サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

草の花 俳風三麗花(文春文庫)

草の花 俳風三麗花 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/07/28 08:30

投稿元:ブクログ

三浦しをんの書評本(「本屋で待ち合わせ」)で紹介されていて読んでみた。が、しまった続編のほうだった!(汗)どうも書評の内容より硬派で、かなり時代に翻弄されダイナミックな筋立てで、「暮愁先生、かっこいい!」とか「句会で言い寄るエロオヤジをとっちめる」といった軽い乗りではないので???と思っていたが、この読書メモを残すにあたり検索してみて初めて気づいた。。。でも、こちらは歴史小説っぽく仕上がっていたので、男性としては、こちらのほうが楽しめたかもしれない。

 昭和初期の日本が舞台。句会に集う人々が主人公ということもあるかもしれないが、言葉遣いが丁寧、風流、旧き良き日本の姿があって気持ち良い。作者の文章もとても流麗、優雅。”お目もじが叶いませんが” ”お言伝を” ”鹿島立ち” etc. etc. 随所に、もう何年も実際には聞いていない言葉が登場してきて、思わず背筋を正して読もうかと思ってしまう。

 もともと句会に出てくる三人の女性が主人公(ゆえに三麗花)なんだけど、この「草の花」は、登場する誰にも、それぞれにストーリーがあり、またそれぞれが切なく美してくて、なんともイタタマレナクなる。そして、各エピソードを際立だせるように要所要所で差し挟まれる、俳句、季語の数々。日本人に生まれてよかったなと、思わされる一冊だった。

思わず仕舞い込んでいた「歳時記」(合本俳句歳時記-角川書店編)を取り出して、手の届くところに置いてしまった。俳句を詠むまではいかないだろうけど、せめて季節感の乏しい異国の地にいるのだから、季語をみて遠く日本の四季に思いを馳せようと思う。

良書でした。1巻目も読んでみるかな。。。。

2014/09/09 18:02

投稿元:ブクログ

【直木賞候補作『俳風三麗花』に続く傑作長篇】戦中の昭和を舞台に、時代の荒波に揉まれながらも凛として生きる女流俳人たちの姿を、色鮮やかに描き出す。魅惑の句会小説。

2 件中 1 件~ 2 件を表示