サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.7

評価内訳

29 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

すごいじゃん!

2016/01/08 13:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暇人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は完全復活みたいに思える演奏ですね。
相座・妹をリードして実力を引きだす演奏なんて。
相座・妹もがんばったんだなぁってホロっときました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

泣ける

2015/02/25 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sasa - この投稿者のレビュー一覧を見る

かおりの切ない表情が胸をつらぬいた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アニメ

2014/05/26 22:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ化もするので注目です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/12 20:11

投稿元:ブクログ

かをりに聞かせる演奏が何故に凪の学祭での連弾でなければならないのかは不明だが、兎にも角にもかをりの生きる意志を揺り起こすことには成功したみたい。
音楽マンガだと思って読み始めたので、いつも何となく物足りなさを感じてきたのだが、これは少年誌掲載の青春恋愛マンガなのだと割り切ると、ま、納得して面白く読めるようになった。
この巻辺りから顔の描き方が変わってきたように思うのは気のせい?唇の描き方がエロイというか…ぷるん感が凄い。

2014/05/18 13:56

投稿元:ブクログ

外で読まなくてよかった。泣いた。公正に、かをちゃんに、相座兄妹に、うまーい具合に感情移入させられちゃう。それをあおる鍵盤の動きの作画がすごいー。いま一番、次が待ち遠しいマンガですよ。

2014/06/16 14:15

投稿元:ブクログ

既読9巻。音楽にまったく縁のない人間でも惹き込まれていく音楽漫画。前巻では最高に盛り上がりながら、鬱要素にドン底に突き落とされましたが、9巻にて改善の兆しがでてきて嬉しかったです。アニメ化も待ち遠しい!

2014/08/20 20:22

投稿元:ブクログ

9巻は怒涛の展開でぐいぐい引っ張っていく。これまでで一番良かった。小難しいことなしとにかくピアノに向き合い演奏に向き合う少年少女たち。基本路線がボーイミーツガール、ガールミーツボーイで、その瑞々しさもまたいい。

2014/11/01 22:44

投稿元:ブクログ

8巻のラストから先が読むのが怖くなり、しばらく放置していたのだが、まもなく完結かつアニメも最後までやると聞いてようやく手に取るなど。ただ、今巻はよかった。

与えられる側だった公正が与える側へと変わり、少女の世界を彩っていく。その演奏シーンが相変わらず美しくて、終盤二人が顔を見合わせるあたりは泣きそうになるくらいだったのだが、それは彼の「一人立ち」を意味してもいて、なんだか寂しくもある。

2014/07/03 20:44

投稿元:ブクログ

新学期になっても学校に戻らず、不安定な言動を繰り返す、かをり。そんな彼女を母と重ねてしまい、心を悩ませる公生に、かをりは「あたしと心中しない?」と問いかけて…。

ここから一気に暗い展開になってしまうかと思いきや、凪ちゃんのおかげで逆に吹っ切れたというか何というか、今巻はとても爽やかな読後感でした。

音楽の力って、人間の力ってすごい。
音楽が人の心を動かすのも確かだけど、その音楽を生み出すのも人間。
つまり人間の心を動かすのもやっぱり人間なんですよね。その力を今巻は見せてもらいました。

凪ちゃんよく頑張ったよ~!
そりゃお兄ちゃんもやる気出るよ!(笑)
そして公生も自分から這い上がってきたので良かった!
これまではかをりちゃんが公生を引っ張り上げてくれてたけど、これからは公生がかをりちゃんを引っ張り上げる番ですね!

2014/05/26 22:45

投稿元:ブクログ

教えることと教わること、与えることと与えられること。
いろんなことが表裏一体。
生きることと死ぬこともね。

2014/05/16 14:16

投稿元:ブクログ

今までは読んだら処分してたんだけど、この巻を読んでコンプリートしておいてよいと感じた。
もう一度1から揃える。

2014/10/25 23:00

投稿元:ブクログ

ここまでで最高の巻!

公生の音楽が次々と人を突き動かしていく。どんどん変わっていく。

まさかの凪との連弾。それを聴きながらかをりが…。

2014/06/03 20:48

投稿元:ブクログ

あの有馬くんが、弟子を支え成長を促し、かをりちゃんを励ますまでになるとは・・・・!
そして。
渡くんはなんていい奴なんだ。「おまえのお願いならいいよ」とはなんてかっこいい。
ほんとどの子もつくづくいい子たちだなあ。

2014/05/25 02:03

投稿元:ブクログ

7月からノイタミナ枠でのアニメ化が決定している本作品。原作の方も、ものすごい勢いで盛り上がっている。宮園かをりの扱い方が、ほとんど反則的な残酷さで、だからこそ盛り上がるんだけど。これにはグッとくるね。

2014/05/17 21:51

投稿元:ブクログ

これまでは主人公の成長物語だったけれど、そこに感化されて周りの人が変化していく第9巻。
かをりにカラフルな世界を開いてもらった公生が、今度はかをりを引き上げようとする展開にぐっと来ます。椿は心情がリアルでつらい…
次巻からコンクール突入?どんな熱い音楽ドラマが観られるか楽しみです。

29 件中 1 件~ 15 件を表示