サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

やっぱり面白い!!

2016/08/31 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いろにゃんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は前回よりもページ数がかなり多く、それだけでもう嬉しかったです(笑)
小さいのにしっかりしてるジョーカーが、かわいくて素敵でした。
ハラハラドキドキしながら読んでいましたが、ハッピーエンドで本当によかったです・・・!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長いシリーズ

2015/09/03 09:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:waltz - この投稿者のレビュー一覧を見る

怪盗クイーンも長いシリーズですね。子供が小さい頃から買い続けています。昔からスピード感があり、読みやすく面白いお話です。挿絵や表紙も美しいので、これも毎回楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待ってました!

2016/11/28 08:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らぁゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前編、そこで終わってしまうのか!!!やめて!!!というところで終わってしまいます…ということで本当に待ちに待った後編がこの作品です。
はやみねかおるさんらしい長編、嬉しいです。
さらっと読めるので、しんどく感じないし、とにかく手が止まらなくなるスピード感と面白さ。
とにかくクイーンが頑張ります。ジョーカーとの掛け合いが少ないのは寂しいけど、クイーンのジョーカーを思う気持ちに少し胸が締め付けられる。かと思えば登場人物のユーモアに笑わせられる。
相変わらずの面白さと優しさ、暖かさが共存している、いつまでたっても楽しめる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/26 20:11

投稿元:ブクログ

「怪盗クイーンと悪魔の錬金術師 バースディパーティ前編 」をまず読まなければいけません。予約を入れる前に、「前編」を読みましょう。
 読んだことのある人は、思い出しましょう。確か、とんでもないところで終わっていたはずです。クィーンにとって重要な人物が「えええええっ?大丈夫?」というような状態になってしまいました。どうなってしまうのか??
夢水清士郎も後半でてきたりなんかしながら、どとうのようにお話がすすんでいくそうです(読んでないのでいいきれません)。「まったく、先生の説明がわからないよ」という人は、クィーンシリーズを最初から読んでみましょう。しばらく読む本にこまらないですみますよ。

2014/04/29 09:31

投稿元:ブクログ

副題:アンゲルス君の受難。

まあ、わりとみんな受難な感じですが。
怪盗と関わると、人外以外はだいたい不幸になります。

クイーンが自分の所業について意外と冷静に判断していて、こいつ自覚あったんだ…と思ったりなんだり。
しかし結論が子供のようだ。

相変わらず読者の子供にわかるのかというネタを交えつつ、とっちらかりつつまとめてあって面白かったです。
フッくんて、私の世代ですら微妙なのにな…

2014/09/05 13:07

投稿元:ブクログ

気になってたところで終わっていたやつ、ついに後編読めた。こんな続々主要キャラしんじゃうとは…。思わず後半一気読みしてしまった。
寒いのと、お腹空いたのと、眠いのはがまんしちゃだめなのです。

2014/07/12 02:16

投稿元:ブクログ

おもしろかった。
が、ルイヒの問題の解決があっけなくて物足りなかった。クイーンがどう立ち回るのかが気になっていたので。
前後編合わせて約1200ページ、一気に読み切ってしまった。

2014/04/24 21:11

投稿元:ブクログ

怒ったクイーンがルイヒの胸ぐらをつかんでいる挿絵がもう…!

ジョーカーが「幸せ」って言ったことに思わず笑みが…

2015/07/13 23:53

投稿元:ブクログ

ピラミッドキャップ編からずっと思っていましたが完全にファンタジー路線ですね。
ストーリーは前編よりはすんなり来るところがあって面白かったですが、やはり地の文に対して「こんなものだったか?」感は否めず。描写は的確ではあるけれどもト書きみたいな部分は割とあり、それは読んでて違和感を感じました。(それも前編程では無かったけれど)
クイーンのそれぞれの物語の境は年単位らしいのですが、今回はそれを痛感して、ちょっと目が潤みました。過去のゲストキャラについてもちょろりと言及していたりと、「バースデーパーティ」の名前分くらいはお祭り騒ぎ気分があったかなという気持ちです。
けれど毎回ゲストによって追加されるファンタジー設定を最初からすんなりと受け入れるのは(探偵卿の存在もあり)難しいので、出来れば次回からは初期、優雅な休暇辺りの雰囲気に戻って欲しいかなと思います。

余談ですが、K2商会さんの教授が見れて凄く嬉しかったです。

2014/04/15 00:13

投稿元:ブクログ

ジョーカー君お誕生日おめでとうございます。一時はどうなるかと思ったけど丸く収まった。次どうなるんだろうな〜ICPO上層部が不老不死狙ってるっていうのは伏線? クリスタルタブレットが意思を持ってるらしいので半月石と関連があるのかと思ったけどそうでもなかった。
ジョーカー君が死んでる時のクイーンさん、暴れてトルバドゥール半壊させたりジョーカー君以外の命はどうでもいい発言したり、だいぶ病んでて可愛いよ。
今回は前作のネタが多かったような気がしないでもない。

2016/02/11 18:08

投稿元:ブクログ

ジョーカーが死んだことでクイーンは暴れまわりトルバドゥールを破壊します。今までクイーンは人間離れしたことをする怪盗というイメージが強かったのですが、この本ではクイーンの人間らしい部分がたくさん感じられました。

色んな人物が出てきて色んな騒動がありながらも、最後はジョーカーを生き返らせることができます。ジョーカーに生き返ってくれと祈りながらクイーンの頬を涙が伝う場面は、クイーンも涙を流すことがあるのだと驚きもありましたが、感動しました。生き返ったとき、ジョーカーを力まかせに抱きしめたため肋骨数本にヒビを入れてしまったクイーンが、とてもかわいらしく見えました。

また、ジョーカーが「いま、ぼくは幸せです。」と言った場面は、本当によかったと、クイーンやRDと同じように涙をふきました。ジョーカーがほほえんだのも、本当によかったです。
ジョーカーの人間らしい部分も見られて、クイーンと一緒に過ごしていて成長したんだなあと嬉しくなりました。長年このシリーズを読んでいて成長が見られて、感動です。

そして、RDがかっこいい物語でもありました。クイーンの魂の中にいき、クイーンをむかえにいったときのRDは最高でした。普段口ではなんだかんだ言ってても、素敵な関係です。

2014/10/07 10:21

投稿元:ブクログ

相変わらずどこからツッコミを入れればいいのかわからない
物語を追うのではなく、キャラの暴走を読んで楽しむためのものと割り切るのが賢明な気がしてきた

12 件中 1 件~ 12 件を表示