サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

箱入りドロップス 3

箱入りドロップス 3 みんなのレビュー

  • 津留崎 優
  • 税込価格:8858pt
  • 出版社:芳文社
  • 発売日:2014/05/27
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/06/24 20:58

投稿元:ブクログ

結論を先にブッこむが、この四コマ漫画のキュンキュン度、『日々蝶々』に匹敵する
もちろん、ジャンルが根幹から違っているので、同列にすると混乱を来してしまうのだが、読んでいる際のニマニマは、本当、『日々蝶々』を読んでいる時と同じだった(窓ガラスに映った自分の、そんな顔を見たから、結構、凹みはしたが)
この漫画は、変哲もない学生の、学校内でのイベント、学外での交流を描いている、「普通な日常」を前面に押し出しているっぽい四コマ漫画なので、ストーリーや四コマに限らず、漫画に「ありえない」を求めている読み手の人にはちょっと物足りない、または、向かないとは思うが、私みたいに節操なし、たいがい、何でもいけるタイプには逆にどストライク
学園生活の重要イベントとも言える、進級に伴うクラス替えにより、全体的な甘酸っぱいストーリーに深みが増し、読んでいて気持ちの良くなれるテンポが更に軽快になった
しかも、雫と陽一の仲がイベントを経る事で縮んだだけでなく、文化祭を大きな転機にして、相ノ木と桂木ちゃんの関係性が変化するってんだから、もう、萌え悶えるしかないでしょ?!
ホント、全力で青春謳歌してるなぁ
イイ友人に恵まれて、順調に人間的に成長している雫ちゃんではあるけれど、自分のホントの気持ち、心の中で芽吹き、蕾が膨らみだしている感情の名前に気付くにはまだまだ、頑張らないと駄目そうかな?
まぁ、色んな意味で努力が必要なのは、陽一も同じだけど
とりあえず、最初にすべきは子供を怖がらせない笑顔の練習だな・・・あぁ、でも、雫ちゃんの前でだけ、顔が緩むようになるってのもアリだわ
やっぱ、似てるな、この『箱入りドロップス』と『日々蝶々』、中々にくっつかず、距離が思った以上にトントン拍子で縮まらない、メインの男女を応援したくなるトコが

2014/06/08 12:14

投稿元:ブクログ

一層ラブコメ要素が強くなり、にやにやしてしまう3巻。1CPが彼らなりの段階を経て進展した。サブキャラの登場も多くなり、アニメ化の予感。

2015/05/16 16:21

投稿元:ブクログ

あぁ……くそう! 相ノ木いいなぁ! 良いヤツだなぁ!!

そりゃもう、雫が可愛くて癒されて、純ちゃんは水面下で恋愛モードっぽいし、相変わらずニヤニヤしちゃうんだけれども!
文化祭のメイド姿の萌が必要以上に可愛くて、「もったいない」って思っちゃうレベルなんだけども!!

とにかく、相ノ木が熱い! そして萌える!! 何この青春! こんなの知らない!!

陽一との絡みも含めて、ホントに良いヤツだなぁ……いいなぁ…。

3 件中 1 件~ 3 件を表示