サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

経済学再入門(講談社学術文庫)

経済学再入門 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/05/28 14:59

投稿元:ブクログ

2008年 中央公論社の単行本で出版された「経済学とは何か」の講談社学術文庫版。以前に前著を読んでいたが、同じ内容だった。

以下は、中央公論社の自分の感想の転記です。

経済思想史の著作が多い根井氏の著作。

内容は、4章に分かれているが経済史の流れの中で、振り子のように行っては戻るような歴史の流れを概観しながら、学説の本質的な違いや派閥的な動きを繰り返多様な経済学史の一面を感じる本だったと思う。

1.市場メカニズムについて
2.社会主義崩壊の衝撃
3.一般理論は革命だったのか
4.ケイジアンの分裂の帰結
とあとがきの中で、経済学派を相違点を比較することも大切だろうが、大きな営みの中での類似点を見出すことも大切な気がした。

時間が経ってから再読したい本である。

1 件中 1 件~ 1 件を表示