サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

おひとり様物語 5 (ワイドKC Kiss)(KC KISS(コミックキス))

おひとり様物語 5 (ワイドKC Kiss) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.9

評価内訳

19 件中 1 件~ 15 件を表示

2014/06/09 23:36

投稿元:ブクログ

恥ずかしいけれど、谷川史子が好きすぎる。女子です。
おひとりさま物語は、あんまり、な回もあるのすが、この五巻は割とどれも好きでした。

わかるわかるが散りばめられた物語がいっぱいです。

2014.06.08

2014/05/14 23:26

投稿元:ブクログ

現実はもっとニッチモサッチモドーニモブルドックだとは思いますが、このくらい軽やかに描いてくれると安心感あります。

2014/05/17 23:43

投稿元:ブクログ

「ひとりで立てる、わたしでありたい」
「恥かかないで恋ができるかーーー!!」
の二つのセリフが己の最近の状況に合いすぎててだな。
おひとり様物語の主人公たちは自分と年齢や境遇が似てる子が結構出てくるので、ものすごい感情移入してしまう。

2014/10/19 22:32

投稿元:ブクログ

おひとりさま、ではないのですが、毎回毎回共感度が高く、ほろっとしてしまいます。

少し前に読了の『サヨナラフラグ』が同世代でも女子!という気合があるとしたら、もう女子ではない(自覚的に)アラサー女性はこちら向きかな、という気がします。

一生懸命で、いっぱい悩んで、でもどこかで身勝手さも自覚有…という点に、自分を重ねることもしばしば。今回本物の女子(高生)も出てきましたが、こんな子に憧れてもらえる大人でありたいよね、とも思います。

こんなのと結婚して可哀想、というのは働く妻としていつも思っているので(苦笑)超共感…。
おひとりさまを推奨、というのではなく、自分らしい幸せを推奨しているのがこの作品の良いところだなぁとしみじみ感じました。

2014/05/18 16:06

投稿元:ブクログ

帯がすてきです。
「ひとりで立てる自分になりたい」
全くです。

社会的には独り立ちしてるように見えますが、
内面はまだまだ……私も頑張らねば!

ちなみに一話目が私は好きでした。
あんな先輩いたら、惚れますわ。

2014/09/08 16:36

投稿元:ブクログ

最初の頃のエピソードの方が勢いがあって面白かったなあ。それでも、いろんなかたちの「おひとり様」たちから目が離せません。

2014/05/28 21:25

投稿元:ブクログ

ひとりとひとりで、ふたりになるのだよな。恋人がいても、結婚していても、子供がいたって、自分自身はまずひとり(個人)なのだ。そのうえで、それでも一緒に居られるからこそ、ひとり対ひとりとしてお互いの存在を認められるからこそ、ふたりになるのだし、家族になるのだろう。
…そんな都合のいいものはなかなかないのかもしれないけども。それでも、ひとりの気楽さよりも欲しい誰かが居るのなら、それはなんて素敵なことなのだろうと、思わせてくれる。
そして、そういうふうに欲しい誰かが居ないなら、おひとり様はたのしい生き方だよなと思わせてくれる。

2014/05/14 21:57

投稿元:ブクログ

妙齢の女性の微妙な気持ちを表現している。
決して、「彼氏や夫がいることが良いこと」というわけではない。

彼氏と別れる決心をするきっかけとか、親や親せきに「結婚は?」と聞かれる心境とか、20代~30代の女性が直面している(であろう)状況と心の動きがよく描かれているような気がする(個人的にはそのへんの経験値が低いので、あまり直面したことないのだけど・・・)

2014/06/28 20:37

投稿元:ブクログ

谷川さんの作品は今この年齢になったから興味持てて読んでるという感じ。(このシリーズが良い例)
自分が10代の頃に出ていた作品は読んだことがないけど、最近の作品の画や雰囲気は良いと思う。

2014/05/15 22:25

投稿元:ブクログ

いつ読んでも谷川史子さんの作品は、かわいらしい中も凛とした女の子ばかりで、見習いたいなと思う。今回は特に「自分の足で立ちたい、自立したい」というお話と最後の夫婦のお話が良かった。
パートナーがいる、失恋するにかかわらず、おひとり様をしていてもいいんだなと思わせてくれる作品です。続きが読みたい。

2014/05/28 21:14

投稿元:ブクログ

全体的に前向きでふわふわ、安心して読めました。いや、谷川先生の漫画は大体ハートフルなのだけど、ときどきグサッとくるから。変人先輩の話、お城、ピアノの先生が好きでした。恋愛色は薄め、どう自分が生きてゆきたいか。

2016/06/07 22:01

投稿元:ブクログ

今回は高校生も加わってのおひとり様物語です。
どれもよかったですが、特に料理が出来ない仕事兼務の女性と高校生の話がよかったです。
それにしても谷川先生の描く女の子はどの人もかわいくて
いいですね。

2014/06/02 09:20

投稿元:ブクログ

お一人様だけど、悩んだりちょっと落ち込んだりしてるけど、でもいつも最後はしっかり顔をあげて前を見てる人たちばっかりだから、読んでて楽しい。

2014/06/05 19:20

投稿元:ブクログ

おひとりさま女子ゆえの切なさや悩みをいろいろつづってきたこの連作集。
冒頭はあまりそれに重きがないな、と思ったが、ライブで手をふりあげられない、誰も見てないってわかってるのに、アーティストさますまん!な自意識過剰な葛藤がリアルすぎて胸が痛い。
そんな感じで、今回のおひとりさまはいろいろリアル感。
おひとりさまがいやだから、彼氏にあわせる。おひとりさまが楽しいから彼氏をはぐらかす。
ああ、あるあるみたいな。
地元に帰ったらみんなもうおひとりさまじゃないし、とかもリアル。
ピアノ教師の話のリンク編も高校生でおひとりさまというのもちょっとなぁ、と思うが昔の谷川さんの漫画を久しぶりに読めたのでいいか。
絵もきれい。
天空の城?の見開きは彼女が決意する心境に納得できる名シーンでした。
安定は安定。
でも、少々ネタ切れ感が否めない作品が多いのも確か。

2014/10/18 18:04

投稿元:ブクログ

おひとり様っていい時間。
例えば、午前中のお風呂でくつろぐ時間。
11月のティータイム。
5月の昼寝。

誰かといることもたいせつだけれど、じぶんの時間ってとっても大切で、背中を押してくれる本です。
本棚にあると、ちょこちょこと読み返してしまいます。

19 件中 1 件~ 15 件を表示