サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?(生活人新書)

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー152件

みんなの評価4.2

評価内訳

152 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

読んで損はない

2015/01/04 13:01

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きままかぜ - この投稿者のレビュー一覧を見る

素直にこの本に出会えてよかったと思います。
勉強するってそういうことだったのかとわかったことがうれしかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい

2016/02/07 14:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんぴん - この投稿者のレビュー一覧を見る

超売れた新書ですね。幅広い知識の持つ重要性を様々な角度から説いている良書。教養をしっかり身につけるには、入り口としてとてもいい本だと思います。買い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

大人だからこそ

2015/10/04 18:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:smilepeco - この投稿者のレビュー一覧を見る

日々新聞やテレビで報道されるニュース。なんとなく情報を頭に入れているが本質的な問題は知らなかった。大人だからこそ知っておくべき教養がこの本にあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おとなの教養

2015/09/30 20:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やんばるクイナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

言わずと知れた池上さんの著書で、勉強の意欲をかきたてられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

池上彰さんの考える教養

2014/10/10 09:42

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mmtt005 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、リベラルアーツ(教養)とは何なのか・・・というところからスタートし、では(池上彰さんの考える)現代における教養とは何かを定義した上で、その教養(7科)について浅く広く解説してくれています。
池上さんによると、海外の大学ではリベラルアーツが非常に重視されているようで、「すぐに役に立つことは、世の中に出て、すぐ役に立たなくなる。すぐには役に立たないことが、実は長い目で見ると、役に立つ。」という考えがあり、日本の大学でも最近では教養が見直されているといいます。
私自身も様々な人とコミュニケーションを取るうえで、その前提としての教養というのは重要なのではないかと考えています。
記載内容は他の書籍と重複するものもありますが、浅く広くという感じであるため、ポイントが頭に残りやすく、読みやすかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リベラルアーツ超入門

2015/02/22 09:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、池上流リベラルアーツです。
 つまり、「自分はどこから来て、どこに行くのか?」を大テーマとし、そのために必要な七つの教養(具体的には、宗教・宇宙・人類の旅路・人間と病気・経済学・歴史・日本と日本人)を概観。一見バラバラに見えるテーマですが、宇宙誕生から現代に至る歴史をベースとし、宗教や進化論、病気、経済学といった切り口で展開していきます。
 NHK文化センターでの講義がベースとなっていますので、読みやすく、あっという間に読み終わりました。池上本ならではの超入門書で、興味を持ったテーマは各自掘り下げてみましょうという本でした。

 私は、「リベラルアーツ」という言葉は、本書を読むまで全く知りませんでした。「人を自由にする学問」という意味で、ヨーロッパの大学では学問の基本とみなされる文法、修辞学、論理学、算術、幾何学、天文学、音楽の7科目を指し(24ページ)、米国のハーバード大学やマサチューセッツ工科大学では、このリベラルアーツを学ぶのがが基本とのこと(27ページ)。欧米の大学は、実用的知識を重視する日本の大学とは学問に対する考え方・姿勢が、全く違うことがわかりました。ただ、日本の大学の問題点は、難しい入試を突破すれば勉強しなくても卒業できることや、学業よりも就職活動がメインとなることであって、欧米の考え方に必ずしも盲従する必要はないと思います。
 ところで、おわりにに、「21世紀は20世紀よりはマシ(228ページ)」とあります。本書の執筆後にウクライナ情勢やイスラム国問題が顕在化し、中国の帝国主義的野望はますます先鋭化する等、世界全体がキナ臭くなっています。私には、20世紀よりもマシとは思えないのですが・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すらすら読めました。

2015/08/20 18:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:をや - この投稿者のレビュー一覧を見る

基本的に話しことばで書かれているので、気楽に読めました。著者のTVでの話しぶりが浮かびました。確かに大きなテーマをいくつも扱ってるので、それぞれのテーマへの入門的な位置付けとすると良書と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いつもながら分かりやすい、読みやすい

2016/03/28 13:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たろうさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビでの解説と同じで、平易な文章で非常に分かり易く、読み易かったです。宗教、宇宙、人類の歴史etc.と7つの項目から教養を捉えて書かれていますが、もっと一つ一つのことを深く考えてみたいなと思いました。それぞれの入り口を紹介してくれた本だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真の教養とは

2016/02/28 06:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FA - この投稿者のレビュー一覧を見る

大震災の度に、専門家と言われる人たちにガッカリしてしまいますね。また、政治家たちも、置かれている立場を守ることのみで判断し、未来のことは考えていないようですね。
 この作品では”教養”を「すぐに役に立たないことが、実は役に立つ」と定義されています。私自身も、目からうろこが落ちた気がしました。まずは、自分自身を知ることから始めよう。自分の考えを、尋ねられれば、率直に説明できるようにしておこうと思います。自分の教養が少しでも未来の役に立つようにあれば素晴らしいことだと思います。これが、震災の度に私が、思うことです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

簡単なのに情報がいっぱい

2016/01/26 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分を知るためには、宗教、宇宙、経済、病気、歴史…など7つの項目のの知識が必要という視点で書かれた教養本です。

とはいえ、薄い新書を、7つに分けて、宗教なんか、大体40ページで、ユダヤ教から仏教、シーア派やら、モルモン教やら、仏教宗派までいっぱい詰め込んで、簡単な言葉でサクッと…
こんなこと当然知ってるわ!みたいな知識を点の集まりの様にため込むんじゃなく、流れとして使える事が大切なんだと、よく解りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

とにかくわかりやすい

2015/12/19 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さゆたけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

池上彰さんの本やテレビ番組はとてもわかりやすく感謝です。
この本もわかりやすくまとめていて知識としてバランスが良かったと思います。
どうしても得意な知識ばかりを読んでしまいますが、大人としての教養の基礎を学べました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

取っ掛りとしてはよいかも

2016/02/06 13:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栞ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今、社会でおきている様々な事象の原因がどこにあるのかということが、平易な言葉で書かれていて、分かりやすい。ただ、多くのテーマについて書かれているので、各テーマについての掘り下げ度は、物足りない感じがした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/24 11:35

投稿元:ブクログ

特に「人類の旅路」の章が良かった!私たちは突然変異から生まれたという説明が、分かりやすくかう衝撃的。

2015/01/02 20:01

投稿元:ブクログ

導入本。導入本でさえ興味がわく章とそうでもないのがある(笑)。さらっとしているので同じ池上本でもテーマで掘り下げてあるものを続けて読んだら理解が深まりそう。

2015/07/05 16:55

投稿元:ブクログ

ジャンルに偏りなく、広く浅くとりあえず基本を知りたいならうってつけの本。とてもわかりやすい。興味のある分野があれば、ここから広げていけば良いと思う。理想は、全部広げたいんだけど。

152 件中 1 件~ 15 件を表示