サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

デュラララ!!SH ×1(電撃文庫)

デュラララ!!SH ×1 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.8

評価内訳

15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

SH!

2016/01/13 19:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふわり - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作と同じく個性的なキャラクターばかりで面白いです。全員ではありませんが静雄等の前作のキャラクター達も出て来ます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/02 02:00

投稿元:ブクログ

新キャラ3人の名前の由来についての浅はかな考察を。

秋田由来の名前らしく、周辺に住んでいればすぐ分かるのでは、と後書きで書かれてましたがサッパリです。
作者は秋田県民以上によく調べていると思います。わ、私が分からないだけ?
字面だけでの思い浮かんだことを。

辰神姫香。
これは田沢湖の辰子姫の事でしょう。

三頭池八尋。
うーん、池とか八からすると八郎潟かなぁ。
辰子姫とくればやっぱり八郎太郎だし。
八から八竜町というのもあるかも。
本書冒頭で「蛇足の話だが、蛇が龍に変貌するかも」といった風な前置きもあることだし、八竜といえばメロンを持った竜だし(笑)

琴南久音。
これが一番分からない。
琴の字だけで琴丘町しか出てこない。

ただまぁ琴丘町も八竜も、八郎潟近辺の地域なので、関連があると言えばある、かな?

続刊で由来が語られるのを楽しみにしています。

さて、ここからはそれこそがっつり蛇足です。
ここしばらくテレビ番組やCMなどで秋田が取り上げられることが多いように感じます(気のせい?)。
サザエさんのオープニングでも、サザエさんが秋田へ絶賛旅行中だ。ババヘラ食ってたよ。
新シリーズになったデュラでも、秋田から上京してきた少年の物語。
登場人物3人の名前は秋田が由来。

こう言っちゃアレだけど、これらの事象は震災の影響もあるのかなーなんて。
国民の目を東北に向けてもらいたいけど、被災3県ではあまりにも震災の痕跡が残りすぎてる。
そこで、あまりそういったことを感じさせない秋田県が取り上げられるのではないのかなというのは考えすぎか。
この作者もデュラやバッカーノの後書きで、かなり気にかけていた様子だったし。
まあ何にしても、秋田出身者としてはクローズアップされてることは単純に嬉しいですなぁ。

2014/10/02 10:36

投稿元:ブクログ

続編のようになってるなぁ~前の事件から1年半後、新たな高校生3人を主要人物に加え、歯車が回りだす。前のシリーズ登場人物も絡み、残念ながら前半で次号に続く(笑)
しかし、静雄のライバル出現とは・・デュラララは嫌われ人物の存在が大きくて設定、展開にいつも抵抗があるけど、読みやすいんだよね。「バッカーノ!」シリーズも似た感じで読めば面白いけど、なかなか手が出ないって感じだし。ともあれ続きを待ちますか。

2015/05/13 21:49

投稿元:ブクログ

新シリーズ。
前作から一年半後の舞台で、前作シリーズの主人公級のキャラもちょくちょく出てきてます。
今作は、新たに来良学園に入学してきた三頭池八尋、琴南久音、辰神姫香の三人を中心とした話。
この三人もそれぞれに魅力的なキャラだけれど、私は前作の三人のほうが好みかもしれない。

2014/05/28 08:36

投稿元:ブクログ

相変わらずの悪役。らしいといえばらしいが、新キャラでそろえると思いきや、いろいろと旧キャラも出てくるし、旧キャラの焼き直しに見えるキャラもいるし、蛇足になるかな。

これから続刊すれば展開するのだろうけど。

2014/05/03 23:38

投稿元:ブクログ

作『デュラララ』の主要学生3人組
(帝人、正臣、杏里)の中で異形は杏里だけだった。
でも、『SH』はどうも違うように思える。
まだはっきりとは描かれていないが、
おそらく3人とも異形なのではないか。
八尋は静雄と《喧嘩できる》時点でお察しだし
(でも静雄は人外じゃないんだけど)
久音は《丸呑み》《蛇》などのキーワードが
強調されているので何らかのアレがあるかと思う。
姫香は…名字が辰神とかいう仰々しいやつなので。

姫香は予告の時点では
姉が失踪したということしか書かれていなかったが、
蓋を開けてみれば妹も失踪していた。
首無しライダーの《恋人》に会うといったきり、
戻ってこないのだ。
そうなると新羅がめちゃくちゃ怪しいのだが、
何を隠そう新羅とセルティは
半年間の旅行に出ているので、
そもそも彼女らと接触できたかどうかが疑問である。
つまりここは謎。
謎といえば、八尋が池袋に上京してくる
きっかけをつくった人物、これもわからない。
圧倒的支配率で相手をずたずたにする八尋を見て、
「君は喧嘩が強いという個性をもった
 ただの“人間”じゃないか」と言い切る、
《池袋》から来たという旅人。
新羅とセルティは旅行中温泉めぐりも
していたので、旅館である八尋の家にやって来て
彼と接触していてもおかしくない。
語り口からして新羅だろうが、確定ではない。

臨也は前作で瀕死?の重症を負って以来、
表舞台に現れていない。
ニコ動で配信された13巻後を舞台にした短編
『ニコココ』にも、出てこなかった。
『SH』では
《黒いファー付コートを纏った情報屋の男》が
出てくるのだが、明確に彼であるという描写が無い
のでなんともいえない。
むしろアフェリエイトサイト
《いけニュ~ バージョン I.KEBU.KR.O》の
管理人がこいつだという説が有力で
IとOでイザヤオリハラという見方もできるし、
管理人の名前はリラ・テイルトゥース・在野だ
(並び替え)
そして語尾がウザいといわれている管理人に
「“ニャン”がよろしいかと思われます」と
呟いたのは鯨木だろう。

そして渡草。渡草である。
なんと、八尋の父の遠縁にあたる人物であることと、
兄はアパートを数件経営している
青年実業家であることが判明。
せいぜい一軒だと思ってました、すみません。
兄の名前は二郎(弟は三郎)、
父親の名前まで想像できる簡潔なセンスいいぞー
「君の受験のときみたいに
 三郎に車を出させる予定だったんだけど、
 聖辺ルリのコンサートがあるとかでね」
伊達に会員ナンバー1桁じゃないですね。
そして母校がオワコン呼ばわりされてて
ちょっと笑った。

さて、浮かれきって帰ってきた
セルティと新羅を待ち受けていたのは、
【外道】首無しライダーを糾弾する【人攫いのクズ】
《道交法違反》
『娘が首無しライダーに興味を
 持っているのですが、
 殺してでも止めさ��るべきでしょうか』
などなど、ネット上での誹謗中傷罵詈雑言
(一部事実)だった。
「うああああ、もうお終いだぁーっ」
と嘆くセルティに
「落ち着いてセルティ、まだいける、まだいける!」
と根拠の無い慰めをする新羅が微笑ましい。

2014/04/15 20:40

投稿元:ブクログ

キャラデザとしては三頭池好き。

基本的に一冊完結ってのはちょっと残念だけど、まぁ楽しみです。
蛇足にあるか、龍になるか。
新キャラもっと増えてくれるよう期待。

2014/06/28 15:25

投稿元:ブクログ

ダラーズが解散してから2年。
池袋の街に新たな住人がやってきた

地元の秋田で「化け物」と呼ばれ育った少年・三頭池八尋
髪を緑色に染めた不良少年・琴南久遠
首なしライダーに姉と妹を攫われた少女・辰神姫香

池袋の街で首なしライダーを追うと攫われる

そんな噂の中、八尋と久遠は首なしライダーについて探る。
それぞれの思惑を持ちながら。

2014/09/23 16:31

投稿元:ブクログ

デュラララ!!×13を見る前にこちらを読了。
前作読まずに入れる内容なのかなーと恐る恐る読んでみたけど、違和感など感じなかったので問題なさそうでした。
蛇足のお話。
代替わりを予感させておきながら最後のイラストにはニヤリ。
ヤスダさんの表紙は蛇足にちなんで影が蛇のように絡まっているイラストなのかな?
最後のあとがき読むまでSHの意味を忘れていました。(以前どこかで聞いたはずなのに)

2014/05/16 01:52

投稿元:ブクログ

デュラララ!!新章第一巻!

面白かった!
八尋のキャラがいい!すぐに好きになった。

前のキャラもちょこちょこ出てきて、そこも一つの楽しみになっている。

作者は蛇足になるかも、てきこと書いてるけど、個人的には全く前章と劣らない、別種の面白さがあると思う。

2016/01/25 22:37

投稿元:ブクログ

読了〜

そしてまさかの上下巻\(^ω^)/‼︎

ってことはこの流れで引き続き読まなくては…


新来良組にはいまいちピンと来るものがないけど引き続きのキャラのその後は気になるのでまぁ読んでおくかなという感じ。


でもタイトルのSHの意味はわりと好き。

2014/06/11 22:50

投稿元:ブクログ

新章スタートで前作序盤のワクワク感が蘇ってきた気がして物凄く続きが気になる。

前作を彷彿とさせる新キャラの立ち位置とか、それに密かに絡む旧キャラとかファンにはかなり嬉しい内容になってるかと。

帝人のイケメンっぷりが凄まじいw

2014/04/12 12:37

投稿元:ブクログ

SHってなんぞや、と思ったらsnake hands(蛇足)だったのか…なるほど。(でもなんで英語…?)
あれから1年半、新入生の新キャラ3人をメインに話は進む。
変わらぬ者あり、いなくなった者あり…。…いや、本当にいなくなったのかな?
何はともあれ池袋は相変わらず、面白い魔境だなあ…

2014/06/16 23:17

投稿元:ブクログ

【図書館本】デュラ新章。今回のイザポジの緑君、苦手だなぁ。八尋君は今のところ好印象。けどやっぱり、旧キャラたち(特に来神・ワゴン組)に愛着があるので、彼らの活躍を期待したい。シズの戦争相手は八尋君でも緑君でもない、イザだと信じてやまない。
SHの意味がずっと気になっていたのでわかってスッキリ。

2014/04/13 00:16

投稿元:ブクログ

デュラ最新刊。懐かしいキャラがそこかしこに顔を出しつつ、新しいキャラを中心として動いていく話の流れが、あー、成田節が戻ってきたわー、と成田信者としては居心地が良い新章、いや蛇足。
そうしていろんなキャラの思惑が絡み合う中でしれっと出てくる主役の安心感というか癒し力が健在ですごくほっとしました…うん、大好き(笑)
最後のスタッフロールページのイラストのワクワク感は一巻あたりにも通じるものがあったかなと。ああいう見せ方いいよね、うん。

15 件中 1 件~ 15 件を表示