてしまう魅力が夏目にはあるように思われる。一匹狼というわけでもなく、熱血漢というわけでもなく、なんともとらえどころのない夏目のキャラクタは、正直未だに安定して思い描きにくいのだが、魅力的であることは間違いない。最後の物語で見えた希望の灯が健やかなものになりますようにと願わずにいられない一冊である。

2014/05/14 11:35

投稿元:ブクログ

「刑事のまなざし」の続編。短編5編。TVドラマの元ネタもあるんですが、「主人公が自身の事件解決によって腑抜け状態」という設定のためいささかイメージは違います。とは言え、このキャラはやはり秀逸。続編希望です。

2014/09/21 15:01

投稿元:ブクログ

落ち着いた刑事、夏目。
娘さんのことがあるから達観しているのか。
人のことを細かく観察すると色々なことが見えてくる。

2014/12/05 11:26

投稿元:ブクログ

刑事のまなざしの続編。前作の内容を全く覚えておらず、?になる場面もあったが、無事に読了。主人公がそんなに魅力ある人物に思えず、微妙…

2016/04/29 10:35

投稿元:ブクログ

刑事・夏目信人シリーズの短編集。
あいかわらず上手いなぁ~!心に沁みてくる。
「刑事のまなざし」に収録の短編の続きも。
飛ばしちゃったけど、次は「その鏡は嘘をつく」を読まなくちゃ♪

一段落の感があるけど、また続きがあるといいな!

2015/02/05 09:22

投稿元:ブクログ

愛する娘が少年の暴行により意識が戻らない状態になって何年も経っている刑事夏目。シリーズものの短編集。
大きな悲しみを背負いながら、犯罪者に対しても常に優しく接して、何とか救おうと奮闘する主人公の姿が胸を打つ。
罪を犯す少年の中には、劣悪な生育環境で育ったものも少なくないのだろうが、だからと言って罪は罪。
必ずしもハッピーエンドではないところが良かった。
夏目家自身にも大きな変化がありそうなラストに期待

2014/05/23 11:13

投稿元:ブクログ

夏目シリーズ最新作。
5篇からなる短編集。
夏目刑事が追う事件の裏に隠された真実。
罪を犯しても「心をなくした人間」ばかりでは無い。
「被疑者死亡」が秀逸。
今までのシリーズの中で一番読み応えがあった。

2014/06/22 23:20

投稿元:ブクログ

「刑事のまなざし」シリーズ。一見単純そうな事件の裏に潜む「人情」の謎を解き明かす連作ミステリ。
お気に入りは表題作「刑事の約束」。なんと、このシリーズ最初の物語である「オムライス」の後日談にしてこのシリーズの完結編とも言えるかもしれない一作。夏目にとってはまたしてもつらい事件だったかと思いますが、それでも彼は数々の事件を見続けることをやめないでしょうね。そしてこの先に待っているのは、けっして苦難だけではないと信じたいです。

2014/06/21 13:28

投稿元:ブクログ

昏睡状態の娘を持つ東池袋署の刑事・夏目信人。独自のまなざしで手がかりを見つめ、数々の事件を鮮やかに解いていく。犯人たちの心を見つめる夏目が、最後にした約束とは。

夏目刑事のシリーズ3作目は短編集。それぞれに味があるが、イマイチ切れ味に欠ける。最後に収められた短編はシリーズの今後の新たな展開を期待させるけれど。
(C)

2015/08/22 22:48

投稿元:ブクログ

薬丸岳さんの本は読んでみたいと思いつつ、なかなか実現しなかった。
先日、TVドラマで「天使のナイフ」を観た。
それがとっても面白く、薬丸さんの本を読みたい!と思いを募らせていたところ、【刑事の約束】に出会った。
全く内容を知らないまま読んだのだが…
良かった!
夏目刑事の人間らしさがとても良い!
この本は夏目シリーズの第3弾だった。
第1弾の【刑事のまなざし】は早急に読みたい!
そいて他の薬丸作品もぜひ読んでみたい!

2014/10/23 19:14

投稿元:ブクログ

夏目シリーズ第3弾。
淡々としている夏目が良いのだろうけど
感情表現が少ないので、いまいちのめり込めない。

2014/10/11 07:14

投稿元:ブクログ

薬丸さんは、
とても真摯に制作に取り組んでらっしゃる感じ
が、していたんだけど、
なんとなく掘り下げ方が足りないな、
と思うこのごろ…。

今作では、
今問題になっている、戸籍のない子供のことなど
社会問題を取り上げ、
また、
いつも通り、身勝手な『ろくでなし』たちに
人生を狂わされる人たちのことが
描かれているんだけど・・・

着眼点はいい…感じなのに、
この「残念な感じ」

…は、なんだろう。

詳しくは、⇒ http://noinu.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

2015/08/16 08:27

投稿元:ブクログ

短編が5つ.それぞれ終わり近くになって俄然ストーリーが展開するパターンで非常に楽しめる.表題作のやや複雑な展開も楽しめたが、「終の住処」で野坂千鶴子の複雑な気持ちを冷静にしかも的確に書いている点は素晴らしい.夏目信人刑事の目のつけどころがそれぞれのストーリー中での焦点だと感じた.

2014/05/26 23:17

投稿元:ブクログ

夏目刑事の事件を見つめる短編集。
罪を犯す人も一人の人であるという視点から事件を見つめる夏目刑事の眼差しに、心の奥底を覗かれる様な感じになる。
一話一話いつまでも余韻が残り、動けない様な感じすらする。
タイトルの刑事の約束は本当に悲しい。
夏目刑事の家族の展開は今後どうなるのだろうか?
夏目刑事がどう生きていくのかこの先も知りたいという思いにとらわれる。

2016/01/23 20:25

投稿元:ブクログ

シリーズ物と知らずに、
しかも最後のものだとも知らずに
図書館の返ってきた本の書架から借りてきた。

シリーズ読んでなくても、
飽きることなく読み進められた。

認知症の老婆が罪を犯した息子のことを思う
「終の住処」がよかった。

夏目刑事の人となりが非常に興味深く、
これはきちんと全部読まないとねという気分になった。

44 件中 1 件~ 15 件を表示